NON STYLE井上裕介を書類送検! タクシー当て逃げ(ひき逃げ)事故、被害者と示談成立し不起訴処分に?

ノンスタ井上

お笑いコンビ『NON STYLE』のツッコミ・井上裕介さん(36)が、昨年12月に起こした当て逃げ(ひき逃げ)事故により、「自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)」と「道路交通法違反(救護義務違反など)」の疑いで書類送検されました。

井上さんは昨年12月11日深夜、仕事現場から帰宅するために自身の車を運転中、東京都世田谷区若林の交差点でタクシーに衝突し、タクシー運転手の40代男性は首や腰に全治2週間の軽傷を負わせたものの、警察への通報、救護措置を行わずに走り去った疑いが持たれています。

<↓の画像は、事故の再現写真>
NON STYLE井上裕介が起こした事故の再現

井上さんは事故発生後に任意同行に応じ、取り調べでは「事故を起こしたことが世間に知られたら大変になると思った」と供述しているが発表されました。

また、事故発生当時、車に同乗していた井上さんと同期のお笑いコンビ『スーパーマラドーナ』のツッコミ・武智さん(本名=武智正剛 38歳)さんは周囲に、「(事故当時は)音がして違和感を覚えたが、被害者から呼び止められもせず、大丈夫と思った」と話していたと伝えられていました。

この事故を受けて、井上さんが所属する『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』は、当面の間、井上さんの芸能活動の自粛、自宅謹慎させることを発表。

井上さんが昨年10月より、生放送の情報番組『ひるキュン!』(TOKYO MX 月~金曜正午)の月曜MCを務めていましたが、今年1月7日より相方の石田明さんが代役を務めています。

そして、井上さんが書類送検されたことに対してネットでは、

  • 相手が優しい人だから、これで済んだんだね。悪い人だったら、週刊誌とかで騒いで大変だったはず。あきらかに接触したとわかっているのに逃げたのは駄目
  • 売れるのは大変やのに、忘れられるんはあっという間やもんなぁ。相方が気の毒や。。
  • どれだけタクシーを悪者にしようとしても、やった事がひき逃げじゃ擁護しようがない

などのコメントが寄せられています。

井上さんは事故後に被害者の男性運転手と直接面会、謝罪しており、男性は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の取材を受け、「井上さんが涙を流して謝罪をし、その誠意が十分に感じられたので、もうこれ以上井上さんを責めないでほしい。十分に制裁を受けたと思う」と語っていたことを伝えています。

また、今回の事件について元東京地検検事の大澤孝征弁護士は、「救護義務違反については厳しく臨む傾向がある。ただ、ケガの程度が軽い場合は罰金刑になることが多い。今回は、軽いケガを負ったとされているので、略式起訴で50万円以下の罰金となるのでは」と推測し、別の弁護士は「示談が成立し、真摯に反省していることが認められれば、不起訴も十分あり得る。重くとも、15万円前後の罰金刑でしょう」と分析していました。

ちなみに、昨年10月に自身が運転する車でバイクと接触し、足の打撲など10日間の軽傷を負わせた俳優・渡部篤郎さんについても、「自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)」容疑で同11月に書類送検されているのですが、東京地検は「ケガや過失の程度から軽微な事案と判断した」として、不起訴処分(起訴猶予)となっています。

井上さんは事故発生後に現場から逃亡したとされているため、救護義務違反(ひき逃げ)でも書類送検されていますが、被害者の男性との示談がすでに成立している可能性があり、井上さんは事故後に芸能活動を自粛し、十分に反省している様子であることから、不起訴処分となるのでしょうかね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjEzMDY0MTk4

    起訴されたってどういうこと?
    また法律を知らずに書くやつがいるよ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について