V6岡田准一と宮崎あおいの不倫疑惑騒動がまた再燃か!?高岡奏輔(高岡蒼甫)がまたTwitterで暴走コメント!?

高岡奏輔 岡田准一

2011年12月に、女優の宮崎あおいさんとV6の岡田准一さんの不倫疑惑が『週刊文春』や『東スポ』に報じられ話題になりましたが、宮崎さんの元夫である高岡奏輔さんが、また岡田さんに対するコメントを自身のTwitterでしたことで話題になっています。

(↓の画像が、宮崎あおいさんの写真)
宮崎あおい

しかしあれから1年以上が経ち、高岡さんに心境の変化があったようで、以前とは宮崎さんと岡田さんに対するコメントに変化が見られます。

温泉不倫旅行が報道された際にTwitterでの岡田准一さんへの恨み節はフジテレビ批判のツイートで大騒動に発展し、その後はアカウント削除や閲覧制限など二転三転し、現在は1,000人弱のフォロワーに対して日々リプライを送っているそうです。

高岡さんは大手芸能プロダクション・スターダストプロモーションをクビになった後に所属したプロダクションも今月初めに離籍しており、現在はフリー。

そのためか、過去の共演者について語るなど、またしても好き放題のツイートが見られるようです。

その中で、高岡さんは元妻の宮崎あおいさんのことを、「最高にいい奴だよ。勿論今も応援してるし、過去の大事な思い出」とつぶやくと、岡田さんに対しても、「好きか嫌いかで言ったら好きですよ。旨い酒も呑んだ事ある仲だし、なんでも真面目に頑張るイメージです。嫌いじゃないですよ」とツイートしている。

フォロワーから、二人の浮気について聞かれると、「あんなものどっかから出た情報なだけで、ありえるわけない。

俺はその波の写真(※質問者のアイコンがサーファーの写真だったため)のように乗っただけ。そんな馬鹿げた噂事信じちゃダメ」と返している。

これにネットでは、

  • 粘着質な野郎だから浮気もされるんだろ
  • 宮崎もこんなのと結婚したのが運の尽きだったね
  • 元夫婦揃って地に落ちたね
  • こいつも懲りない奴だよな…
  • 芸能界でダメだったらもう関東連合入りしかないぞ

などのコメントがありました。

高岡さんは現在歌手の鈴木亜美さんと交際し結婚も近いとの噂が出ていますが、またこの騒動に触れるような発言をして芸能活動が難しくまり、結婚話が無くなるようなことにならなければいいのですが…

(↓の画像が、鈴木亜美さんの写真)
鈴木亜美

(↓の画像が、高岡奏輔さんと鈴木亜美さんのツーショット写真)
高岡奏輔 鈴木亜美 ツーショット写真

高岡奏輔 鈴木亜美 ツーショット写真

高岡奏輔 鈴木亜美 ツーショット写真

それにしても宮崎さんと岡田さんに対しての発言の変化にも驚きましたね。

当時は宮崎さんに対して、
「あんなCMバンバン出してこっちの気を逆なでするとは思わないのか。本当に奴の周りはどうしようもない。好い加減に不快極まりないし、本人も本人。薄っぺらい表面的だけの人間性にただ呆れる。感謝のかの字もないのが日に日に解ってくる」

「格差とか正直感じたことないし、上手い女優とも思ったことはない。こいつの話は辞める。脳が腐る」
と徹底的に批判していたので、コメントの変化には驚かされました。

やはり、ジャニーズ事務所と宮崎さんの所属事務所からの圧力によって芸能界から消されかねないと言うことにやっと気付いたのでしょうかね。

宮崎さんはこの不倫疑惑によってイメージがダウンし清純派路線で売ることが出来なくなり、またCM契約が解約されるなど多くの被害を受け、ギャラもそれまで3500万円だったのが1500万円~2000万円に下げられたと言われています。

これだけのダメージを与えたわけですから、もう宮崎さんのことについて触れるのは止めて、自身の芸能活動に専念してもらいたいですね。

関連記事

6件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    白部
    ID:MjEyNzMxMjUx

    ミニ四駆スゲー改造してコースアウトしてバラバラになって喚き散らかしそうな顔の俳優さんか。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyNTE0MjE5

    こいつの発言ばかではないか。
    いいかげんにせい。

  3. 3
    匿名
    ID:MzY5MTU0NzM4

    宮崎あおい、かわいそう。

  4. 4
    匿名
    ID:ODI4NTIyODk1

    好きなようにやってください

  5. 5
    匿名
    ID:MTkyMjY3NzYw

    宮崎あおいはある意味自業自得だが、巻き込まれ事故の岡田はもっとあわれだなw

  6. 6
    匿名
    ID:MzA2OTkwMTMy

    岡田くんは不倫と分かっての行動なのですがそれは

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について