今年の顔・横浜流星が清野菜名とドラマ主演。『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』アクションに期待の声

横浜流星&清野菜名

人気急上昇中のイケメン俳優・横浜流星さん(よこはま・りゅうせい 23歳)が、来年1月スタートのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(日本テレビ系 日曜22時30分)の主演に抜擢され、ゴールデン・プライム帯(19~23時)の連続ドラマで初主演することが分かりました。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、横浜流星さんと女優・清野菜名さん(せいの・なな 25歳)のW主演で、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんのコンビが「Mr.ノーコンプライアンス」から依頼を受け、パワハラ、組織の不正、権力者への忖度(そんたく)などに切り込んでいき、ウヤムヤに終わった世間のグレーな問題に白黒をつけるというストーリーのオリジナル作品となっています。

<↓の画像が、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でW主演する横浜流星さん、清野菜名さんの写真>
横浜流星&清野菜名

ドラマ監督は、清野菜名さんが出演したドラマ『トットちゃん!』(NHK)のほか、『闇金ウシジマくん Season2』(TBS系)、『ラスト・フレンズ』(フジテレビ系)、『イノセント・ラヴ』(同)、アニメ映画『名探偵コナン 工藤新一への挑戦状』などで演出を担当した遠藤光貴さんが務めます。

なお、来年1月からは制作局が日本テレビから系列局の読売テレビに変更されます。

そして、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』で主演を務める2人がコメントを寄せており、横浜流星さんは作品について、「SNSが発達してさまざまなうわさなどがすぐに回り、何が真実か分からないグレーな世の中に“白黒”つけるという、今の時代だからこそ共感してもらえる挑戦的な作品に出演できることをうれしく思います。」と喜び、「登場人物皆がそれぞれ抱えているものがあり、表と裏の顔が深く描かれているので、しっかりと掘り下げて(今回演じる役の)直輝として生きていきたいです。」「視聴者の皆様が毎週スカッとして、ハラハラドキドキするような作品を作りたいです。お楽しみに。」と意気込んでいます。

清野菜名さんは、「(昨年10月期に放送された)『今日から俺は!!』以来、約1年ぶりにまた、この時間帯に戻ってこられてうれしいです。オリジナルドラマなので枠にとらわれず、皆さんとこれまでにないようなドラマを作っていけたらいいなと思います。また今回も、アクションが見られるかも……。」とコメントしています。

2人がW主演する『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の発表を受けてネット上では、

  • 女優として引き出しが多い清野菜名が「今日から俺は!!」枠に
    主演として凱旋とはまさに嬉しすぎます
  • 清野菜名さん得意のアクションを披露してくれるのかな?アクション無くても大好きなんですけどね。楽しみ楽しみ。
  • 以前から清野菜名さん、横浜流星さん共演したら面白そうと思っていたので、二人ともアクションが出来るのでそんな場面がふんだんに入ったものが観れそうなので楽しみです。
  • 清野さんも横浜さんもアクションが得意だから、アクションシーンが結構あるのかも。
  • 二人とも回し蹴りがマジでカッコいい。アクションのキレは今までに類を見ない。あのレベルだと大抵スタントマンだから。
    そういう意味で、面白いものを作れる二人だと思う。真面目でチャラついてない人間性も好感持てるし。
    ただ、役者として演技の深みがまだまだではあるけど、伸び代は大きい二人。時代を引っ張ってって欲しいね。

などと喜びや期待の声が上がっています。

横浜流星さんは極真空手を得意とし、中学時代には世界大会で優勝した記録などを持ち、アクションも出来る俳優として知られています。

一方の清野菜名さんも高校時代にはアクション部に所属し、アクション養成所にも通って様々なアクロバット指導などを受けており、これまでに出演した映画やドラマでもアクションを披露しています。

そんな2人が共演するとのことで、『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』でも華麗なアクションシーンを披露してくれるのではないかと期待の声が上がっています。

そして、今作でゴールデン・プライム帯の連ドラで初主演する横浜流星さんは、今年1月期放送の深田恭子さん主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)、6月から日曜ドラマ枠で放送の田中圭さん主演『あなたの番です 反撃編』(日本テレビ系)、10月スタートの福士蒼汰さん主演『4分間のマリーゴールド』(TBS系)、他にも映画『愛唄 約束のナクヒト』、『LDK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』、『チア男子!!』、『いなくなれ、群青』など数多くの作品に出演し、現在大ブレークしています。

1日に情報誌『日経トレンディ』が発表した毎年恒例の「今年の顔」では、モデル・女優の中条あやみさんと共に選出され、すでに『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の他にも、来年秋公開予定の映画『きみの瞳が問いかけている』で吉高由里子さんとのW主演が発表されており、来年さらに人気が上昇しそうです。

<↓の画像は、『日経トレンディ 今年の顔』に選ばれた中条あやみさん、横浜流星さんの写真>
2019今年の顔の横浜流星&中条あやみ

もしも主演作が大コケとなった場合には、人気に悪影響を与える可能性は十分ありますが、初のゴールデン・プライム帯ドラマ主演でどういった演技を見せてくれるのか、清野菜名さんとアクションシーンを披露するのかなど楽しみで、良い作品に仕上がることに期待したいですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjk1

    もりななと清野菜名 顔似すぎ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について