『サザエさん』20年後を実写ドラマ化。天海祐希と西島秀俊が共演、美男美女揃いのキャストで反響。

サザエさん

国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系 日曜18時30分)が10月で放送50周年を迎えることを記念し、20年後の一家を描いた実写ドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』が、11月24日20時から放送されることが明らかになりました。

スペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』では、主人公・フグ田サザエ役を天海祐希さん(52)、弟・磯野カツオ役を濱田岳さん(31)、妹・磯野ワカメ役を松岡茉優さん(24)、夫・フグ田マスオ役を西島秀俊さん(48)、長男・フグ田タラオ役を成田凌さん(25)、父・磯野波平役を伊武雅刀さん(70)、母・磯野フネ役を市毛良枝さん(68)が演じます。

<↓の画像が、20年後の磯野家を演じるキャストの写真>
『サザエさん』25年後のドラマ

ドラマはアニメから20年後を舞台としており、かつてはいつも明るく笑いが絶えなかった磯野家も、子供たちが成長して大人になったことで家族が揃うこともなかなか難しくなっており、子供たちはそれぞれに悩みを抱えているものの、家族には心配をかけまいと弱みを見せず、その様子を大人たちは見守ることしか出来ないことからもどかしい思いを抱えています。

そんな中、お互いを思うあまりにすれ違う家族の中を修復しようとサザエは決意し、町内の盆踊り大会に家族全員で久々に行こうと計画を立てるのですが、天気予報では急に発生した嵐が近づいており…というストーリーになっています。

そして、アニメから20年後を舞台としているため、サザエは44歳、カツオは31歳、ワカメは29歳、タラオは23歳、マスオは48歳、波平は74歳、フネは70代となっています。

31歳のカツオは、これまで野球選手、漫画家などの夢を見ては挫折を繰り返し、現在は商店街の洋食店でシェフをしているものの、経営難によって再び挫折の危機に直面しています。

29歳のワカメは、現在アパレル関係のデザイナーを務めていますが、なかなか自身のデザインが採用されてないことに悩んでいます。

23歳のタラオは、現在就職活動中ですが、やりたいことが見つからず、面接も落ち続ける日々を送っています。

すでに定年退職している74歳の波平は、時間に余裕が出来たことでカツオら子供たちの将来をこれまで以上に心配していますが、距離感の取り方が分からずに歯がゆい思いを抱えています。

70代になったフネは、波平と共に磯野家の人々を温かい愛情で見守っています。

48歳のマスオは、出世したものの中間管理職として板挟みの会社員生活を送っています。

主人公・サザエ役に抜擢された天海祐希さんは、「国民的な漫画のキャラクターなので、プレッシャーが半端ないです。でも、私にと声を掛けていただいたことに、少しでも応えられるといいなと思います。何よりもこんなチャンスはないので!(中略)ご一緒させていただく、キャストの皆さん、スタッフの皆さんと“20年後のサザエさん”という世界を大切に積み上げて、皆さんにぜひ楽しんでいただけたらなと思います。」とコメントしています。

また、サザエの特徴的な髪型については、「ヘアメーク、監督、スタッフの方とすごく考えました。微妙にサザエさんに見える髪型、なじみの深い髪型ですから、あれをどうするか、でもイメージを変えずにちょっと変化があった方がいいんじゃないかと、そこから話し合いを繰り返しました。賛否両論あるかと思いますが、私が考えるサザエさんはこのようになりました。ぜひ楽しんでいただけたらと思います。」としています。

そして、『サザエさん』の20年後が実写ドラマ化されることに対してネット上では、

  • タラオの就職面接で玉砕続きが一番リアルで笑えます。脚本家凄い想像力。楽しみにしてます。
  • 嘘でしょ!?イケメンと美女ばっかで、恐ろしくレベル高いファミリーじゃないか!!
  • 天海祐希さんのサザエさんはスゴくいい!と思います。期待します。舞台版で演じてる藤原紀香じゃなくてよかった~。
  • 面白そう!天海さんなら面白くなると思う。マスオさんがイケメンだな~。
    実写だと結構前にやってたコマーシャルのキャスティングが好きだったけどね。
  • これは楽しみ!天海さん、どんなサザエさんを演じてくれるでしょうか?
    マスオさんは沢村一樹さんが良かったかも。
  • 市毛さんのフネさんすごくあってる気がする!すごい楽しみ!
  • カツオはまだ独身?花沢さんorカオリちゃんor早川さんと結婚してないの?
  • ワカメだけ配役がおかしい。若過ぎるでしょう?タラオ役より若い女優をキャスティングする意味が分からない。

などのコメントが寄せられています。

『サザエさん』はこれまで何度も実写ドラマや舞台化されており、1990年代には浅野温子さんが主演で実写ドラマ化、2009年~2013年にかけては観月ありささん主演でドラマ化されました。

<↓の画像は、観月ありささん主演『サザエさん』メインキャストの写真>
観月ありさ版『サザエさん』

また、2008年には江崎グリコがCM「OTONA GLICO ~25年後の磯野家~」を制作し、36歳になったカツオ役を浅野忠信さん、34歳のワカメ役を宮沢りえさん、28歳のタラオ役を瑛太さん、26歳のイクラ役を小栗旬さんが演じており、当時大きな反響を呼びました。

『オトナグリコ』25年後の磯野家CM映像

そして、今回制作される20年後の『サザエさん』のキャストもかなり豪華で、演技派俳優たちが顔を揃えていることもあり、それぞれがどういった演技を見せてくれるのか楽しみですね。

ネット上でも大きな反響を呼んでおり、マスオ役を西島秀俊さん、タラオ役を成田凌さんが演じることに対してイケメン過ぎるなどの声が上がっているのですが、現時点での反応を見ると好視聴率が期待できそうです。

ちなみに、9月から上演の舞台『サザエさん』は10年後を舞台としており、サザエ役は藤原紀香さん、マスオ役は葛山信吾さん、カツオ役は荒牧慶彦さん、ワカメ役は乃木坂46・秋元真夏さん&日向坂46・齊藤京子さんのダブルキャスト、フネ役は高橋恵子さん、波平役は松平健さんが起用されています。

<↓の画像が、舞台版『サザエさん』メインキャストの写真>
葛山信吾版の舞台『サザエさん』

参照元
  • https://thetv.jp/news/detail/203311/
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について