勝間和代とパートナー増原裕子が関係解消、破局の理由は…LGBTカミングアウトで話題も交際約2年で別れる。

勝間和代&増原裕子

パンセクシャル(全性愛者)を公言している経済評論家・勝間和代さん(かつま・かずよ 50歳)が11日、昨年5月に交際宣言したLGBT活動家の増原裕子さん(ますはら・ひろこ 41歳)と破局し、関係を解消したことをブログで発表しました。

勝間和代さんは11日に、「増原裕子さんとのパートナーシップを解消しました。本当に悲しいです。」とのタイトルで、「11月6日の夜、ひろこさんから好きな人が他にできたので、その人と付き合いたいので、私とのパートナーシップを解消したいという申し出を受け、悩みましたが、修復は不可能と考え、その申し出を受諾することにしました。」と関係解消を報告しています。

<↓の画像は、パートナーを解消した増原裕子さん(左)と勝間和代さん(右)のツーショット写真>
勝間和代&増原裕子ツーショット画像

増原裕子さんは今年夏の参議院議員選挙に立憲民主党の推薦で出馬(落選)したのですが、選挙出馬を決意した昨年秋以降、場所や時間的なすれ違いが大きくなったものの、勝間和代さんは増原さんと一生を共にすると約束したため、選挙の支援活動などできる限りのサポートを行っていたといいます。

しかし、選挙後もすれ違った気持ちが戻ることはなく、言葉や態度に違和感を覚えていた中でパートナーシップ解消を告げられたといい、現在の心境については、「本当に悲しいです。まだ、ひろこさんが家を出て数日ですが、別れを思うと、いつでも涙が出てきて止まりません。」「私はひろこさんと新しい方の幸せを願うほどはまだ気持ちが整理しきれていないので、ここでそうは書けません。」「このブログを書いているだけでも、涙が止まらなくなってきてしまっています。ほんとうに悲しいです。」と辛く悲しい気持ちを正直に明かしています。

<↓の画像は、勝間和代さん、元モーニング娘。の市井紗耶香さん、増原裕子さんの写真>
参院選出馬の増原裕子・市井紗耶香&パートナー勝間和代

最後に、「残念なお知らせでしたが、次の恋愛もパートナーシップもあきらめていませんので、またみなさまに楽しい姿を見せられる日がきっとあると思っています。パンセクシャルな私ですから、チャンスに溢れているはずです。」と前向きな言葉を綴っています。

勝間和代さんは、あらゆるセクシャリティ(人間の性)が恋愛対象の「パンセクシャル」を公言し、2度の離婚を経て3人の子供がおり、昨年5月に同性愛者の増原裕子さんとの交際を告白するとともに、自身がLGBTであることもカミングアウトしました。

2人は友人の紹介で2015年末に知り合い、昨年1月に勝間和代さんが自身の気持ちを増原裕子さんに打ち明けて交際に発展し、同棲生活を送っていました。

交際宣言をして以降は様々なメディアのインタビュー取材を受けたり、それぞれのインスタグラムなどに写真を投稿するなど良好な関係を続けている様子だったのですが、突然の破局、パートナーシップ解消報告に対してネット上では、

  • 相手の人、前もパートナー解消してたよね?気が多い人なのかもね。勝間さん落ち込まないで!
  • 他にもいたけど、同性婚の権利を主張してメディアに出た人たちって、なかなかパートナー関係を維持できていませんね。
  • 結局、お相手の方は、一人の人と添い遂げることが難しい方なのかもしれませんね…。
    勝間さんも二度の離婚を経験されてるわけで…。男性とだったから続かなかったのかは分からないけど…。
  • パートナーっていう制度、結婚と近しいものだと思ってたんだけど実際もっと軽い感覚なのかな。
    結構解消してる人よくいるよね。世の中離婚も普通の話だから至って普通なのかもしれないけどさ。
  • 増原さんは、選挙のために勝間さんを利用したかっただけなんでしょうね。前の方とも同性婚で話題になって、すぐに破局。
    お美しいのでニーズがあるのでしょうが、パパ活でくってる女子大生と変わらないメンタルかと。
    勝間さんには、もっとふさわしい方とつきあってほしいな。男でも、女でも。
  • 知名人を利用して選挙に出たけど当選しなかったから役目は終わり「さようなら」って感じですね。
    ショックを受けた時ほど支えあって絆が深まるのが普通だと思うがやっぱり普通じゃないんだね?

などのコメントが寄せられています。

増原裕子さんは2013年3月に、かねてから交際していた元『宝塚歌劇団』の花組・男役で、LGBT活動家・女優の東小雪(ひがし・こゆき 34歳)とディズニーランドで同性結婚式を挙げ、2015年には東京都渋谷区の条例で発行している「パートナーシップ証明書」を取得した第1号カップルとなりました。

<↓の画像は、増原裕子さんと元パートナー・東小雪さんの写真>
東小雪・増原裕子

しかし、2017年12月に約6年半の関係にピリオドを打ったことを明らかにしており、パートナーシップ解消の理由は、生活や価値観にすれ違いが生じたためなどとしていました。

そして、再び勝間和代さんとも交際2年足らずでパートナー解消となっており、勝間さんは関係を継続したいとの思いだった一方、増原裕子さんは他に好きな人が出来たとの理由で破局を迎え、これは男女でもよくあることで仕方がないことではありますが、破局と交際を繰り返しているのはあまり印象が良くないですね。

個人の自由で他人がとやかく言うことではありませんが、一生添い遂げるつもりでパートナーになったにも関わらず、選挙後にあっさりと別れるというのは何だかなぁと思いますし、2人の交際宣言当初から「勝間は増原の活動に利用されている」「社会活動のために恋愛をしているプロ市民」といった声がネット上で上がっていましたが、あながち間違っていないのかもしれないと思ってしまいます。

勝間和代さんは突然の別れに、非常に大きなショックを受けている様子ですが、これから少しずつ前を向いて今後また素敵なパートナーを見つけてほしいですね。

【追記 11/11 18時50分】
増原裕子さんも自身のフェイスブック上で勝間和代さんとの別れを報告し、「原因は私にあります。夏の選挙が終わってからしばらくして、私が別の人と生きていきたいと思うようになってしまい、先週勝間さんに別れを切り出しました。」「添い遂げられなかったことはひとえに私自身の人間としての未熟さゆえのことです。」「勝間さんへの感謝は尽きません。だからこそ、こういう選択をしてしまったことに対して、本当に申し訳なく思っています。」などと綴っています。

<↓の画像が、増原裕子さんのコメント全文の写真>
増原裕子の破局報告コメント

参照元
  • http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2019/11/11/090000
  • https://www.sbbit.jp/article/cont1/35569
  • https://business.nikkei.com/atcl/report/16/090600161/082000066/
  • https://www.oricon.co.jp/news/2103087/full/
  • https://facebook.com/hiroko.masuhara/posts/10206613742658935
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjk2

    やっぱり
    lgbtが結婚認められるには5年以上は持たないと
    ご祝儀がもったいない
    lgbt結婚認めるのは再検討が必要

  2. 2
    匿名
    ID:MjAzNjk5OTI4

    頼むから勝間よ、笑わないでくれ。ドンドンお前の顔が沖縄のシーサーに見えてくる。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc5MDE4NDIy

    またすぐ違う女を好きになるって。
    そーゆーのは男の浮気と同じでなおることはない!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について