中澤卓也と元恋人の婚約不履行裁判が決着、和解成立が判明。西田あいと真剣交際宣言の裏でトラブル、裏の顔が物議

不倫・浮気 事件・事故・トラブル 破局・離婚 音楽
  • 4

中澤卓也

婚約不履行で元恋人の一般女性に訴えられた演歌歌手・中澤卓也さん(26)が、相手女性に200万円を支払う形で、和解が成立していたことが明らかになりました。

週刊誌『フライデー』のWeb版『フライデーデジタル』によれば、元恋人・Aさんは中澤卓也さんの婚約不履行(婚約破棄)に対して、800万円の損害賠償を求めて昨年7月に提訴し、6月10日付で和解が成立したといい、和解調書には中澤さんがAさんに200万円を支払うと記されているとのことです。

これについてある弁護士は、「婚約破棄における慰謝料の相場は、50万円から300万円と言われています」とし、裁判所が中澤卓也さんに200万円の支払いを命じたということは、Aさんの主張が概ね認められた形だろうと推測しています。

この裁判は昨年9月から始まり、Aさん側は中澤卓也さんと婚約関係にあったものの破棄され、さらに中澤さんが複数の女性と浮気していることを知り、精神的苦痛を受けたと主張し、一方の中澤さん側は一貫して「婚約関係はなかった」と主張していたとのことです。

中澤卓也さんとAさんのトラブルは昨年6月に明らかとなり、Aさんが自身のツイッター上で中澤さんとの交際と婚約、歌手・YouTuberの西田あいさん(本名=田中愛 33歳)との浮気が発覚し、婚約破棄されたことなどを暴露しました。

2人は2018年ごろに出会い、北海道に暮らすAさんと遠距離恋愛がスタートし、2019年3月にAさんの妊娠が発覚しましたが、当時デビュー3年目の中澤卓也さんは経済力に不安があったため中絶を求め、話し合いの末にAさんも中絶を決意しましたが、その後流産となりました。

その後も交際を続け、中澤卓也さんの所属事務所社長にも結婚のタイミングを相談し、昨年4月7日が有力候補として挙げられていたそうです。

しかし、中澤卓也さんはその裏で西田あいさんと浮気しており、昨年6月にAさんが中澤卓也さんの携帯電話をチェックしたことで二股が発覚し、他にも複数の女性と親密な関係にあることが明らかになり、それが原因でケンカになって中澤さんはAさんとの婚約を破棄し、裁判にまで発展しました。

裁判で中澤卓也さんはAさんとの婚約を完全否定した一方、Aさんの父親代わりという勤務先の会社社長は、「中澤が2020年9月24日に結婚の挨拶に来た」「昨年4月7日の入籍で話が進んでいた」「結婚することは決まっているので『婚姻届を書いておこう』ということで(中澤から)必要情報を聞いて書き込んだ」と証言しました。

また、Aさんは中澤卓也さんの両親にも挨拶をしたことや、婚約指輪を受け取ったことなどを明らかにしています。

こうした主張に対しても中澤卓也さんは「指輪は買ったが婚約指輪の認識ではない」「明確には結婚とは言っていない」などと反論しました。

Aさんとの関係を解消した理由については、連絡が取れなくなったり、急に別れ話をされたり、そういうことが多々あった」「携帯を見られたのは(昨年6月が)2度目でした。過去にも1度あったので、そういうことを考えると(これ以上関係を続けるのは)どうなのかなと思ったなどと語っていました。

さらに、浮気相手とされた西田あいさんとの関係についても、昨年6月時点では交際しておらず、Aさんと破局後の昨年10月から交際していたと主張しました。

中澤卓也さんはこのようにAさんとの婚約を否定していましたが、フライデーデジタルが昨年10月に、中澤さんが所属していたレコード会社の社員に取材したところ、「昨年2月26日、中澤の事務所の方から声がかかって、都内で食事をしました。その時に(中澤)本人の口から『結婚します』という報告がありました。その席で『どうやって発表するか』という方法まで相談もあった」と明かしたとし、一部業界関係者の間でも、中澤さんが恋人と結婚するというのは周知の事実となっていたそうです。

そして、裁判では中澤卓也さんがAさんに200万円を支払い、和解成立という形になったものの、中澤さんは裁判で最後までAさんへの謝罪の言葉は述べなかったとのことです。

こうしたトラブルが明らかになった中澤卓也さんは、昨年にデビューから所属していた大手レコード会社『日本クラウン』との契約が終了、さらにレギュラー番組も降板して仕事が激減しています。

気になる今後の活動についてですが、裁判終了から約2週間後には予定通り全国ツアーをスタートさせており、演歌界関係者はフライデーデジタルの取材に対して、「事務所の社長が、水面下で中澤の新曲を自費で出す準備を進めているようです。裁判の結果が出る前から『辞めさせるべき』とか『冷却期間を置いて、出直したほうがいい』という声もあった。今回裁判にまで発展して、中澤君がやってしまった行動を反省して出直すチャンスだったのに、その期間を置かずに歌わせるとは……。」と語ったとしています。

6月25日からツアーを開始した中澤卓也さんのコメント動画

この報道を受けてネット上では、

  • めちゃくちゃ好青年風だからびっくり
  • メンタル強いですね。新曲って?凄すぎ!!
  • 応援はできませんね、歌は心です
  • 西田あいさんもかなりの被害者。事務所も辞めてるみたいだし。かわいそう
  • このての裁判沙汰が明るみになったら、その世界では難しいよな…
  • 演歌聞く世代はもっぱらテレビしか見ないから、こういうニュースは届かないだろう
  • 向こう10年は紅白出場ないだろうし、のど自慢とかNHK番組も無理だろうな
  • イメージ大事だからね。あのLINE見たらドン引きよ。表も裏も変わりない良い人なんてそんないないと思うけど あれは無い
    新曲出すみたいだけど…今まで好きだった方々 応援できるかな?
  • 演歌歌手としてこれからやって行けるんだろうか?まぁ地道にやれば何とかなるだろうけど、地上波の歌番組には出れないだろうね
  • 歌唱力もルックスも申し分ないだけに、ただただ残念でなません。とりあえずですが、新曲は聴いてみようと思います。
  • まだこんな人を応援するファンなんているの?理解が出来ない

などの声が上がっています。

中澤卓也さんはAさんと裁判沙汰になっていることは公表せず、今年3月には『デイリースポーツ』の報道を受けて、Aさんに浮気相手として名指しされていた西田あいさんとの真剣交際を宣言しました。

また、「交際期間は2年」と報じられたものの、「正式にはまだ約半年ほどの期間」だと説明しつつ、「真剣にお付き合いをさせて頂いております」とのコメントを出しました。

しかし、Aさんとの“泥沼裁判”も表沙汰となったことで大炎上騒動に発展、真剣交際宣言の翌月には西田あいさんとの破局を『東京スポーツ』(東スポ)が報じており、破局した原因は中澤さんの女性問題だったそうで、西田さんに対してもウソをついていたことが決定打となったようです。

中澤卓也さんはAさんとのトラブルが明らかになる前まで、爽やかな好青年のイメージから多くのファンを獲得し、中高年の女性たちを虜にしていたことで“マダムキラー”の異名を取っていました。

また、デビューした2017年には『日本有線大賞』の有線奨励賞、『日本レコード大賞』の新人賞など、数多くの賞を受賞して人気・注目度が上昇、音楽番組『人生、歌がある』(BS朝日)では、五木ひろしさん、布施明さんに続く3代目MCに抜擢され、“演歌界の若手ホープ”として大きな期待が寄せられていました。

しかし、Aさんに対する不誠実な対応、女癖の悪さが公になってしまい、これから人気を取り戻して、再びテレビなどでも活躍することはかなり難しいと思いますが、さらなるファン離れを防ぐためにも女性スキャンダルには注意しながら、音楽活動に全力を注いでいってほしいです。

4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:ODI5MDgzNTAw

    今付き合ってる人どんな気持ちなんだろう

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT


    自分は特別だと思ってるはず。
    同じことされるのに。

  3. 3
    伝説の琉
    ID:MjQwYjoyNT

    司会も上手だし歌もうまい❗️大ファンだったのに 最近何故出なくなったのか謎だったが こう言う事だったのか❗️残念で仕方ない❗️

  4. 4
    匿名
    ID:MjEyNDg2NzE3

    歌を聞くたび 嫌な気分になります。どうしてそんな軽率な事をしたのでしようか。女性を傷つけて隠していたのに 愛しい人を思う歌を歌っても もう心に届かないです。とても残念で悲しい事です。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!