日曜もアメトーーク!が9月で打ち切り終了の理由はネタ切れ? 視聴率好調維持も撤退情報、週2回放送で失敗…

アメトーーク!

雨上がり決死隊がMCを務める人気バラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系 木曜23時15分)の日曜版として、2016年10月からゴールデン帯にスタートした『日曜もアメトーーク!』(日曜18時57分)が、9月いっぱいで打ち切り終了することが分かったと『東京スポーツ』(東スポ)がスクープしています。

『アメトーーク!』は、毎回異なるテーマに沿って集まった芸人らがマニアックなくくりトークを繰り広げていく内容で、特に「家電芸人」「運動神経悪い芸人」「中学の時イケてないグループに属していた芸人」などの人気が高く、同番組への出演がきっかけで注目を集め、仕事の幅を拡げた芸人もいます。

番組の放送は2003年4月からスタートし、今年で放送開始15周年を迎えており、2008~2009年ごろには平均視聴率が15%前後を記録した回も複数あり、2016年10月にはついにゴールデン帯(19~22時)に進出を果たしました。

<2016年10月から週2回放送されている『アメトーーク!』>
日曜もアメトーーク!

以前と比較すると視聴率は落ち着いてきているものの、今もなお平均視聴率は日曜版、木曜版共に10%近くの数字を記録しており、今年4月5日放送の木曜版はリアルタイム視聴率が8.8%、タイムシフト視聴率(録画視聴率)は2.8%、同8日放送の日曜版(2時間スペシャル)はリアルタイムが9.9%、タイムシフトが3.0%となっていました。

しかし、東スポによれば、日曜版が9月をもって打ち切り終了することが決定したそうで、その理由の1つとして、MCを務める雨上がり決死隊の負担増を挙げています。

木曜版のみの時には、昼と夜の2本撮りという収録スタイルだったそうなのですが、日曜版がスタートしたことによって、拘束・収録時間がその分増えることになり、お笑い関係者は「売れっ子のアラフィフのオジサンにはさすがにキツかった」と語っています。

また、もう1つの理由として、日曜版の放送開始当初から懸念されていたネタ枯れ問題が挙げられており、実際に深夜版では過去にオンネアした回の焼き直しのような内容になっていたことがありました。

テレビ朝日関係者は、「ここにきて、再編集や未公開集の回を乱発している。週2回編成が2年近く続いてネタ切れ感が一層増してきた。収録しないで再編集や未公開集で取り繕っているから中途半端と指摘されている」と語っており、週2回の放送に限界を迎えているようです。

そして、東スポの報道を受けてネット上では、

  • なんで日曜にもやることになったのかなぞだった。深夜のだけでもネタ切れ気味なのに
  • 家電芸人、王将芸人、天下一品芸人あたりは、タイアップがモロ見えだったし。ゴールデンで毎回運動神経悪い芸人とパクリー1グランプリやってたのが駄目駄目だった
  • 日曜放送だと、内容的に置きにいかないといけないっていうのもあるしな。どうしてもおとなしいというか当たり障りのない内容になりがち。
  • 確かに日曜のは意味不明だったな。日曜のゴールデンというのもあって内容も家族で見れるようなライトな題材で薄い内容だった
  • 日曜って放送少なかったし、たまにゴールデンSPやればあんまり変わらないという
  • ただでさえネタ枯渇は容易に想像できるのに、週2回編成なんて馬鹿のやり口でしかない。昔からテレ朝は、優れた深夜番組をなにも考えずにゴールデンに持ってきて殺してきた。編成が底無しの馬鹿なんだろうな。次は激レアが馬鹿な編成に殺されるんだろうな
  • 日曜版はトークやらないし、内容がマニアックじゃないし、深夜番組の人気要素をゴールデンで無くせば人気なくなるって、テレ朝はいい加減理解しろ
  • やばくなる前に早めの決断か これは正しいと思う

などのコメントが寄せられています。

こうした結果を迎えることは放送前から予想されていたことで、テレビ朝日側はなぜ週2回放送にしたのか謎でした。

単に、深夜番組として高い視聴率を記録していたからゴールデン帯にも放送しようとなったのか、視聴者層の拡大を狙ったものだったのか何なのかは定かではないのですが、週2回放送にすることでネタが枯渇し、手抜きと感じられる放送回も増えていたことによって、視聴者離れも同時に起こしてしまっていたようにも感じられます。

テレビ朝日は深夜番組をゴールデン、プライム帯(19~23時)に引き上げるという手法を以前から繰り返しており、『いきなり!黄金伝説。』、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』など、深夜から放送時間を繰り上げて成功した番組は数えるほどしかない一方で、昇格後に番組の質が低下したことなどが原因で視聴率が低下し、早々に打ち切られた番組は多くあります。

ここ最近では、2017年4月からスタートした『陸海空 地球征服するなんて』は、たった半年で土曜22時台に昇格したことで話題になりましたが、早くも番組の質が以前より低下したと指摘する声が上がり始めており、過激で挑戦的な企画は減り、無難なものばかりになっていることなどから視聴率が伸び悩んでいるため、早くも打ち切りが囁かれています。

そして、今回取り上げられている『アメトーーク!』については、テレビ朝日を代表する人気バラエティ番組であるため、視聴率が大きく低下する前に日曜版を終了させるというのは賢明な判断かと思います。

レギュラー放送は深夜のみとして、年に数回特番をゴールデンに放送するという以前のスタイルに戻すことで、視聴者の満足度もより上がることになるのではないのかなとも思いますね。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4MzgxMDYx

    絵心ない芸人や各ヒーロー芸人が面白かった。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyNDQ1ODk1

    あの局って深夜で視聴率が良いと直ぐにゴールデンSPやって
    レギュラーにしたと思ったら数回で終わらせるよね。
    アメトークは深夜でワイワイやってるのが良いんじゃないかな?

  3. 3
    匿名
    ID:MjEwMDgyOTM5

    iPhoneおもろい
    あと千鳥が出れば大体おもろい

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について