伊藤健太郎が主演舞台降板、両国花錦闘士は代役立て上演へ。教場2も出演中止か。無期限謹慎処分で芸能活動停止に…

伊藤健太郎

ひき逃げ事件で逮捕された俳優・伊藤健太郎容疑者(23)が、12月5日開幕の主演舞台『両国花錦闘士(りょうごくおしゃれりきし)』を降板したことが正式発表されました。

『両国花錦闘士』は、漫画家・岡野玲子さんの同名漫画の舞台化で、2人のライバル力士の活躍を軸にした相撲サクセスストーリーとなっており、今年12月5日~23日にかけて東京・明治座公演、来年1月5日~13日に大阪・新歌舞伎座公演、同17日~28日にかけて福岡・博多座公演を行う予定となっています。

キャストは伊藤健太郎容疑者が主演し、他に大鶴佐助さん、大原櫻子さん、ジャニーズJr.の岸本慎太郎さん、根岸葵海さん、原嘉孝さん(元宇宙Six)、入江甚儀さん、徳永ゆうきさん、大山真志さん、橘花梨さん、加藤梨里香さん、市川しんぺーさん、福田転球さん、伊達暁さん、紺野美沙子さん、りょうさん等の出演が発表されています。

伊藤健太郎容疑者がひき逃げ事件を起こす1週間前には、舞台の製作発表記者会見が行われ、主演を務める伊藤容疑者は、「この舞台では、ダンスだったり、歌だったり僕にとってチャレンジになるのではないのかなと、初めてのことがたくさんあるので、すごく楽しみにしながらステキなキャスト・スタッフのみなさんと、こういった時期に舞台ができることを共に喜びを分かち合いながら、12月にみなさんにお会いできるよう、しっかりと稽古をしていきたいと思っております」などとコメントしていました。

『両国花錦闘士』製作発表会見時の伊藤健太郎容疑者の映像

しかし、この会見から1週間後の10月28日にひき逃げ事件を起こし逮捕され、同30日には釈放されましたが現在も捜査が続いており、7日に『両国花錦闘士』の公式サイトが更新され、【出演者降板のお知らせとお詫び】と題して、出演を予定しておりました伊藤健太郎は、諸般の事情により、降板する運びとなりました。出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます。と降板を発表し謝罪しています。

舞台は代役を立てて予定通り上演するといい、代役やチケットの払い戻し対応につきましては、改めて公演公式サイト、公式Twitterにてご案内申し上げます。誠に恐縮ですが、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。」としています。

なお、伊藤健太郎容疑者は映画『とんかつDJアゲ太郎』に出演しているほか、女優・黒木瞳さんの監督作品『十二単衣を着た悪魔』で主演を務めていますが、それぞれ予定通り公開されています。

そして、伊藤健太郎容疑者の主演舞台降板発表を受けてネット上では、

  • 降板は当然。まずは罪を償い、被害者の方に誠心誠意謝罪して十分な補償をしない限り、表舞台に出てはいけない
  • 全て降板でしょうね。ひき逃げはあまりにも悪質で、人命軽視も甚だしい限り。処分を待つのではなく、自ら芸能界引退を申し出るべきではないですか?
  • 当面芸能活動自体自粛じゃないの?前にもひき逃げして免許書撮影された前科あるし、保釈されたこと自体に違和感ある。
  • 当たり前。たまたま説得されて現場に戻った。たまたま被害者が死なずに済んだ。
    そのまま逃げて後に逮捕、そして被害者が死亡していた可能性もあった。運が良かっただけで、かなり悪質。
  • 映画の公開もどうかと思う。この人のせいで重症の被害者の家族からしたら、プロモーションでCM流れたりするだけでも不快になるんじゃない?
    薬物での逮捕と違って、交通事故で加害者になった場合は被害者に対する配慮が必要なんじゃないだろうか。

などの声が上がっています。

伊藤健太郎容疑者の所属事務所『イマージュエンターテインメント』の馬淵哲矢社長が、週刊誌『週刊新潮』のインタビュー取材に対して、伊藤容疑者には「無期限謹慎」の処分を下すと明らかにしており、謹慎期間も今後発表するとしています。

そのため、主演舞台降板は当然のことで、伊藤健太郎容疑者は『両国花錦闘士』だけでなく、12月下旬にNHK総合で放送予定の「夜の連続テレビ小説『うっちゃん』」の降板も決定しており、NHKは伊藤容疑者に対して損害賠償請求することも検討中とコメントしています。

この他にも、来年1月に2夜連続放送予定の木村拓哉さん主演スペシャルドラマ『教場2(仮)』(フジテレビ系)に、重要な役どころで出演予定との情報も流れていましたが、ひき逃げ事件によって降板が決定した様子で、ニュースサイト『日刊大衆』によれば急ピッチで撮り直しが行われているそうです。

伊藤健太郎容疑者は数多くのCMにも出演していたことで、損害賠償金額は合計5億円を超える可能性もあると囁かれており、実際にはどれほどの金額になるかは未知数ながら、今後芸能活動を再開したとしても茨の道が待っていると言えますね。

参照元
  • https://www.ryogoku-oshare-rikishi.com/article/26
  • https://screenonline.jp/_ct/17402228
  • https://taishu.jp/articles/-/90257
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjM1NjU2MTky

    教場後編の所だけ年末に再放送出来ないよね

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    薬物、DV疑惑、不倫、ひき逃げも発生した場合、自分の仕事がなくなり、いくら慰謝料、違約金をが背負うことになるのか、これを理解していなかったから起きたこと。
    これは芸能プロダクションがタレントたちの前できちんと指導する必要がある。
    大金の代わりにたくさんの拘束と制限が付くことを理解して芸能プロダクションはタレントを送り出すべき。

  3. 3
    匿名
    ID:MzAyMTE0Mjkx

    文春の記事が正しかったら、引退ものだと思う。昭和なら、女性を傷つけても芸能界で許されていたが、そんな風潮が間違いだった。
    そして令和の今、こんなクズが芝居の世界に必要とは思えない。そもそも、それほど惜しがるほどの役者でもない。

  4. 4
    匿名
    ID:MjExNTg0Mzkx

    ひき逃げ事件を起こした以上、芸能界にいられないかもね?
    芸能人は何をしても許されるというのは、今やご法度だからね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について