福山雅治が主演『ラヴソング』が第6話で月9史上最低視聴率更新! 尾野真千子の『極悪がんぼ』下回る大コケで黒歴史作品に

ラヴソング

歌手・俳優の福山雅治さん(47)が主演の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)の第6話が17日放送され、平均視聴率が6.8%(関東地区)と自己ワースト視聴率を記録するとともに、月9史上最低視聴率を更新した事が17日に明らかとなりました。

2014年4月期に同枠で放送された尾野真千子さん主演の『極悪がんぼ』の第10話で記録した7.8%がこれまでの最低視聴率で、今回記録した6.8%はそれよりも1%以上も下回っています。

4月11日からスタートした『ラヴソング』の初回は10.6%、第2話は9.1%、第3話は9.4%、第4話は8.5%、第5話は8.4%、第6話は6.8%と右肩下がり。

今年1月期に同枠で放送の有村架純さんと高良健吾さんW主演の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(略称:いつ恋)は、全10話の期間平均視聴率が月9史上最低となる9.7%を記録しているのですが、第6話終了時点での『ラヴソング』の期間平均は9.0%で、さらに最低視聴率を更新する可能性が濃厚となっています。

そして、これに対してネット上では、

  • だろうね。劣化した福山。もともと演技力もないんだからさ。ガリレオも柴咲コウがいなかったらひどかったと思う。45のオッサンと20代のかわいくない子とのロリコン恋愛なんて興味もわかない。
  • 福山の潜在視聴率のガタ落ちもあるけど、月9ドラマの設定がそもそも時代遅れ感が強い……
  • 作品そのもの以前に、アミューズの新人ゴリ推しキャスティングが嫌われたな
  • 福山の結婚、劣化、ファンへの不誠実さ。ヒロインと歳が離れ過ぎな上にゴリ押しで華がない。フジテレビの時代錯誤、様々な要因が重なりこの数字だと思う。これで数字取れると思うほうがおかしい。
  • 福山さんと同じ事務所の新人を売り出すための茶番劇
  • このドラマ、視聴率の低さしか話題になりませんね。
  • 福山が結婚をひた隠ししたり、バーターの藤原さくらが演技最悪で、そして歳の差がありすぎて逆に気持ち悪い。
  • 福山は結婚してから急激に老けた感じでなんかオーラが無くなった。魅力が全く感じられない。もう終わったかもね
  • 早々に打ち切ってニュースにでもしといた方がまだマシなんじゃないか

などと辛辣なコメントが多数寄せられ、酷評されています。

福山さんが連ドラで主演を務めるのは、2013年に同じく月9で放送された『ガリレオ』第2シーズン以来3年ぶりとなっているのですが、福山さんは昨年9月28日に、かねてから交際が噂されていた女優・吹石一恵さん(33)と電撃結婚。

さらに、今作でヒロインを務めているのは、約100人に上るオーディションから選出されたというものの、福山さんと同じ芸能事務所『アミューズ』に所属する新人のシンガーソングライター・藤原さくらさん(20)。

福山さんの結婚、ヒロインが事務所の後輩で27歳年下、さらに演技未経験などといった負の要素があり、それに加えてドラマの内容に対しても批判的な声が多く上がっていることから、視聴率を獲得するのはかなり難しく、大コケしてしまっているのは当然の結果といえるかと思います。

視聴率を少しでも上げるための作戦なのか不明ではあるものの、第4話のゲストとして同局の“ユミパン”こと永島優美アナウンサー(24)がゲスト出演、さらに第5話からは韓国で10年俳優生活を送っていた“逆輸入俳優”の大谷亮平さん(35)が出演するなどの話題作りをしているのですが、数字は下がる一方で全く効果は得られていません。

月9の視聴率ワースト記録更新は、福山さんに大きなダメージを与えることになるかとみられますが、果たして今後さらに数字を下げていってしまうのでしょうか…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    とにかく、フジもプロダクションの裏金貰って、ごり押しキャスティング辞めろよ。あの女の子、見たいと思う?主役の二人があれじゃー視聴率取れるわけがないでしょう。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について