坂口杏里が夜の仕事卒業、芸能界完全復帰目標も…バンド結成し歌手活動、作詞にも意欲燃やす

坂口杏里

芸能界復帰に向けて始動した元タレント・セクシー女優の坂口杏里さん(さかぐち・あんり 別名=ANRI 27歳)が、現在働いている“夜の仕事”から卒業することをブログやツイッターで明かしており、年内もしくは年明けごろには芸能界に完全復帰するとしています。

坂口杏里さんは4日に東京・下北沢のライブハウスでイベントを開催し、今後は舞台やライブイベントをやっていきたいなどと語り、イベント終了後に更新したインスタグラムでは、これまで紆余曲折あったものの、現在は芸能界復帰という目標を持ち、目標達成に向かってストイックに頑張っていきたいなどと綴っています。

<↓の画像は、4日のイベントで共演のピン芸人・楽しんごさんとの2ショット写真>
楽しんご・坂口杏里

その後の更新では、かつてタレント活動していた時はバラエティ番組への出演が中心だったものの、今後は「歌、やりたい。」とし、10日には「坂口杏里審査にての、バンドメンバー募集しようかなと考えています!」とバンド結成を考えていることを明かしています。

11日には、作詞にも挑戦していきたいとし、詞で伝えたいメッセージについては、「改めて私が犯した過ちだったり、遊び狂ってた時期もあったけど、それでも付いて来てくださるファンへ感謝の気持ちを。亡くなった母へ出来なかったこと、会いたい、けど会えない。けど空から私のことを見てる気がする。そんなママへ。」「自分の為に書く詞を書くつもりは1ミリもなく、今までの私の【人生、生き様】も、書いていきたいんです。」としています。

<↓の画像は、今後歌手活動するとしている坂口杏里さんの写真>
歌手活動を宣言した坂口杏里

そんな坂口杏里さんは5月ごろから、デリバリー型の性的サービスをする店に在籍しており、店のブログで出勤時間や近況報告をしているのですが、芸能界完全復帰に向けて夜の仕事から卒業することを明かしており、15日には卒業の日程が決まったことを報告しているのですが、具体的な日にちについては明らかにはしていません。

16日更新のブログでは、夜の仕事卒業に対する心境を明かしており、「長くやってきた分とても正直とても寂しい気持ちもあります。何十人何百人、何千人とのお客様との出会い、悔しい気持ちや傷ついた事、楽しい気持ち、様々な気持ちもこの何年もありましたが、やっぱり楽しかった思い出って、嫌な気持ち辛い気持ちより何倍も走馬灯のように思い出します!」などと綴り、17時~25時まで出勤していることを報告しています。

そんな坂口杏里さんに対してネット上では、

  • 夜の仕事で居場所がなくなり、仕方なく復帰的なイメージ。芸能界で頑張ってる人への侮辱だと思う。
  • 芸能界のお仕事より夜のお仕事をやっていた方が良いと思うけど。他の芸能人の方が坂口とは絡みづらいでしょ。
  • 直近2年でセクシー女優、六本木の水商売、長く続かないね。親のコネで楽して芸能界で2世タレントとして美味しい仕事があって未練があり、歌手として人の心に響く歌など歌える才能が無いし、努力や戦略も無い。誰も成功すると思っていないな。
  • 2世タレント以外特段なんの技術もない彼女の売りの1つは、若さ であったように思う。27歳になった彼女にはもう居場所は無いように思う…
    キラキラした芸能界に戻りたいだろうが、チャンスをつぶしてしまったのは自分自身。人生そんなに甘くないですよ
  • 若い頃に仕事の先輩に言われたけど、『自分を客観的に見れるようになった方が良い』って言う言葉がアラフォーになってやっと分かってきた。
    杏里はきっと苦労もしてるんだろうけど、もう少し自分を客観的に見れるようになった方が良いと思うな。

などのコメントが寄せられています。

坂口杏里さんは今後、来年の元日に東京・恵比寿のライブハウス・クラブで開催の『新年あけましてDJ 四捨五入!年明けだよ!全員集合!!!』に出演するほか、来年2月5日に東京・渋谷で開催の『杉作J太狼XEプレミアムトークセッション2days』の1日目に、ゲスト出演することが決定しています。

まずはこうしたライブハウスでのイベントに出演しながら、バンドを結成して音楽活動をしていこうと考えている様子です。

坂口杏里さん自身もようやくこれまで犯してきた過ちに気付き、再スタートするために色々と頑張っている様子ではあるので、今後どういった活動をしていくのか引き続き見守っていきたいとは思います。

しかし、坂口杏里さんは芸能活動、セクシー女優としての活動、水商売など、これまで何事においても途中で投げ出して脱線してきた方なので、今はとりあえず芸能界復帰を目指して頑張るとしてはいるものの、これから厳しい現実を目の当たりにし、また挫折して夜の仕事に戻っていきそうな気がしてならないですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について