前澤友作社長YouTuberデビューへ。新会社『スタートトゥデイ』設立発表し再始動。

剛力彩芽の恋人・前澤友作社長

女優・剛力彩芽さん(27)の恋人で、『ZOZO』の代表を辞任した実業家・前澤友作さん(43)が4日、新たに『株式会社スタートトゥデイ』を設立したことを正式発表するとともに、YouTuberデビュー予定も明かし再び注目を集めています。

前澤友作社長は9月12日に、国内最大手のファッション通販サイト『ZOZOTOWN』の運営会社『ZOZO』の社長を辞任し、今後の活動に大きな注目が集まっていたのですが、3日更新のツイッターでYouTubeを始めようと考えていることを明らかにし、4日に「YouTubeは11月中旬くらいから開始できるよう準備を進めたいと思います。」と発表しました。

<↓の画像が、前澤友作社長のツイート写真>
前澤友作社長がYouTuberデビュー発表のツイート

また、「私 前澤友作は、9月12日にZOZO社を辞任し、その直後に新会社『株式会社スタートトゥデイ』を設立し代表取締役社長に就任しました。まだ一人も社員はいませんが、今後このスタートトゥデイ社を通し、またゼロから新事業を起こしていく予定です。どうぞよろしくお願いします。」と新会社設立を正式発表しています。

前澤友作スタートトゥデイ設立発表のツイート

前澤友作社長は7日発売の週刊誌『週刊ポスト』掲載のインタビュー記事でも、新会社設立について語っており、『ZOZO』の社長を辞任した9月12日に『スタートトゥデイ』を設立したとし、これは1998年~2018年9月まで使用していた『ZOZO』の旧社名となっています。

前澤友作社長は「もう一回新しいことをやって、もう一回ZOZOぐらいに大きくできたらいいな」という思いから新会社を設立したといい、旧社名を使用するにあたっては『ZOZO』や同社を買収するヤフーからも、「いいよ、そういう気持ちでもう一回やるんだったら応援します。スタートトゥデイという旧社名を使ってください」と許可を得たと明かしています。

『スタートトゥデイ』は現時点で代表の前澤友作社長のみで、資本金は1000万円、事業目的については「不動産や有価証券等の資産の取得、保有、売買、管理及び運用」「附帯関連する一切の業務」とし、会社の所在地は超高層複合ビル「赤坂インターシティAIR」(東京・赤坂)の9階となっています。

前澤友作社長は9月末までツイッターなどで、秘書、広報担当を募集していたものの、現時点で今後どのような活動をしていくのか具体的なことは明らかにはしていないのですが、社長辞任会見時には今後は新事業と月旅行の準備を進めていくとし、「ただ儲かるだけのビジネスはやりたくない。ZOZO時代のようにアパレル1本ではなく、複数の事業を並行して進める」と語っていました。

恐らく、11月から始めるYouTube上で今後の活動などについて言及するとみられますが、前澤友作社長が新会社を設立、YouTubeで動画投稿も新たに開始することにネット上では、

  • 純粋にこのバイタリティは凄いと思う
  • 流石に切り替えが早いですね。何をするか楽しみやわ…
  • えっ!もう新会社?そうなると結局なんでzozoやめたの?
    色々こじれてめんどくさくなってポイしちゃったように見える
  • 彼ならもっと生産性のある、革新的なことを始めると思ってたが、まさかのユーチューバー
  • 新会社は剛力が副社長になるのか
  • 剛力と別れてからの方がうまく行くと思う
  • zozoから有能なの引き抜いてまた同じことやるんだろ
  • 絵画に興味あるから芸術系の会社じゃね?
  • 組織が無くなった一個人の前澤氏がどんな新境地を開くか見物
    まさか、プライベートなことを切り売りするだけではないよね?
  • 次から次へとアイディアが浮かぶのでしょうね、
    個人的には、つまらない彼女との私生活をアップしない方が、人気が上がると思います。

などのコメントが寄せられています。

前澤友作社長が『ZOZO』の社長を辞任したことを巡っては様々な情報が飛び交い、自身の借金が原因で手放したという話もありましたが、『週刊ポスト』のインタビュー記事で改めて否定しており、「借金返済のために急いで会社を売らざるをえなかったっていうのだけはホントにやめてほしいんですよね。会社は21年もやってきているわけですから、そんなわけないないじゃないですか。」「600億の借金を返すために会社を売ったなんて思われたくない、ホント。借金を返すならまずアートを売りますよ、会社を売るんじゃなくて。ホントに駄目だったら月に行くのをあきらめて借金を返しますよ。だから借金を返すために会社を売ったっていうのだけは強く訂正したい」と語っています。

また、『ZOZO』がヤフーの連結子会社化するのはベストなタイミング、ベストパートナーだったとし、「いま僕が手放さないとこの話は成立しなかったのです。だから会社のために手放すしかない。」との考えから、社長を辞任、持ち株の売却を決めたとしています。

前澤友作社長は欧米的なスタイルで、新しい会社を作り、それをさらに大きい会社に引き継いでもらい、発展させることを今後も行っていつもりのようです。

前澤友作社長は失敗を恐れず興味があることにはとりあえずチャレンジし、その失敗を今後の成功に活かせればいいという考えから前進を続けており、これから始めるYouTubeも新たな騒動を巻き起こしそうな気がしますが、今後またどのようなことに挑戦するのか楽しみではありますね。

そして、恋人の剛力彩芽さんとの関係にも変化があるのかにも注目で、引き続き2人の動向を追っていきたいところです。

参照元
  • https://www.news-postseven.com/archives/20191003_1461729.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20191003_1461816.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20191003_1461831.html
  • https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/04/news080.html
  • https://twitter.com/yousuck2020/status/1179948070139641856
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjA3NzgxNDk1

    そのアイデアやバイタリティは素晴らしい

  2. 2
    匿名
    ID:MjEyNzYwNjQz

    もう、TVメディアに、あまり出ない方が、良い方向に行くのでは。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4NzExMzY2

    別に自由だからいいけど
    ZOZOTOWNって既存ブランドの商品売ってただけでしょ
    プロデュース能力はないと思う

  4. 4
    匿名
    ID:MzAyMTY3NDQw

    相変わらず、下品な生き方しか出来ない人だ。正直、サイコパスだと思う。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について