高島忠夫が死去、死因は老衰。息子の髙嶋政宏と高島政伸がコメント。闘病続け88歳でこの世を去る

高島忠夫

俳優・タレントの高島忠夫さん(たかしま・ただお 本名=高嶋忠夫)が26日13時1分に、老衰のため自宅で亡くなられていたことが分かりました。88歳でした。

所属事務所『東宝芸能』によると、高島忠夫さんの妻で女優・寿美花代さん(本名=高嶋節子 87歳)が「最後は家族で見送りたい」と希望したため、通夜・告別式は27日に家族のみの密葬を執り行ったといい、お別れ会などの予定は無いとのことです。

長男で俳優の髙嶋政宏さん(53)がコメントを発表しており、「病院からの、あと5分後にご家族集まってください!のエマージェンシーコールが頻繁にあるようになったのが2年前。その度に全身が総毛立つような感じにはなりましたが、ここ数ヶ月、寝たきりの状態が多くなり、呼吸も弱まり、母曰く最後は眠るように旅立っていった、のがせめてもの救いです。マスコミそして父のファンであった皆様、報告が遅くなりましたことお許しください。ありがとうございました。」としています。

<↓の画像は、長男・髙嶋政宏さんの写真>
髙嶋政宏

また、次男で俳優の高島政伸さん(52)は、「父は、最後まで明るく良く通る声で笑ったり、話したりしながら、大好きだったフリオの歌声に包まれて、本当に穏やかに旅立ちました。このような穏やかな最期を迎えられましたのも、長きにわたり父、高島忠夫を応援して下さった皆様のおかげだと思います。心より感謝を申し上げます。」とコメントしています。

<↓の画像は、次男・高島政伸さんの写真>
高島政伸

高島忠夫さんは1951年に、映画会社『新東宝』のニューフェイス「新東宝スターレット」第1期生として芸能界入りを果たし、1952年公開の映画『恋の応援団長』で俳優デビューを果たしました。

同年には『チョイト姐さん思い出柳』で初主演し、その後は主演級の歌うスタートして活躍、1960年代にかけて数多くの映画に出演しました。

一方のプライベートでは、寿美花代さんが1961年当時司会を務めていたテレビ番組『季節のミュージカル』にゲスト出演し、これがきっかけで交際に発展、2年の交際を経て1963年に結婚しました。

<↓の画像は、1963年2月に高島忠夫さんと寿美花代さんが結婚当時の写真>
高島忠夫と寿美花代の結婚式後のツーショット会見

1964年には長男・道夫さんが誕生しますが、生後5ヶ月で家政婦(当時17歳)に殺害される事件が発生、夫婦は非常に大きなショックを受けましたが、1965年10月に髙嶋政宏さん、1966年10月に高島政伸さんが誕生し、家族4人で様々なテレビ番組に出演したり、1993年からは家族でファミリーコンサートを定期的に開催していました。

<↓の画像は、高島ファミリーの写真>
高島ファミリーの画像

その裏では病魔に襲われており、1970年代半ばに暴飲暴食などが原因で体重が120kg近く(身長181cm)になって糖尿病を発症したほか、不眠症によってアルコールや睡眠薬に頼る生活を続けたことでアルコール依存症となり、1990年代後半には26年にわたって司会を務めた番組『ごちそうさま』の降板、母親の入院などが原因で1998年に重度のうつ病も発症しました。

これによって4本のレギュラー番組を降板、1999年には一度仕事復帰と活動休止を繰り返し、その後は震えや歩行困難などの症状が出る難病「パーキンソン病」を発症、2010年には不整脈によって心臓にペースメーカーを取り付ける手術を受け、表舞台から姿を消しました。

そんな高島忠夫さんの訃報にネット上では、

  • 亡くなられたのですね。。。残念です。。。
  • 高島さんのやさしい笑顔を思い出します。ご冥福をお祈りいたします。
  • ゴールデン洋画劇場で毎週のように見てたなあ…冥福をお祈りします。
  • 亡くなった時にいう事じゃないかもしれないけど、老衰で亡くなれるのは幸せじゃないかと
  • 過去にうつ病を患ったり大変でしたね。老衰は人間として一番理想的な逝き方だと思う。合掌
  • 長男を家政婦に殺されたり、鬱病におかされたり、いろいろと波瀾万丈だったよね、、、、それなのに笑顔で料理番組やってたり、ご冥福を

などの追悼コメントが寄せられています。

高島忠夫さんの体調が芳しくないという話は以前から週刊誌などに報じられており、昨年5月に『週刊女性』が報じた記事では、寿美花代さんと夫婦揃ってかなり衰弱し、身辺の世話が必要な状態になっているといい、息子2人の結婚式や披露宴が行われなかった理由も、2人が出席できる状態ではないからだとしていました。

一方で同誌の取材を受けた高島政伸さんは、「もう高齢ですからね。1週間に1回、お医者さまに訪問してもらい、体調を診てもらっています。でもカレーとかステーキとかも食べるし、普通に暮らしていますよ」と深刻な状態ではないと否定し、「ホームヘルパーさんに1週間を3人交代で入ってもらい、主に生活援助をしてもらっています。僕たちがいろいろ調べて、介護保険の範囲内でお願いできる訪問介護のサービスを見つけて利用するようになりました」と説明していました。

しかし、自宅の周辺住民は2人の姿を見ていないと語っており、テレビ番組にもしばらく出演していないことから、体調は決して良くないのだろうとみられていました。

高島忠夫さんは長年、俳優としてだけでなくテレビ番組の司会者としても活躍し、強い印象が残っている方なので亡くなってしまったのは残念ですし、寂しいものがありますが、長年闘病生活を続けながらも88歳まで生き、最期は眠るように亡くなったとのことで、これから天国でゆっくりと休んでほしいです。

高島忠夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzUzOTc0MjA4

    え!?高嶋政宏と高嶋政伸って兄弟だったん!?、?
    知らなかった…無知で叩かれるのが好きな人じゃんけ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について