織本順吉が死去、死因は老衰。娘・中村結美が訃報伝える。『金八先生』等に出演、『やすらぎの郷』が遺作に…

織本順吉

大ベテラン俳優・織本順吉さん(おりもと・じゅんきち 本名=中村正昭)が18日、老衰で亡くなられていたことが明らかになりました。92歳でした。

所属事務所『アルファエージェンシー』が公式サイト上で、「織本順吉(本名 中村正昭)は、去る平成31年3月18日午後0時2分に、老衰のため永眠いたしました。92歳でした。密葬の儀は3月20日近親者のみにて相済ませました。ここに生前のご厚誼を深謝し謹んでご報告させていただきます。」と訃報を伝えています。

織本順吉さんの長女で、放送作家・脚本家の中村結美さんもコメントを寄せており、ここ数年は織本さんの足が弱り、自宅で立つことも出来なくなっていたため年明けから入院し、入院後から徐々に体の機能が衰えていき、亡くなったとしています。

<↓の画像が、織本順吉さんの長女・中村結美さんの写真>
織本順吉の娘・中村結美

また、織本順吉さんは「役者は出番が終わったら、静かに去って行くべきだ」と話し、延命治療は受けなかったそうで、医者からも「立派な老衰です」と言われたことを明かし、「本当に幸せな役者人生でした。90歳まで現場に出られたのは、老いた俳優をいたわり、おつきあい下さった全ての方々、そして作品をご覧下さった皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。」と感謝の言葉を綴っています。

そして、織本順吉さんの訃報にネット上では、

  • 目立たないがしっかりした演技でドラマをぐっと締めた演技をなさる名役者さんですね。ご冥福をお祈りいたします
  • 主役ではないけれど、代わりのきかない俳優さん。先日の佐々木すみ江さんもそうですが、この方にしか出せない味がありますね。実に残念、寂しいです。
  • 小さい頃からよく見かけていた俳優さん、亡くなられたんですね…御冥福をお祈りいたします。こういう味のある俳優さん、少なくなりましたね…
  • 遂に織本順吉さんも亡くなったか。自分が餓鬼の頃から、善人も悪役も普通の人も、味のある演技で、作品を色彩って頂きました。
    必殺シリーズでの悪徳同心役でこの人の右に出る人は居ませんでした。ご冥福をお祈りいたします。
  • 色んなドラマに出演されていたので、ここ数年も何歳になられたのかな、お元気だなぁと思って観ていました。
    もうかなり前になりますが、金八先生が強く残っています。生徒役の子供達にも印象深い俳優さんだったと思います。
    また良い俳優さんが旅立たれて、残念です。ご冥福をお祈りします。
  • 先ごろ、NHKBSで生涯俳優を貫く決意と葛藤を描くドキュメンタリー番組が放送されていましたが、まさかそのあとすぐに訃報が届くとは。
    晩年は高齢を活かした老人の役でのお芝居が多く、金八先生で演じた元校長のケアハウスに通う老人や、相棒で演じた日本を裏で牛耳るフィクサー役など善人から悪人まで幅広く演じられ、お芝居に対する熱量を感じました。お悔やみ申し上げます。

などのコメントが寄せられています。

織本順吉さんは1949年から役者としての活動を始め、岡田英次さん、西村晃さん、木村功さん、高原駿雄さん等と共に『劇団青俳』を立ち上げ、1980年に解散するまで幹部俳優として様々な映画やドラマで幅広い役柄を演じており、深作欣二監督の作品に最も多く出演した俳優でした。

主な出演作品は、『仁義なき戦い』シリーズ、『連合艦隊』、『ゴジラ』、NHK大河ドラマ『新・平家物語』、『春日局』、『炎立つ』、NHK連続テレビ小説『わかば』、『3年B組金八先生』(TBS系)などで、最後の仕事は2017年5月上旬に撮影が終了したというドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)だったそうです。

<↓の画像が、『やすらぎの郷』で芸能界のドン・加納英吉を演じた織本順吉さん等の写真>
『やすらぎの郷』出演の織本順吉

織本順吉さんはメインではなく脇役を演じることが多かった俳優でしたが、複数の作品で印象に残る演技を披露しており、個人的には1999年~2000年放送の『金八先生 第5シリーズ』で演じたケアセンターのおじいさん・大西さん役の印象が強く残っています。

晩年まで複数の映画やドラマで活躍し、つい最近も何かの作品で観た記憶があり、すでに90歳を超えていたので仕方がないのですが、いぶし銀の演技をもう観られないというのは残念です。

織本順吉さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExNTEx

    亀梨あきひこが殴った大平さんね

  2. 2
    匿名
    ID:MjExMjkyNDI=

    脇役でしたが、小さい頃からいつもテレビに出ていた俳優さんでした。「最後から二番目の恋」の織本さんは、特に印象に残ってます。とても、残念です。ご冥福をお祈りします。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について