剛力彩芽のゴリ押し終了でCM女王陥落も、ドラマ『天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課』で主演の理由とは? バーター扱いは継続?

剛力彩芽

26日に2014年のCM出稿動向が発表され、「ソフトバンクモバイル」「クリアアサヒ」等のCMに出演している女優の上戸彩さん(29)が出演のCMが、関東、関西、名古屋のそれぞれの地区で最も多くの時間放送された事が明らかとなりました。

上戸さんは昨年の2位から順位を上げ、2012年以来の1位獲得となったのですが、2013年度に1位を獲得した上戸さんと同じ芸能事務所「オスカープロモーション」に所属の女優・剛力彩芽さん(22)は20位以下までランクダウン。

そんな剛力さんは、事務所の猛プッシュを受けてメディアへの露出量が異常に多かったものの、結果を残すことが出来なかった影響なのか、昨年夏以降“ゴリ押し”起用が落ち着き、実力に伴った仕事量に変化してきました。

しかし、剛力さんが主演の連続ドラマ『天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課』(テレビ朝日系)が4月よりスタートすることが27日に発表され、相変わらず事務所から推されていることを感じられるのですが、これには「テレ朝」のある狙いがあると「サイゾーウーマン」が伝えています。

それは、テレ朝で放送された米倉涼子さん主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』が関係しているようで、米倉さん自身は同ドラマの続編登板を否定しているのですが、同局サイドは未だに意欲を見せているようで、米倉さんの同事務所である剛力さんを主演で起用する代わりに「ドクターX」の続編を作りたいと、オスカーにアピールしているのだといいます。

剛力さんはネット上での「ごり押し」バッシングで一時食事ができなくなり、ノイローゼ状態と報じられていましたが、今回の主演ドラマで脱バーターが出来るような結果を残すことが出来るでしょうか。

これにネットでは、

  • ゴーリキー多分これがラストチャンスだろうな。
  • 顔は化粧や髪型で可愛く見えたりするのに売り出し方は間違いなく悪かったと思う。やり過ぎ感が半端なかった。
  • バーターなのか知らないが、演技が下手な剛力彩芽を主演に起用したテレビ朝日はどうかしてる
  • リーガルハイスペシャルで初めて剛力の演技を見たが、放送事故かと思えるぐらい酷いもんだった。今度のドラマでハッキリ女優失格の烙印が押されることになるだろうな
  • ゴーリキーは来年にも消えてそうだな

などのコメントがありました。

一時期に比べて露出量が減っているため、剛力さんに対する世間からの批判も少なくはなっているのですが、1月3日に放送された嵐の櫻井翔さんが主演の新春スペシャルドラマ『大使閣下の料理人』(フジテレビ系)に出演することが発表された際にも多数の批判が寄せられ、更に『天使と悪魔 未解決事件匿名交渉課』で主演を務める事に対しても批判が寄せられています。

剛力さんは、昨年1月期に同枠で放送された『私の嫌いな探偵』でも主演を務めたものの、全8話の平均視聴率は6.8%と決して良い数字では無く、演技力も評価出来るものでは無いため、批判が寄せられるのも当然でしょう。

昨年7月期に放送された『あすなろ三三七拍子』で剛力さんは脇役として出演しましたが、現在の実力からするとこのポジションがちょうど良いと感じられますので、これ以上剛力さんが世間から嫌われ潰れてしまう前に、起用方法の変更をしてほしいものです。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTkwMDgz

    バーターでも見たくない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について