剛力彩芽と交際の前澤友作社長がオスカー買収の噂? 交際アピール、暴走の理由は事務所と提携計画も?

剛力彩芽&ゾゾタウン前澤友作社長

女優・剛力彩芽さん(25)と交際し、現在注目を集めているファッション通販サイト『ZOZOTOWN』を運営する前澤友作社長(42)が、大手芸能事務所『オスカープロモーション』を買い取るのではないかという話が業界内で浮上していることを、ニュースサイト『日刊大衆』が報じています。

前澤友作社長と剛力彩芽さんの熱愛は、今年4月に週刊誌『女性セブン』がスクープし、2人は2月上旬に雑誌『GOETHE(ゲーテ)』の現代アート企画で出会い、そこでお互いに一瞬にして一目惚れし、2月中旬から交際に発展しました。

<↓の画像は、週刊誌撮影のツーショット写真>
剛力彩芽&前澤友作社長の車中デート2枚目

剛力彩芽&前澤友作社長の車中デート3枚目

スーパー買い物デート

この報道から間もなく剛力彩芽さんはインスタグラムで交際を認め、それ以降2人は、SNS上で順調な交際ぶりのアピールを開始したのですが、痛々しいカップルだとして猛バッシングを浴びており、現在もネット上では炎上状態が続いています。

しかし、そうした批判を受けてもアピールを続け、剛力彩芽さんはインスタグラムで前澤友作社長の寝顔や食事デート中の写真・動画を公開したり、動画のライブ配信を行った際には前澤社長とのツーショットを披露するなど、ラブラブぶりをファンに見せているほか、『ZOZOTOWN』の商品をアピールしたり、高級ブランド『エルメス』の人気高級バッグ・バーキンを持った私服姿の写真を公開するなど、これまでとは違った姿を披露しています。

こうした変化にファンらは困惑しており、これまでに築いてきた真面目で優等生的なイメージを壊すような行動を取っていることから、今後の仕事への影響を懸念する声などが上がっています。

また、所属事務所『オスカープロモーション』に対しては批判の声なども上がっており、タレントの管理が出来ていないのではないかと指摘されています。

オスカー側は現在の状況についてどう考えているのか気になるところなのですが、『日刊大衆』の記事では、「同社所属の女優は原則25歳まで恋愛禁止で、それ以降も、けしてなんでも容認するというマネジメント体制ではありません。それが、今回の剛力と前澤社長の件だけ、SNS何を発信してもお咎めナシ。それどころか、テレビのワイドショーが彼女の暴走気味のSNS投稿を芸能ニュースのネタにするべく、過去の映像の使用許可をオスカーに確認しても、“どうぞどうぞ”という感じらしいんです。テレビ局サイドも“本当にいいのかな”ととまどっているそうですよ」と芸能プロダクション関係者が明かしています。

その裏側について芸能記者は、「前澤社長がオスカーを買い取るのでは、という仰天話が業界内で出てきているんです」「個人資産3000億円超とも言われる超大富豪の前澤社長にとっては、老舗芸能プロのオスカープロモーションを買収するというのも、けして無理なことではない。インスタでのプライベート配信はもとより、剛力がやっているZOZOTOWNの商品の宣伝の動きについて事務所が何も注意しないのはさすがに不自然で、すでに前澤社長とオスカーとの間で買収、もしくは提携などの話が進んでいるのでは、という人もいるほどです」と語っています。

真偽のほどは定かではありませんが、前澤友作社長は交際スタートから約1ヶ月後の3月中旬に、2人揃ってオスカーの社長の元へ挨拶に行き、その時にオスカーの社長が「2人で記念に飲みなさい。これからよろしくね」と言って、お気に入りの高級ワインを前澤社長に渡したことが明らかにされています。

こうして事務所公認の関係になったというのですが、剛力彩芽さんは数本のレギュラー番組やCMを持っており、もし仕事を失った時には事務所側が大きなダメージを受けることから、大事な所属タレントがイメージダウンに繋がる行為を放置するはずがなく、何かしらの取引を裏で行っている可能性はありそうですね。

ニュースサイト『TOCANA』が報じた記事でも、オスカー側は前澤友作社長と「『一緒にビジネスしたい」という皮算用が働いていると噂される。」とし、記事ではスポーツ紙の記者が「現場スタッフは暴走気味の剛力に顔をしかめていますが、K社長がソロバンを弾いていますからね。当分、この調子でしょう」と語っています。

一方で、広告代理店各社は剛力彩芽さんのことを「“要注意人物”としてリストアップした」とも伝えており、剛力さんが『ZOZOTOWN』の広告塔のようにインスタグラムで商品のアピールなどをしたことも悪影響を及ぼし、「もはや彼女は“ZOZO専属女優”になってしまった」としています。

ここまで来てしまうと別れた時が悲惨で、剛力彩芽さんは女優としてそこまで高い評価を受けているわけでもないため、破局後しばらくは注目されるかもしれませんが、一定期間が過ぎた後には表舞台から姿を消してしまいそうな気がします。

そのため、オスカーはもし2人が破局した場合、どのように剛力彩芽さんのことを売っていくのか気になる部分で、今後の展開に引き続き注目していきたいですね。

参照元
  • https://taishu.jp/articles/-/60719
  • https://mdpr.jp/news/detail/1763537
  • http://tocana.jp/2018/08/post_17842_entry.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について