La’cryma Christi元メンバーで結成のALvinoが事務所とドロ沼裁判を起こしていた!

事件・事故・トラブル 音楽

ALvino裁判

La’cryma Christi、PIERROT、NIOIの元メンバーで結成した『ALvino』が、元所属事務所を相手取り泥沼の裁判を起こしているようです。

そしてその裁判では、安い給料で仕事をさせられていた話や、当時の月給など赤裸々に明かしています。

どうしてそこまで事務所と揉めることとなってしまったのでしょうか…

【以下引用】

1997年にメジャーデビューし、翌年にリリースしたシングル「未来航路」がオリコン初登場3位を果たすなどして、当時は人気の高かったヴィジュアル系バンド『La’cryma Christi(ラクリマクリスティ)』。

2007年に解散したが、翌々年には再結成し、再びライブ活動を行っている。

同時期である1998年にメジャーデビューし、半年後に日本武道館でワンマンライブを行ったほか、2000年には西武ドームでのライブを果たすなどして、同じく人気の高かったヴィジュアル系バンド『PIERROT(ピエロ)』。

そのラクリマのKOJIとピエロの潤、ヴォーカルの翔太が加わり結成されたバンド『ALvino(アルヴィノ)』が、所属事務所とドロ沼裁判を繰り広げていると6月、東スポが報じた。

記事によればメンバー3名は金銭トラブルにより、元所属事務所のスウォード社を相手取り訴訟を起こしたのだという。

5月20日に東京地裁で行われた本人尋問では、原告の3名が、同社の社長と法廷で直接対決したようだ。

「法廷に現れたアルヴィノのメンバーらはそれぞれ、KOJIがTシャツにデニム、潤は赤い髪に黒ずくめの服、翔太は黒のスキニーデニムにボーダーTシャツ、と、裁判所だからといってスーツを着て来るでもなく、めいめいが普段の服装でそのままやってきた、といった雰囲気。

そんなラフな装いに反して、彼らが語った金銭トラブルは深刻なものでした」(司法記者)

KOJIが法廷で語ったところによれば、2007年1月に契約した当初は、月25万円が月末に振り込まれ、年末には30万に報酬アップ。
潤と翔太の報酬はそれぞれ月25万円、15万円。

しかし、外部委託の写真撮影、ファンクラブの会報の編集や、レコーディングに関することも自分たちでやらないといけなかったという。

それらの仕事に比べて報酬が安いと感じていたそうだ。

「翌年の夏から支払いが遅れて、だんだん酷くなっていきました。支払ってくれるように求めたんですが『今お金がないから待ってほしい』と。

自分の報酬は後回しでもいいんで、メンバー2人には先にと言いました。蓄えもあったので。

でも2009年から2010年までは厳しかった。蓄えが底をついてきたころで…恥ずかしい話ですが、通帳の残高が一ケタになったこともありました…。

そんなときにラクリマクリスティの再結成とライブの話があり、この報酬を全額もらえたら生活できると、社長に相談しました」(尋問でのKOJIの供述)

ソロ活動の報酬については、8割がアーティスト、2割が事務所、という話をしていたとKOJIは述べている。
未払いもあったため、このときは例外として相談したようだ。

「ところが、所属事務所のほうは、ラクリマ再結成で得られるソロ活動の報酬を『未払いの報酬の相殺』と考えていた、と主張しています。

一方、KOJIは『そのように言ったことはない』と述べており、真っ向から対立していました。

それにしても、一斉を風靡したヴィジュアル系バンドの元メンバーが、月25万円の報酬でファンクラブの会報も自分たちで作っているとは…。

顔も知られているからバイトもしづらいでしょうし、世知辛い世の中です」(先の司法記者)

未払いであるとメンバーらがが主張している報酬額は、KOJIが約1011万円、潤が約339万円、翔太が約191万円、と大金である。

対する元所属事務所の代表取締役は、代理人を立てず自ら立ち上がり、KOJIにこう質問をぶつけた。

「いいですか? まず、ラクリマクリスティのときは売れてました。そのときの給与は月額30万。

それから解散してアルヴィノというバンド。全く経験がない。それに対して月25万。この業界から見れば高いとは思わなかった?」

ラクリマで活躍していた時期も、報酬は月30万円だったという。

そんなKOJIは「思わなかったです。実績のあるバンドは再結成がある場合もあり、その後、その時に、アルヴィノっていうバンドよりも大きい収入があると考えたら、そういうメンバー2名が在籍しているバンド…高いと思わなかったです」と淡々と反論していた。

この日メンバーらの後に行われた、元所属事務所代表の尋問では「ラクリマクリスティのソロ活動の報酬は未払いの相殺と捉えている。

未払いの給料があるということについては認めます。数字は分かりませんが」と答えている。

「社長はスタジオ代が払えなくなり動産執行され、KOJIのギターを競落した人がそれをヤフオクに出品したこともあったようです。

また報酬未払いが生じているのに、社長の妻はブログで贅沢な暮らしぶりを綴っているなどメンバーらは主張しているようですね」(冒頭の司法記者)

裁判所がどう判断を下すのか、注目される。
【引用元:メンズサイゾー

これにネットでは、

「うわぁ…こう言うのってファンは知りたくないよね」

「ラクリマって結構人気あったよな~それで月30万とかwww」

「もうバンドなんて辞めて普通に働けばいいのに」

「稼いでるバンドって、ラルクとかグレイとか一部だけなんだろうな」

「ラクリマ、ピエロとか懐かしいわ。他のバンドも貧乏な生活をしていると思うと悲しくなる」

などのコメントがありました。

ラクリマ・クリスティー、ピエロと、久しぶりに名前を聞いたと思えばこんな泥沼の裁判が行われていたのですね…。

当時はバラエティ番組や、音楽番組など数多くの番組に出演していただけにこのニュースには衝撃を受けました。

一刻も早くこの問題を解決させて、また音楽活動をしていってもらいたいですね。

9件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    まだとべ
    ID:MzA2OTg5NDE1

    かっこいいです。良質な音楽を行っていても、報われずY氏の元で活動していたALvinoに大きな拍手を送りたいです。

  2. 2
    たきちょ
    ID:MjA3Nzc4NTM2

    ALvinoがんばれ。

    最後の一行、
    『一刻も早くこの問題を解決させて、また音楽活動をしていってもらいたいですね。』
    とありますが、音楽活動自体はずっと続けてますよ。

  3. 3
    匿名
    ID:MzAyMDE0NjE2

    「一刻も早くこの問題を解決させて~」というのは、不安や心配事など(事務所とのトラブル)が無い状態で音楽活動が出来るようになるといいですね。という程度の意味ではないでしょうか。

    それにしてもソロ活動の報酬が未払い分の給与と相殺とか、理屈が崩壊してる。ALvinoとしての活動とラクリマとしての活動はそれぞれ別のものだし、それが未払い給与と相殺ってなると、ラクリマ分を余計に働いていることにななるのでは。

    ちょっと意味が分からないですねー。

  4. 4
    匿名
    ID:MjEyNzg1NzQy

    ラクリマはボーカルが宗教ハマったのか
    頭おかしくなってきてるしな…
    こういう金銭トラブルが積み重なった結果なんだろうか。

  5. 5
    匿名
    ID:ODI4NTQ5NTM3

    >>4
    元から電波で変わった人だからTAKAは単なるキャラだと思いますが・・・

    後期X JAPANのTOSHIなんかは、あからさまに洗脳されて宗教に毒されてましたけど

  6. 6
    匿名
    ID:MjEyNzg5MDI0

    ラクリマはV系の中でもかなり売れたほうだと思うんだけど、
    それで30万しか貰えないとか…
    ブログとか見てると、元メンバーも結構質素な暮らしぶりだもんな

  7. 7
    匿名
    ID:MzUzOTgxMTQ4

    で、結局どうなったの?

  8. 8
    名無しのリーク
    ID:NzgyNjc5NzU5

    香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

  9. 9
    匿名
    ID:MjEyOTgzNjM1

    ラルクも事務所が搾取しまくって都心のビル買ったりしてたな。かといって個人事務所も名だたるバンドが失敗してるから成功してるグレイにノウハウを教えてもらって皆独立するか、アーティスト本位の事務所作って皆そこに入れば良い。音楽バカ捕まえて搾取の構図が多過ぎる。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!