鬼束ちひろの違法薬物検査結果判明で釈放。犯行動機は通行人の揶揄、蹴り癖あり暴走か。事件の原因巡り同情の声も…

事件・事故・トラブル 音楽
  • 3

鬼束ちひろ容疑者

救急車の車体を蹴ってヘコませたとして、器物損壊容疑で逮捕されたシンガーソングライター・鬼束ちひろ容疑者(おにつか・ちひろ 41歳)が、30日に釈放されたことが分かりました。

報道によれば、警視庁は11月30日午前に身柄を送検しましたが、東京地方検察庁は身柄を勾留した上での捜査は必要ないと判断し、勾留請求をしなかったことから、30日14時過ぎに警視庁湾岸警察署から釈放されました。

鬼束ちひろ容疑者は集まった報道陣に姿を見せることなく、迎えの車に乗って警察署を後にしました。

<↓の画像は、鬼束ちひろ容疑者を乗せた車の写真>
鬼束ちひろが釈放時の画像

鬼束ちひろ容疑者は11月28日、友人女性と共に東京・JR恵比寿駅近くのパチンコ店を訪れ、友人が体調を崩したことで救急車を呼び、救急車が駆け付けた後に鬼束容疑者が通行人とトラブルになり、救急車を蹴って後部ドアをヘコませたことで警察に通報され、器物損壊容疑で逮捕されました。

警察の取り調べに対して鬼束ちひろ容疑者は、「通行人に嫌味を言われ、パニックになって蹴ってしまった」「自分が一番悪いというのは分かっているが、私に嫌味を言った男は許せない」などと供述したといいます。

TBS系の『JNN』の取材によれば、鬼束ちひろ容疑者は通行人から「友人の具合が悪いにも関わらずパチンコを打っていた」などと揶揄されたとみられるそうです。

なお、鬼束ちひろ容疑者は犯行時に泥酔状態にあったとの目撃証言もありましたが、実際には犯行時に飲酒していなかったほか、薬物検査の結果は「陰性」で、体内から違法薬物の成分などは検出されなかったとのことです。

『東京スポーツ』(東スポ)が鬼束ちひろ容疑者を知る関係者に話を聞いたところ、鬼束容疑者は昔から“蹴り癖”があったことを明かし、「昔から何かしゃくに障ると、そのへんにあるものをやたらめったら蹴っていました。蹴る対象のものは何でもよくて、それこそ“蹴り癖”とでも言っていいようなもの。だから、今回の報道を聞いた時には、キレた時にたまたま近くにあったのが救急車だったのだろうなと思いました」と語ったとしています。

鬼束ちひろ容疑者が通称“鬼束キック”を繰り出すのは精神面の問題があるとし、「薬物検査をしたと報じられていますが、薬物使用の話は聞いたことがないし、やってないと思う。鬼束さん本人も言っているように、精神的にもろい面もあるし、独特の世界というか、ちょっと我々が持ち合わせていないような感覚を持っている。なのでキレるところもわからない時がある」と明かしたとのことです。

これらの報道を受けてネット上では、

  • まだ通行人を蹴らなかっただけマシだったと言えなくはない。車のボディがへこむほどの力で人を蹴ってたら殺人未遂かもよ。
  • パチンコを打ってたことを揶揄されたからといって、普通は関係のない救急車を蹴る行為には及ばない。今回はさすがにまわりのメンタルサポートが必要だろう。
  • 動機(気持ち)は解ったが、それでもダメだな。あまりにも短絡過ぎる、あまりにも幼稚過ぎる。ドン引きだよ。
  • 薬物検査の結果が陰性だったのは良かった。でも、そうなるとシラフでやったって事なんだよね?それはそれで怖いな。
    もし、何かの病気とかなら所属事務所とか身近な人がサポートしてあげられるといいな。
  • 罰金だけで済みそうだけど当分は自粛かな。その間に蹴りグセもなおさないとまた色々イジられると思う。
    週刊誌にマークされるだろうし当分はパチンコにも行かない方が良いかも。
  • 薬物はシロだったんだね。飲酒もしてなかったようだし、精神的に不安定なのかね。
    過去にはDV彼氏の件もあったし、デビュー当初は清楚な雰囲気で売り出そうとされたのが辛かったみたいな事を以前テレビで言っていたので、抱えているものが色々あるのかも。
    器物損壊はしっかり償って、ちゃんとした人として立ち直ってほしい

などの声が上がっています。

鬼束ちひろ容疑者の犯行動機は、見ず知らずの他人に「友人の具合が悪いにも関わらずパチンコを打っていた」などと揶揄され、それにブチギレ激怒して救急車に鬼束キックをかましたとのことですが、逮捕された28日時点で、ネット上でもそういった噂が流れていました。

掲示板『5ちゃんねる』やツイッターなどで出回っていた情報は、鬼束ちひろ容疑者の友人女性がパチンコの演出による強い光などが原因で痙攣(けいれん)を引き起こし、気絶したことで店側が救急車を呼んだところ、60代くらいの客から大声で、「お前なぁ、ギャンブル中毒者なんて助けるな!!救急車を呼ぶのに税金が何万かかるか知ってるのか!!生きるか死ぬかなんてギャンブルと一緒で運だろ!!そのまま野垂れ死させろ!」などと暴言を吐かれ、鬼束容疑者は泣き叫びながら救急車を蹴ったというものです。

こうした情報がネット上で拡散されていたことにより、鬼束ちひろ容疑者に対しては同情の声も多く上がっていたのですが、友人を助けるために駆け付けた救急車を蹴るというのは完全アウトで、擁護は出来ないですね。

鬼束ちひろ容疑者は過去に出版した自伝本でも、マネージャーの車のフロントガラスを素足で蹴破ったというエピソードを明かしているのですが、今回の事件を機にモノを蹴るといった行為はしないように改めていってほしいものです。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3829556/
  • https://weekly-jitsuwa.jp/archives/40392
  • https://www.fnn.jp/articles/-/277555
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3830072/
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111300000348.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjcyODI5NDI2

    歌手としては優れているが、私生活では、ただのメンヘラだな。
    「蹴り癖」ってどんな癖だよ。まともな人間が持つ癖じゃねーだろ。

  2. 2
    匿名
    ID:ODI4OTE2MTMy

    心壊れて病気になって処方箋飲んでたりしたらハイになったり落ち込んだりするよね

  3. 3
    匿名
    ID:MjExNTYxODM5

    正直言って、どちらも悪いと思う。
    ただ、嫌味を言った相手の方が最低と言いたい!
    ちひろも罪だけは償ってね(^ε^)-☆Chu!!

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!