高畑裕太が芸能活動再開で物議。舞台チケット売れず苦戦? 強姦致傷事件でイメージ最悪、ネットではバッシングの嵐で…

高畑裕太

2016年8月に起こした強姦致傷事件で逮捕(後に不起訴処分)され、芸能活動を休止していた俳優・高畑裕太さん(たかはた・ゆうた 25歳)が、16日から東京・下北沢の小劇場で上演の舞台『さよなら西湖クン』に出演し、3年ぶりに俳優活動を再開させることで注目を集めています。

<↓の画像は、高畑裕太さん出演舞台『さよなら西湖クン』の写真>
高畑裕太出演舞台『さよなら西湖クン』

しかし、舞台のチケットがあまり売れていないことから、高畑裕太さんも自らチラシ配りをするなど営業活動をしていると『東京スポーツ』(東スポ)が報じています。

高畑裕太さんの復帰作となる舞台『さよなら西湖クン』は、活動休止前まで所属していた芸能事務所『石井光三オフィス』に所属する和田憲明さんが演出を手掛けており、高畑さんの復帰を報じた週刊誌『週刊女性』によれば、かつてチーフマネージャーを務めていた石井久美社長のバックアップを受けて復帰が決まったそうです。

また、『日刊スポーツ』によると舞台への出演は、和田憲明さんとの面談やオーディションで決まったといい、出演者6人の1人に選ばれた高畑裕太さんは現在、事務所に所属せずフリーの状態にあるものの、今後も俳優として活動していくことを目指しているとのことです。

ですが、東スポの記事で舞台関係者は、「恥ずかしながら、チケットがあんまり売れてないんですよ。高畑君も友人や知人のところを回って、舞台のチラシを配り歩いてるんですが…」と明かしており、あの事件の影響なのかは定かではないものの、チケットの売れ行きがかなり微妙なようです。

舞台『さよなら西湖クン』出演の高畑裕太さんの映像

ネット上では高畑裕太さんの俳優復帰に対して、

  • 出てこないで、性的な事件起こして復帰とか無いから。気持ち悪い
  • 釈放の時にガンくれてたな。まったく反省してない
  • さすがに強姦魔は復帰しても無理だろ。薬物事件とは訳が違う
  • まだ禊は済んでないとないと思うが。強姦罪だよね、性癖は直らないって
  • 被害者いるんだから性犯罪者の復帰はダメだろ。表舞台に出ないで裏方でもしとけよ
  • まだ25才なのか。けど、強姦致傷って、、駄目だろ。復帰して良いのか?
  • さすがに強姦魔の復帰は無理だわ。職を変えろ、一度吸った甘い蜜は忘れられないかもしれないが、こんな腫れ物使えないわ
  • 被害者がいる犯罪ってだけでもう駄目だけど、こいつの場合は母親が劇団と週刊誌使って被害者を貶めたのが最悪過ぎた。
    母親もテレビに出すの止めて欲しい
  • テレビ復帰はまず無理だな。もともと舞台女優だった母親のコネも使える舞台なら仕事があるだろうけどな
    バイト先にも舞台役者ってのがいるけど、舞台なんかじゃまず食えないみたいだけどな
  • チケットはママがぜーんぶ買ってあげたらいいじゃん
  • 新井浩文は役者としての魅力があったけど、この人は…
  • 舞台なら客入らないの当たり前だろうし勝手にすりゃいいけど、テレビに復帰したら許さんな

などと厳しいコメントが寄せられています。

高畑裕太さんの母親で女優・高畑淳子さんは、強姦致傷事件で逮捕から3日後に行った謝罪会見で、報道陣から高畑さんの芸能界復帰について聞かれると「してはいけないと思います」と答えていました。

<↓の画像は、高畑裕太さんの逮捕報道写真>
高畑裕太の逮捕報道画像

しかし、その後被害者の40代女性と示談が成立、不起訴になると高畑淳子さんは週刊誌の取材に対して、「彼は無実です!」「不起訴になった時点で、もう“潔白”じゃないですか!」「あの子の人生が台無しになったんですよ!」と主張し始めました。

さらに、高畑裕太さんの弁護人も不起訴処分になった後に、「違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております。」という異例のコメントを発表しました。

こうしたコメントや一部週刊誌報道によって、被害者女性の美人局(つつもたせ)説が再燃するなどしていたのですが、高畑裕太さんはこの事件で被害者と示談交渉を行い、示談金として約1000万円程度支払ったとも言われています。

金額は定かではないのですが、無実を主張しながらも示談金を支払った上で不起訴処分になっており、酒に酔った状態で宿泊先のホテル従業員だった女性を口説き、部屋に連れ込んだことでトラブルになってしまったのも事実であるため、俳優活動再開にあたり多くの批判を受けるのも仕方がないと思います。

高畑裕太さん自身も批判を覚悟した上で、再び表舞台に出る決意を固めたのだろうと思いますので、今後どうなるかは分からないものの、また新たな仕事を得られるよう頑張ってもらいたいですが、今もなお世間からは厳しい声が多く上がっているため、表舞台に立っての活動を継続するのはなかなか難しいでしょうね。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908150000568.html
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1511334/
  • https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20160919-00062363/
  • https://www.huffingtonpost.jp/keiko-ota/post_13165_b_11960902.html
  • https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50023
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTkyMzk2MDIx

    コイツ自身も、その母親もイカレている。どの世界でも、子どもを溺愛して公私を混同する馬鹿の存在は、害悪にしかならない。

  2. 2
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    需要ないのに。

  3. 3
    匿名
    ID:MzQwMDYxMzU0

    高畑裕太は芸能界に居場所は無い

  4. 4
    匿名
    ID:MjE3NTM0NzI=

    まぁがんばんなさい!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について