泉ピン子が橋田壽賀子の遺骨を海洋散骨発表もウソ疑惑…葬儀費用、分骨の話を関係者・財団が完全否定と週刊新潮報道

事件・事故・トラブル 噂・疑惑 訃報

泉ピン子と橋田壽賀子

女優・泉ピン子さん(本名=武本小夜 74歳)が、公私共に親交が深かった脚本家の故・橋田壽賀子さん(はしだ・すがこ 享年95)の遺骨を海洋散骨したことを報告し、コメントを発表しました。

泉ピン子さんは、昨年4月4日に亡くなった橋田壽賀子さんの最後を看取り、今年6月2日に開幕した朗読劇の記者会見を行った際には、「今月14日に橋田先生のお骨を(豪華客船)『飛鳥Ⅱ』に乗って散骨してくる」「(遺骨は)焼き場で『骨ちょうだい』ってもらって」などと語っていました。

また、週刊誌『女性セブン』の取材にも応じ、このタイミングで海洋散骨をする理由については、「本当は命日の4月4日に散骨する予定で準備をしていました。でも、船内で電気関係のトラブルがあって、運航が中止になったんです。そうしたら、ちょうど先生の命日のあたりに私が体調を崩してしまった。ママが『あなたの調子がいいときでいいのよ』と言っている気がしました。クルーズ船はママとの思い出の場所なので、乗船が楽しみです」と説明していました。

そして、泉ピン子さんは14日に『飛鳥Ⅱ』に乗船し、橋田壽賀子さんの遺骨を15日午前10時~11時にかけて海洋散骨したことを明らかにし、飛鳥に乗る前から、飛鳥に乗ってからも涙が止まりませんでした。一人で乗ったことはありません。いつも先生と一緒でした。先生は大好きな飛鳥で大好きな海に帰りました」「これで気持ちの整理がつきました。私の中での一周忌です。もう泣かないで、手紙や写真を整理する覚悟ができましたなどとコメントしています。

<↓の画像は、船内につくられた橋田壽賀子さんの祭壇>
橋田壽賀子の海洋散骨の祭壇

これに対してネット上では、「ピン子さんの言葉に泣けた」「遺志を継いで海に散骨したのは素晴らしい」などの声が上がっているのですが、16日発売の『週刊新潮』は、【渡る世間に「鬼」の如し「泉ピン子」ご乱心「橋田壽賀子の遺骨を海に」美談の裏側】と題して、泉ピン子さんの事実とは異なる言動の数々を報じており、火葬場で遺骨を分骨してもらったという話も“ウソ”だとしています。

記事では橋田壽賀子さんを知る関係者が、「ピン子さんの話は何から何まで事実と違います。なぜこんな出まかせばかり言うのか。海への散骨自体とんでもない」とし、泉ピン子さんの発言を完全否定しています。

泉ピン子さんは2日に行った会見で海洋散骨について語るだけでなく、橋田壽賀子さんの葬儀費用についても明かし、「一番安い葬儀屋に依頼し、費用は35万円だった」と語り、さらに女性セブンは「棺桶はすぐ燃やすから一番安い木製のもの」「霊柩車は普通のバン」「お経はピン子があげて戒名もなし」とも伝えていました。

しかし、関係者は全てウソだと完全否定し、海洋散骨に関しても橋田家の関係者は、昨年4月9日に遺骨は全てお墓に納骨したとし、納骨には泉ピン子さんも同行していたものの、「彼女がお骨を手に入れた可能性は無いと思います」「火葬した際、その場で分骨したのは事実です。でも、それは熱海のご自宅にお参りに来る方のことを考えて、仏壇の脇にお骨を置いておくため。その一部を親族でも無いピン子さんが受け取るなどあり得ません。この分骨も半年くらいして今治に納められ、それまでの間は壽賀子さんの4人の家政婦が見守っていたから、ピン子さんがこっそりお骨を手にすることは出来なかったはず」と語っています。

さらに、泉ピン子さんは橋田壽賀子さんが海洋散骨を希望していたかのように語っているものの、遺言書にはそのようなことは書かれておらず、橋田さん本人から散骨を望んでいると聞かされた人はいないとし、「そもそもピン子さんは壽賀子さんの遺骨を持っていません。何を撒くつもりなのか、魚の骨でも撒くつもりなのでしょうか」と、ピン子さんの発言に疑問を呈しています。

また、泉ピン子さんは橋田壽賀子さんの最後を看取り、亡くなった当日にスポーツ新聞の記者に自ら連絡し、その際に1人で看取ったかのような話をしていたそうですが、実際には10人ほどが看取ったといい、ピン子さんの話はウソばかりだと呆れている様子です。

週刊新潮は真相を確かめるため、泉ピン子さんに質問状を送付したところ、代理人弁護士から回答があったそうなのですが、その内容は「遺骨を散骨したい」「葬儀については関係者から聞いた」などと、的はずれな回答だったとしています。

さらに、橋田壽賀子さんが1992年に設立した一般社団法人『橋田文化財団』にも取材を行い、本当に泉ピン子さんは遺骨を持っているのかどうか確認したところ、「お骨を持っているかどうかは分かりませんが、財団側から差し上げたということはありません。持っているという発言が本当なら、どこで手に入れられたのかは分かりません。(中略)ただ、遺骨の移動を担当していたのは財団で、泉さんが1人でお骨を運ぶ機会は無かったはず。お骨の周りには必ずどなたかがいらしたはずで、そうした時に泉さんがお骨を抜いたという話は聞いていません」と回答し、葬儀費用が35万円だったというのも事実ではないと否定したとのことです。

このように週刊新潮は橋田壽賀子さん側の関係者に取材を行い、泉ピン子さんが事実と異なる発言をしていること、遺骨に関してもピン子さんが持っていることを把握している人はおらず、ウソの可能性があるとしています。

こうした記事が出ながらも泉ピン子さんは今回、橋田壽賀子さんの遺骨を海洋散骨したことを発表し、コメントまで出しているわけですが、週刊新潮の報道には一切触れず完全スルーしています。

遺骨の移動などを担当していた橋田文化財団も分骨を否定しており、泉ピン子さんは一体どこでいつ、どのような形で遺骨を手にしたのか、故人の遺志ではなく自らの判断で海洋散骨を選択したのか否か、こうした記事が出た以上はしっかりと説明をしてほしいですね。

ちなみに、橋田壽賀子さんは2017年に女性セブンのインタビューで、「ほんとの友達がいないから。みんなお義理です。」と語り、泉ピン子さんとの関係についても、「ピン子は全くもって仕事上のお付き合いです。もしもの時も、見送ってもらうつもりなんか全然ありません」と言い切っていました。

一方で泉ピン子さんは橋田壽賀子さんが亡くなった後、様々なメディアの取材に応じて橋田さんとの親密な関係を語り、遺品整理も行なっていることを明かし、橋田さんが生前綴った大量の日記が出てきたものの、「いろいろとグチャグチャ書かれていて、それが世に出たらマズイから燃やしたわよ。だって誰か金儲けしたい人がいたら橋田壽賀子の日記なんて売れるじゃない?でもメチャクチャ酷いことも書いてあるから燃やしたわよ」などと語っていました。

これもどこまで事実なのかどうかは不明ながら、週刊新潮によると、業界内で泉ピン子さんの悪評が知れ渡っていることもあり、近年は仕事が激減しているとし、そうしたこともあってか自ら「橋田さんのことを話しますよ」とメディアに売り込んでいたそうなのですが、故人のイメージを悪化させたり、関係者を困惑させるような言動は控えてもらいたいですね。

参照元
  • 週刊新潮 2022年6月23日号
  • https://hochi.news/articles/20220616-OHT1T51236.html
  • https://www.sanspo.com/article/20220617-ZC2YPN2YPBPTLIRQOLLCKJTUPM/
  • https://www.news-postseven.com/archives/20220610_1762073.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20170122_486182.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    生者と死者、どちらも性格の腐ったババアが絡む争いとは面白い。久々にハッピーな話題だな。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwZjo0NT

    PN子婆さんて、
    どこまで 腐ってんの?
    良いところあるの?

  3. 3
    匿名
    ID:MTc5MDE5MzY3

    あ、tbs

  4. 4
    匿名
    ID:ODI4OTA2NjEy

    TBSに撒いたの?

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!