森七菜がエージェント業務提携発表。事務所移籍騒動の裏側、ソニー・ミュージックアーティスツと契約に批判殺到…

森七菜

女優・歌手の森七菜さん(もり・なな 19歳)が24日、芸能事務所『ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)』と「エージェント業務提携」したことを正式発表しました。

『ソニー・ミュージックアーティスツ』は公式サイト上で、「この度、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツは、森七菜さんに関しましてエージェント業務提携を行う事となりました。今後とも、変わらぬご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。」と報告しています。

また、森七菜さんもコメントを発表し、「この度はファンの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。」と事務所移籍騒動を謝罪した上で、感謝の気持ちを忘れず、皆様に笑顔を届けられるよう努力してまいりますので引き続き応援頂ければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。と綴っています。

そして、森七菜さんと『ソニー・ミュージックアーティスツ』のエージェント業務提携発表を受けてネット上では、

  • 前の事務所にも感謝しなきゃ駄目だよ
  • 不義理ってこの事だね。マネージャーがかなり頑張って、色々でて来てたけど、そんな実力も無いし魅力的もわからない。
  • 母親にほぼサポートしてもらうのかわかりませんが、送り迎えや専属タレントとの処遇の差に不満を感じなければ良いですね
    満了期間を待たず1ヶ月での強行策に全く良い印象はありません
  • 色々と情報、憶測が流れているけど、世間がどう思うかだね。前の事務所とゴタゴタで自分の都合で移ったととらえられるか、事務所側のフォローが悪くて今後を考えると移籍がベストだったとみるか。
    この世界、事実がどうこうよりも世間的にどう思われるかが全てだから。
  • 契約満了まで我慢出来なかったのかな、SMAも上手く交渉して契約に引き継げなかったのかな、不義理な女優のレッテルが貼られてしまったのは残念
  • 今回の移籍問題で余りにも森七菜のイメージが悪くなったのでエージェント業務提携で落ち着いたのでしょうか。でも一度ついたイメージは簡単には変えられない。残念です。
  • 田舎の子が小さな事務所にスカウトされ仕事の幅を広げて、プライムタイムのドラマ主役までやって、応援したい気持ちだった。
    けど、いい気になってあっさり大手事務所に乗り換えるあたりがずる賢いというか、恩義も謙虚さもなく10代でずいぶん自信と傲慢さを感じる。したたかなんだろうな。
    女優さんには強さみたいなのは必要だと思うが、偉そうさを感じる傲慢さは要らないよ。見たくなくなった。
  • この子の見た目とか仕草とか苦手だから露出が少なくなっても全然良いのだけど、母親や周りの大人の思惑で悪いイメージがついてしまうのなら。ちょっと同情する。
  • 引き抜きダメという組合にSMAは加入してたから引き抜きするのはダメって記事でみたけど、エージェント契約にしたら、直接じゃないから引き抜きできるって事だよね?
    これからその組合に入っている事務所も同じように引き抜きすることができるね。しかも契約期間残っていても良いってことだよね?
    一旦エージェント契約したら何もないことになるのなら、その組合全く意味ないのでは?

などの声が上がっています。

森七菜さんは10日前の14日に、公式インスタグラムを削除するとともに、芸能事務所『アーブル(ARBRE)』の公式サイト上からプロフィール等が削除されたことによって、事務所とのトラブル疑惑や芸能界引退説なども浮上し、ファン等を騒然とさせました。

その後、各スポーツ紙は森七菜さんが『ソニー・ミュージックアーティスツ』への移籍に向けて話し合いを行っていることや、昨年12月に森七菜さん側が『アーブル』に契約解除を申し入れ、1月中旬までに関係各所には契約終了が通達されていたことを明らかにしました。

森七菜さんと『アーブル』の契約は1年以上残っていたとされ、『アーブル』との話し合いで円満に契約解除とならなかったとこで、インスタグラムやプロフィールなどが突如削除されたと推測されています。

そして、森七菜さんは『ソニー・ミュージック』から歌手デビューしていたこともあり、『ソニー・ミュージックアーティスツ』への移籍話が出ていたのですが、今回の発表では完全移籍ではなく、エージェント契約による業務提携となっています。

その経緯や理由などは一切明らかにされていませんが、週刊誌『週刊文春』によれば、『ソニー・ミュージックアーティスツ』は、タレントの引き抜き行為を禁じている業界団体『日本音楽事業者協会(音事協)』の正会員であるため、事務所に所属させるのではなく、森さんとエージェント契約を結ぶ方向で調整を進めているとしていました。

森七菜さんは2016年に芸能界入りし、活動をスタートさせてからまだ4年しか経っていませんが、これまでに複数のドラマ・映画、CMに起用され、昨年にはNHK連続テレビ小説『エール』で朝ドラデビュー、10月には『この恋あたためますか』(TBS系)で連ドラ初主演を務め、今年2月公開予定の『ライアー☓ライアー』で映画初主演を務めるなど、同年代の女優の中ではトップクラスの活躍ぶりで、“ゴリ押し”と揶揄されるほどメディア露出しています。

そうした中で突如勃発した事務所移籍騒動によって、森七菜さんのイメージは悪化してしまい、これからしばらくネット上では叩かれることになりそうですが、女優・歌手としての活動を通じて少しずつイメージを回復できるよう頑張ってほしいです。

参照元
  • https://www.sma.co.jp/s/sma/news/detail/92262
  • https://hochi.news/articles/20210124-OHT1T50154.html
  • https://friday.kodansha.co.jp/article/158326
  • https://www.sma.co.jp/s/sma/artist/581
コメントを残す