松山千春が激ヤセの理由は病気? 自律神経失調症?『NHKのど自慢』出演の姿に異変、体調不安説浮上し…画像あり

松山千春

今年もミニ・アルバムのリリースやコンサートの開催など、精力的に活動している歌手・松山千春さん(まつやま・ちはる 62歳)が、最近激ヤセしていることで体調不安説が浮上していることを週刊誌『女性セブン』が報じています。

松山千春さんは8月5日に、北海道札幌市で約30年ぶりに行われた『NHKのど自慢』(NHK 日曜12時15分)にゲストとして生出演し、自身の代表曲である『大空と大地の中で』を披露するなどしていたのですが、番組に登場した松山さんの現在の姿を見た視聴者からは、

  • ずいぶんやせて…お年を召されたなぁ
  • 音程が不安定だし、高音はキツそう。何より声量がだいぶ落ちてる
  • ベストな状態には見えない。体調悪いんじゃないか
  • ひでぇ。全然声が出てない。一体何があったのか。
  • 松山千春、高い声出てない
  • 松山千春の歌、今日一番の『納得いかない!』
  • チャンネル回したら、いやに松山千春に寄せて歌ってるなって人が歌ってた 本人だったのな

などのコメントが寄せられており、以前に比べて痩せていることや声量が落ちていることを指摘する声が上がっていました。

<↓の画像が、8月5日放送『NHKのど自慢』出演時の松山千春さんの写真>
2018年8月5日放送『NHKのど自慢』出演時の松山千春

2018年8月5日放送『NHKのど自慢in北海道札幌市』出演時の松山千春

松山千春さんは1977年にデビューして以降、様々な病気を患っており、1991年には「自律神経失調症」、2008年には全国ツアー中に体調不良を訴え、「不安定狭心症」と診断されて緊急入院し、心臓の緊急治療法「経皮的冠動脈形成術」を受けています。

元々「糖尿病」だった松山千春さんは、「糖尿病と闘うシンガーです」とネタにしていたのですが、昨年8月には「自律神経失調症」の再発を明かしたほか、今年1月には足をくじいてしびれや痛みが起こる「腓骨神経麻痺」を患い、4月には糖尿病のためのインスリンを打ったところ低血糖となり、救急搬送されるなど病気によるトラブルを頻発させています。

このように満身創痍の状態にありながらも、今年春の全国ツアーを完走させていたのですが、7月16日に開催予定だった『松山千春 ON THE RADIO in 野音』が4日前に急遽中止となりました。

中止の理由については、開催予定日は全国的に猛暑やゲリラ豪雨などが予想され、厳重な警備が呼び掛けられていたため、野外でのコンサートは危険だと判断したといった説明だったのですが、ファンらの間では「また体調が悪化したのでは」と心配する声も上がっていたといいます。

『女性セブン』の記事では松山千春さんのファンが、「一番気がかりなのは、毎年7月下旬に発表される秋のツアーの日程が8月に入っても発表されなかったこと。千春さんはデビュー以来ほぼ毎年春秋のツアーを行っていますが、こんなに発表が遅れるなんて今までなかった。深刻な理由があるんじゃないかと心配で…」と語っています。

また、芸能関係者も『NHKのど自慢』出演の裏で体調不良が囁かれていたと語り、「出演OKがなかなか出ず、ギリギリまで交渉したそうです。最近、松山さんがあまりにもやせたのもあって、“大病を患っているんじゃないか”という話も出ています」と、激ヤセした原因として病気説も囁かれているとしています。

精神科医・片田珠美さんによると、松山千春さんが再発を告白した「自律神経失調症」は、味覚や嗅覚も落ちることで食欲不振となり、やせてしまう患者も多いといい、歌手の場合には、緊張や不安を感じることによって神経のバランスが崩れてしまい、音程が分からなくなったり、高い声が出なくなったり、最悪の場合には「失声症」を発症する場合もあるといいます。

そして、『女性セブン』は松山千春さんが激ヤセした理由を確かめるため、本人に直撃取材を敢行しており、マネージャーが制止していたものの松山さんは取材に応じ、「まあ疲れたらちょっとガクッとはなるよ。でも元気ですよ。秋のツアーもまだ発表してないけど決まってる。今回は無理して沖縄まで回る。野音を中止してすまないなぁという気持ちもあるし、ラジオを聴いてくれている人たちのところに行って、自分が元気だぞっていうところを見せたいね」と、活動に意欲を見せていたとのことです。

<↓の画像が、『女性セブン』の取材に応じた松山千春さんの写真>
病気で激ヤセ疑惑の2018年8月現在の松山千春1枚目

病気で激ヤセ疑惑の2018年8月現在の松山千春2枚目

この報道に対してネット上では、

  • 病気になると目と声に出るんだよね
  • 親友のたかじんも62歳で癌になって2年後に…
  • 重病だとしてもファンには気を使って大丈夫だと言うだろう。千春はそんな人間だと思う
  • この手の疑惑の答えって必ず『元気』だよな。でもしばらくしてから『実は…』と病気を告白するパターンも多い。休めない仕事って大変だな
  • 62にしては覇気がないね 一般人の方がよっぽど元気だわ
  • 若い頃痩せてたみたいだから元に戻ったんじゃないの?
  • 松山千春、のど自慢に出るのか。若いころテレビ出るの嫌がってたのになあ。昔の傲慢さが懐かしい。丸くなったのかヒヨッタのか。なんにしろ歌唱力が落ちたのはさびしいなあ。
  • 心臓は大丈夫か 冠動脈の手術受けてるんだろ
  • のど自慢見たけど明らかに体調不良。千春さんの歌が聴けなくなるのは淋しいから用心してください。あとタバコはやめてください。またコンサート行きます!
  • 千春はサザンの桑田とほぼ同世代。あちらはライブでも、かつての声量のまま、まだまだ頑張ってる。少し養生して、また『超一流』の歌声を聴かせて欲しい。

などのコメントが寄せられています。

『女性セブン』の記事では、松山千春さんのファンの1人が秋のコンサートツアーの発表が例年よりも遅いと指摘しているのですが、8日に公式サイト上でツアーの開催が発表され、10月18日~12月25日にかけて北海道から沖縄まで全国各地でコンサートを開催するとしています。

今年は記録的な猛暑日が続いていることや、仕事の疲労などによって一時的に体調を崩していた程度であれば良いのですが、『NHKのど自慢』での姿、パフォーマンスを見ると少し心配になりますね…。

ちなみに、ちょうど1年前の昨年8月に放送されたラジオで松山千春さんは、「自律神経失調症」を再発したことについて語り、その時の状態については味覚と嗅覚が無くなり、何を食べても匂いや味が分からず、さらには歌おうとしても「どういう風に歌っているのか、口をどういうふうに開けているのか。それも分からない状況。」だと、全ての感覚が鈍っていることを明かしていました。

また、松山千春さんは1991年に「自律神経失調症」を発症して以降、これまでに何度も再発を繰り返す中で、今回が「一番の重症」だと語っていましたが、その後も精力的に音楽活動を続けています。

松山千春さんはこうした病気を持っており、現在の状態を見ると「自律神経失調症」の症状が再び悪化している可能性もあり、心配なところではあるのですが、今後も決して無理だけはせずにステージに立ってほしいと思います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について