新木優子は幸福の科学信者、大川隆法総裁の守護霊インタビューで発覚! 清水富美加に続き『コード・ブルー3』出演女優も出家?

新木優子

山下智久さん主演の月9ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-3rd season』(フジテレビ系 月曜21時)に、新メンバーとして出演している女優・モデルの新木優子さん(23)が、宗教法人『幸福の科学』の信者だったことが明らかになりました。

これは8月31日発売の週刊誌『週刊新潮』最新号が報じているもので、今年2月には、2世信者だったことが判明した女優・清水富美加さん(法名=千眼美子 22歳)が、突然出家騒動を起こしているため、新木優子さんも同様の騒動を今後起こすのではないかと不安視されているようです。

新木優子さんは、2014年からファッション誌『non-no』の専属モデルを務めているほか、ファミレス『ガスト』のCMに出演し、2015年には結婚情報誌『ゼクシィ』のゼクシィ8代目CMガールに選ばれました。

<↓の画像は、『ガスト』のCMに出演中の新木優子さんの写真>
ガストのCMに出演の新木優子

また、昨年は北川景子さん主演の『家売るオンナ』(日本テレビ系)に出演、『ラブラブエイリアン』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演し、今年も小栗旬さん主演『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』や『コード・ブルー3』(同)、『100万円の女たち』(テレビ東京系)、映画『僕らのごはんは明日で待ってる』に出演するなど、現在事務所の猛プッシュを受け仕事が激増しています。

<↓の画像は、『コード・ブルー3』に出演中の新木優子さんの写真>
コード・ブルー3出演の新木優子

そうした中、『幸福の科学』の大川隆法総裁が、著名人や歴史上の人物などの守護霊を呼び出し、自身に憑依させてインタビューを受ける「守護霊インタビュー」で、新木優子さんの守護霊を呼び出したとする動画を新たに公開し、清水富美加さんと同様に、『幸福の科学』の2世信者であることなどが明らかにされています。

<↓の画像が、『幸福の科学』の大川隆法総裁の写真>
幸福の科学・大川隆法総裁

『週刊新潮』によると、新木優子さんの守護霊に扮した大川隆法総裁は、新たに公開された守護霊インタビューで、「今の仕事で行ける所まで、女優として確立する所まで、できるだけ早い速度で行きたいと思っています。その間に幸福の科学の芸能の方が、もっと力を持って下さると有り難いなと思います」「数年、10年後には合流したいなという気持ちは持っているんですけど、今は本当にいっぱい仕事が入っていて、こなしていかなくてはいけないので大変です。」「事務所にはカミングアウトしてます。信仰して20何年なので、今すぐ役に立たないからって、どうか見捨てないで下さい。」「色んな人の義理とか仕事の関係もあって、今は苦しんでいます。もうちょっとお時間を頂ければ、何とか幸福の科学の翼で一つになれたらと思っています」といったことを2時間弱も話しているとのことです。

清水富美加さんも出家騒動を起こす前に、同様に守護霊インタビューが公開されており、間もなく書籍化もされていたのですが、新木優子さんの守護霊インタビューはまだ書籍化されていないものの、8月13日以降に『幸福の科学』の施設で視聴が可能だといいます。

この守護霊インタビューを受けて『週刊新潮』が、新木優子さんの所属事務所『スターダストプロモーション』の細野義朗社長に取材を行ったところ、「新木のほうから、信者だと打ち明けてきました。」と答え、カミングアウトした時期については、「清水富美加さんの件があった後。所属部門の責任者と新木の親御さん、本人の3者で話し合いが持たれたのです。」と明かしています。

その話し合いで新木優子さんは、「出家だとか、事務所には迷惑をかけないので仕事を続けたい」と話していたそうで、事務所側も「信教は自由なので分かりました」と応じ、話はまとまったと報告を受けているとのことです。

しかし、『幸福の科学』側の暴露については「全然知らなかったね」と話し、教団側から事前に報告などもなかったそうです。

次に『幸福の科学』側に話を聞くと、「今回は新木さんの守護霊自らが総裁のもとを訪ねてきたことから、収録に至りました。」と答え、新木優子さんの所属事務所に事前報告をしなかったことについては、「守護霊霊言は、霊的世界の実相を明らかにする宗教として公益性の高いものであり、話題の芸能人の方々もこれまで数多く公開しております。『信教の自由』『言論の自由』『表現の自由』の観点から、了承は特にとっておりません」と説明しています。

新木優子さんは事務所側との話し合いで、出家などによって事務所に迷惑をかけない、仕事を続けたいなどと話していたとのことですが、大川隆法総裁は『幸福の科学』のトップに君臨する人物であり、清水富美加さんは守護霊インタビューから間もなく出家を決意、当時所属していた『レプロエンタテインメント』を辞めるという決断を下しています。

清水富美加さんの場合は、今年1月17日に大川隆法総裁が守護霊インタビューを行い、同19日に教団の公式サイトで動画を公開、同28日に清水さんが代理人弁護士2人を伴い、担当マネージャーに「仕事を辞めて幸福の科学に出家します」と告げ、同31日には双方が弁護士を立てて協議に入り、今年5月に『幸福の科学』グループの芸能プロダクション『ARI Production』へ移籍しました。

<↓の画像は、8月に東京ドームのイベントに登場した清水富美加さんの写真>
千眼美子

新木優子さんも今後、清水富美加さんと同様に事務所を離れるという可能性があり、『幸福の科学』は若い信者を獲得するために、新木さんも広告塔に利用しようと考えているのかもしれません。

また、ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、『幸福の科学』は信者以外の芸能人もターゲットにしている様子で、スキャンダルの渦中にあるタレントを見つけると事務所関係者に、「会って話しましょう」とアプローチを仕掛けてくるという話もあるといい、弱みに付け込まれて、入信してしまうタレントが出くるかもしれないとしています。

そして、この報道に対してネット上では、

  • 新興宗教はやっぱりイメージ良くない。だから石原さとみも嫌だな
  • あちゃー!最近では、結構好きな子なのに、見る目が変わってしまう…(涙)
  • 別にどこの信者でもそれはいいんじゃ?よほどサリン撒いたとかなければ。
  • スタダがゴリ押してたけどこれで事務所も推しずらくなったな。まっ次期2作の朝ドラのヒロイン・永野芽郁をゴリ押しするだけやろうけど。
  • 他人に迷惑かけないのなら、個人の自由だと思います。迷惑かけないのならね。

などのコメントが寄せられています。

新木優子さんが『幸福の科学』の信者だったことには驚いたものの、どの宗教を信じるかは個人の自由であるため、これについては特に問題はありませんが、『幸福の科学』は清水富美加さんの出家騒動などを起こしており、世間からは良いイメージを持たれていないので、今後の仕事に影響を与えることになるかもしれません。

すでに、来年公開の映画『悪と仮面のルール』や『あのコの、トリコ。』でヒロインを演じることが決定しているのですが、影響が懸念されますね…

『幸福の科学』側は新木優子さんの守護霊インタビューを突然行った理由について、「守護霊自らが総裁のもとを訪ねてきたから」としていますが、実際には、若い信者を獲得するための話題作りの1つという可能性があり、ある程度名前が売れてきた頃に、事務所側に確認することなく信者であることを明らかにするやり方はどうなのかなと思います。

現時点では新木優子さんが出家するという話は出ておらず、今後どうなるかはまだ分かりませんが、清水富美加さんと同じように突然出家という展開になってしまうのではないかと心配になりますね…。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzY3NTg0NjE3

    若い人の宗教は全部親からのもの。
    エホバも、幸福の科学も創価学会も、会員の若い人たちはほんとうに気の毒。宗教は自由のはずなのに、親からだもんね。

    いくらきれいごといっても、現代社会ではいろんな制約がついてまわる。
    色眼鏡はじめ。

  2. 2
    匿名
    ID:MTc4Njg2NDUz

    え!信者だったの

  3. 3
    匿名
    ID:MjQwZjo3ZT

    彼氏発覚や枕のがずっといい
    宗教はどう反応したらいいかわからないから一番厄介

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について