岸部一徳が病気で緊急入院、激しい頭痛で大学病院の脳神経外科へ…弟・岸部四郎も脳内出血で倒れてダメージ、遺伝の可能性も

岸部一徳

名脇役として活躍している俳優・岸部一徳さん(きしべ・いっとく 71歳)が体調不良でダウンし、出演予定だった民放のスペシャルドラマを降板したことや、東京都内の病院に入院中であることが『スポーツニッポン』によって報じられていたのですが、24日発売の週刊誌『女性セブン』がより詳しい情報を伝えています。

記事によると、岸部一徳さんは都内の大学病院の脳神経外科に緊急入院したそうで、入院先は森光子さん、美空ひばりさん、渥美清さんなど、様々な大物芸能人や政治家たちが闘病生活を送った大学病院だといいます。

この3人が亡くなる前まで入院していた病院は「順天堂大学医学部附属順天堂医院」でした。

順天堂病院にはVIP病室もあり、そこは病棟の最上階にあり入り口には警備員が立つなど厳重に警備されており、多くの著名人たちから信頼されているとのことです。

そんな順天堂病院の脳神経外科に岸部一徳さんが緊急入院したのは16日のことだったそうです。

岸部一徳さんは5月中旬に、俳優・水谷豊さん監督の新作映画(配給・東映、来年公開予定)の撮影に参加しており、この作品のタイトルやキャストはまだ未発表で4月下旬に撮影が開始し、5月上旬に岸部さんはクランクインしたとのことです。

水谷豊さんと岸部一徳さんは人気刑事ドラマ『相棒シリーズ』(テレビ朝日系)で8年共演するなど、長い付き合いがあり、昨年公開された水谷さんの初監督映画『TAP THE LAST SHOW』にも岸部さんが出演するなどし、親交を深めており、新作映画の出演オファーも岸部さんは快諾したそうです。

<↓の画像は、水谷豊さんと岸部一徳さんのツーショット写真>
水谷豊・岸部一徳

しかし、撮影後に激しい頭痛に襲われた岸部一徳さんは、映画撮影していた兵庫・神戸から急遽東京へと戻り、かかりつけの順天堂病院で診察を受けて緊急入院することになったようです。

映画関係者によると、21日からは茨城・水戸で撮影が再開予定だったそうで、現時点で映画降板は無いという話ではあるものの今後が心配だと語っています。

60歳、70歳を超えても精力的に様々な作品に出演し、昔と大きく変わらない様子を見せていた岸部一徳さんでしたが、ドラマ関係者によると、ここ最近は体調不安が囁かれていたとのことです。

岸部一徳さんは米倉涼子さん主演の『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系)にレギュラー出演し、毎年10月期には木曜21時のドラマ枠でシリーズ放送されていたのですが、今年の放送は無く、米倉さんが主演の弁護士ドラマが放送されると『女性自身』によって報じられています。

『ドクターX』を放送しない理由については様々な憶測が飛び交っていますが、一説には岸部一徳さんの体調問題も関係しているのではないかという噂も上がっていたそうで、「ここ最近かなりやせた気がする」とも言われており、糖尿病の治療も続けている様子で体調は芳しくないようだったとしています。

芸能関係者によると、『スポーツニッポン』は民放のスペシャルドラマからの降板決定を伝えていたものの、そのドラマは秋に放送予定で撮影スケジュールの変更が行われたとのことです。

岸部一徳さんの知人によれば、入院からすでに1週間以上経つものの退院日は決まらず、娘や息子が病院に顔を出しているそうで、仕事関係者はお見舞いに訪れるのを遠慮しているようです。

ちなみに、岸部一徳さんは7年以上も前から奥さんとは別居しているとのことです。

現時点では今月いっぱい入院する予定で、入院が長引いている理由について知人は「いい機会だからと休む意味合いもあって、入院しているが大事にはいたっていない」と話しているとのことです。

しかし、岸部一徳さんは少々気になる部分があり、弟でタレント・俳優の岸部四郎さん(68)は2003年に脳内出血で倒れて緊急入院し、一時は生死の境をさまよいながら何とか一命とを取り留めたのですが、出血量が多かったことによって脳にも大きなダメージを受け、視野狭窄という後遺症が残ったことにより、右目の視野は3分の1程度になってしまいました。

<↓の画像は、6年ほど前の弟・岸部四郎さんの写真>
岸部四郎

この脳内出血は遺伝的なものも少なくない脳系の病気で、「両親もしくはきょうだいに脳出血にかかった人がいる場合、脳出血になる確率は約1.9倍」とも言われているそうです。

菅原脳神経外科クリニック・菅原道仁院長は、もし両親が高血圧や糖尿病の症状があった場合、その体質は子供に遺伝することがあるといいます。

血圧や血糖値が高い場合には、血管に大きな圧力がかかることで血管が破裂し、脳内出血や動脈硬化が進んでいる血管を塞ぐことで脳梗塞を引き起こすことも考えられるとのことで、「特に、糖尿病患者は脳梗塞を併発しやすい。だから、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などの脳血管系の病気は、親族に既往者がいると、より注意が必要です」と説明しています。

岸部さんの近親者は、「弟の四郎さんはもともと高血圧と糖尿病を抱えていたし、一徳さんにも糖尿病の気がある。兄弟はもともと脳血管系の病気のリスクが高かった」と語っています。

そして、この報道に対してネット上では、

  • 無理なさらずにゆっくりしてください。あきらさん待ってますよ!
  • 一徳さんも代わりのいない俳優さん。まだまだ活躍して欲しいな。
  • 岸部さんの演技大好きです。これからもまだ見続けたいのでどうか今はゆっくり治療、休養してまた元気な姿を見せて下さい。
  • どうかお大事になさってください。最近芸能人の訃報をよく聞くので、もう聞きたくありません。
  • 他に代役なんかいないよね。まあ、人間誰しも代役なんかいないんだけど、でもドクターXも晶さんが他の人に変わったらって思うと、いやいやそれはないでしょってなるくらい、他に代りのない役者さん。ゆっくり休んでください。それで、またメロンです請求書です、みせてください。

などのコメントが寄せられています。

岸部一徳さんの体調不良は『スポーツニッポン』だけが17、18日に報じ、体調を崩して入院したことなどを伝えていたものの、詳細が不明な部分が多くあったので現在どのような状況にあるのか、いつ頃退院出来るのかなど気になっていたのですが、脳神経外科に緊急入院したとのことで余計に心配になってしまいますね…。

現時点では入院しただけで手術をしたといった情報は無く、大事を取って少し長めに入院しているだけのことだったらいいのですが、糖尿病の気があるといい、弟の岸部四郎さんも脳内出血で突然倒れているだけに、果たして今後は大丈夫なのだろうかと思ってしまいます。

岸部一徳さんは現在も出演している作品が非常に多く、国内の映画やドラマには欠かせない名俳優の1人ですし、独特の雰囲気や喋り方で代わりを演じられる方はいないので、無理だけはしないでほしいです。

6月から現在ストップさせている撮影に戻る予定とも言われていますが、何よりもまずは体調を整えることを優先してもらいたいなと思います。

参照元
  • http://www.news-postseven.com/archives/20180523_680725.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/16/kiji/20180517s00041000091000c.html
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/18/kiji/20180517s00041000343000c.html
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzA2Nzg4

    どうぞお大事にしてください。
    ゆっくり休養してください。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について