宇多田ヒカルのいとこ・かなでっち!歌手デビューが物議。藤圭子の兄・藤三郎と親子共演。過去にトラブルで複雑な声も

事件・事故・トラブル 音楽
  • 4

宇多田ヒカル

歌手・宇多田ヒカルさん(本名=宇多田光 39歳)の従姉妹(いとこ)が、「かなでっち!」の名で歌手デビューすることが明らかとなり、ネット上では様々な声が上がっています。

かなでっち!さんは、今年2月に51年ぶりに再デビューした演歌歌手・藤三郎さん(72)の長女で、三郎さんが24日にリリースするシングル『我が人生いかされて』のカップリング曲『私を忘れないで』で歌唱を担当しています。

<↓の画像が、藤三郎さんと長女・かなでっち!さんの写真>
藤圭子の兄・藤三郎&宇多田ヒカルのいとこ・かなでっち!

『中日スポーツ』によると、かなでっち!さんはアマチュアながらも、カラオケアプリ『ポケカラ』でポップスを中心に歌声を毎日配信しているといい、過去にコンテストで優勝経験もある実力の持ち主とのことです。

親子共演による歌手デビューは藤三郎さんが勧めたといい、中日スポーツの取材に対して、「昨年の秋、娘が来て『私の歌を聴いてよ』って森昌子さんの『哀しみ本線日本海』など数曲を歌った。その時、うまくなったなあ。彼女の歌で出したいなと思った」としています。

また、「『私を忘れないで』は娘の声質に合わせ、声を張り上げないでも魅力が伝わるメロディーに作曲した。娘とCDとが出せて幸せです」と喜びを明かしています。

かなでっち!さんは、2013年8月22日に急死した叔母で歌手・藤圭子さん(享年62)について、「普段の叔母は(テレビなどで)歌っている時とは違い、もう少し明るいイメージが強い」「叔母が(生きていて)今の年齢ならどんな風に歌うのか聴きたかった」などと語っています。

<↓の画像は、宇多田ヒカルさんの母親・藤圭子さんの写真>
宇多田ヒカルの母親・藤圭子

そして、藤圭子さんの姪、宇多田ヒカルさんのいとこにあたるかなでっち!さんが、藤三郎さんとの親子共演で歌手デビューすることに対しネット上では、

  • 一族みんな歌上手いんだなあ~
  • なんとなく宇多田って自分の両親以外親戚とかいないイメージだった
  • 若いのかと思ったけど若そうでもないよね
  • 藤圭子さんと顔の系統が同じだね
  • 宇多田ヒカルの名前出すのやめてあげて欲しい
  • 人となりとか歌声とか全く知らないけど、年齢非公表で名前がかなでっち!というのが、どうにもイロモノ感強くて積極的に聴きにいけない
  • うーん、この兄って藤圭子さんのお葬式の時揉めてなかったっけ。。
  • 宇多田ヒカルのお母さんを金ズルにしてた伯父さんの印象が強すぎて嫌いだな
  • 以前あれだけ揉めていてよく親戚と名乗れるな。宇多田ファンとしてはマイナスイメージしかなく残念

などの声が上がっています。

中日スポーツは、【宇多田ヒカルのいとこが演歌デビュー 藤圭子さんの兄・三郎の長女・かなでっち! 歌ウマ一族から新たに新星誕生】と題して、かなでっち!さんの歌手デビューを報じ、宇多田ヒカルさんのファン等の間でも話題になっていますが、藤圭子さんや宇多田さんの名前を利用して売り出すのはやめて欲しいとの声も少なくありません。

その背景には過去のトラブルがあり、藤圭子さんが亡くなった後に藤三郎さんは週刊誌『週刊文春』など様々なメディアの取材に応じ、宇多田ヒカルさんの父親で音楽プロデューサー・宇多田照實さん(うただ・てるざね 74歳)の意向で、遺体と面会できなかったことなどを明かし、「宇多田君はこれまでも圭子と家族を切り離し、会わせないようにしてきました。圭子が死んでもなお、同じことを続けるのかと絶望的な気持ちになりました」「これだけはハッキリ申し上げたい。宇多田君によって私達の家族はバラバラにされた」「このままでは圭子が成仏できません」などと、不満をぶち撒けていました。

藤三郎さんはその後も、藤圭子さんの後援者が開いたお別れ会に出席した後に報道陣の取材に応じ、宇多田ヒカルさん名義で「散骨の報告の手紙が届いたが、ワープロで書かれていて誰が書いたか分からない」と語ったほか、「照實氏の弁護士から警告文が届いた」と明かしていました。

藤圭子さんが亡くなった後にこうしたトラブルが発生し、宇多田ヒカルさんは当時自身のツイッター上で、身内の者が世間をお騒がせしております。お恥ずかしい限りです。度々小遣い稼ぎに利用され傷ついた母が長年絶縁していた相手とはいえ、身内を悪くは言いたくないのでこれまで静観していました。彼が本当に母のためを思うならば公の場で醜態をさらさずに私に直接訴えればよいことです。テレビや雑誌に出る度にギャラをもらっている人の発言・動機を鵜呑みにするような人達にどう思われようが構いませんが、汚い嘘に傷つき追いつめられる父を見て黙っていてはいけないと思いました。などとツイートし、藤三郎さんに対する怒りをあらわにしていました。

<↓の画像は、宇多田ヒカルさんのツイート写真>
宇多田ヒカルが藤圭子の兄・藤三郎に激怒ツイート

藤圭子さんが亡くなってから今年で早9年となり、1970年にレコードデビューするも翌年には引退した藤三郎さんが再デビューを果たし、「圭子は今も夢に出てくる。生きていればこの曲を聴かせて話もできたろうに…」などと語っていました。

それに続いてかなでっち!さんも歌手デビューし、「宇多田ヒカルのいとこ」ということで注目を集めているものの、過去のトラブルを知っている宇多田ヒカルさんのファン等からは複雑な声が上がっています。

親子共演でCDデビューを果たし、これから本格的に歌手活動を行っていくのかどうかは不明ですが、宇多田ヒカルさんの名前を利用し続けることなく、実力で人気を得られるよう頑張ってほしいですね。

参照元
  • https://www.chunichi.co.jp/article/525064
  • https://www.asagei.com/excerpt/16682
  • https://www.j-cast.com/tv/2013/08/29182511.html
  • https://npn.co.jp/article/detail/56845206/
  • https://www.news-postseven.com/archives/20140828_273622.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4Njk0MTE0

    結局ネームバリュー高い名前借りないと注目されない程度なのかな…
    ヒカルさんは迷惑なんだろうね…

  2. 2
    匿名
    ID:MTk4OTkwMTkw

    財産騒動を起こして 宇多田ヒカル家族を苦しめた人の娘でしょう?
    なんか 応援したい気持ちにはなれない。
    申し訳ないけれど。

  3. 3
    ツッコミクイーン
    ID:MjA1NTIzNzcx

    宇多田ヒカルさん、いとこのデビューの件でBADモードだそうです。

  4. 4
    匿名
    ID:MTk4OTkwMTkw

    どこまで
    ズーズーしい親族!

    信じられんな!

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!