原日出子が夫・渡辺裕之の葬儀終えコメント。自律神経失調症で薬物治療、心の病気で精神不安定が続き…

事件・事故・トラブル 訃報
  • 2

原日出子と渡辺裕之

5月3日に自宅で急死した俳優・渡辺裕之さん(享年66)の葬儀・告別式が10日に営まれ、妻で女優・原日出子さん(本名=渡辺法子 62歳)が所属事務所を通じてコメントを発表し、渡辺さんが「自律神経失調症」を患っていたことなどを明かしています。

10日に葬儀と火葬を終えたことを報告した上で、「急すぎる別れから一週間、とても心の整理も出来ませんし、語る言葉も見つかりません。『何故…』は、きっと誰にもわからないと思います。」と、現在の心境を明かしています。

続けて、「コロナの最初の自粛の頃から、人一倍家族思いで心配性な夫は、先行きの不安を口に出すようになり、考え込むことが多くなりました。何事にもストイックで、一生懸命で、手を抜くことをしない人でした。『眠れない』と体調の変化を訴えるようになり、自律神経失調症と診断され、一時はお薬を服用していましたが、またお仕事が忙しくなって、元気を取り戻したようでもありました。しかし、少しずつじわじわと、心の病は夫を蝕み、大きな不安から抜け出せなくなりました。医師にも相談し、希望の持てる治療を始めた矢先の、突然の出来事でした。と、心の病気によって精神状態が不安定だったこと、薬も服用するなど医師の治療を受けていたことを初告白しています。

そして、亡くなる前日は、自身のゴルフ番組の収録に向けた準備をするなど元気に動き回り、そうした姿を見て家族も安堵していたそうです。

しかし、その翌日に自ら命を絶ってしまい、「この数ヶ月、私も、家族も懸命に向き合った毎日でした。でも、今は何を思っても、言い訳になってしまいそうで、後悔を数えたらきりがありません。渡辺にも、彼を大好きだった方達にも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は全ての苦しみから解放され、自由になれたのだろうと信じたいです。渡辺は、信じられないほど綺麗で、安らかな顔で旅立ちました。それだけが、私たちの救いです。これまで渡辺を応援し、支えてくださった皆様に、心から感謝申し上げます。」と綴っています。

そして、原日出子さんのコメントを受けてネット上では、

  • 本当に切ない
  • 結局そういう事だったのか・・・キツイな
  • 更年期の鬱だったんだね
  • 突然スイッチ入るの怖いな 他人事じゃない
  • 落ち込んでた人が突然動き出すと危険信号なのよね 死ぬ気力も出てくるから
  • 鬱病とかは、どん底の時には自殺さえする気力が無くなる ちょっと回復して元気になった頃が危ないというよね
  • こんなコメント出せるなんてすごい人だ でもあまり無理せず自分を労ってほしい
  • 自分を責めずに、平穏な日が訪れて欲しいと願わずにはいられない
  • ご家族も、そして渡辺さん自身も、懸命の日々だったと察します。
    奥さまのコメントにあるように、渡辺さんを取りまく世界が、苦しみのない穏やかなものでありますように。。。

などの声が上がっています。

渡辺裕之さんが亡くなる前に、精神状態が不安定だったとの話は複数の週刊誌が伝えており、『女性セブン』の記事ではテレビ局関係者が、「話が支離滅裂になることがありました。個人事務所の経営者として資金繰りに悩んでいたようで、『誰それに金を取られた』『俺は狙われている』と口にすることもあったのです。これには原さんも困惑して、病院に行くことも考えていたようです。」と証言していました。

『週刊女性』の記事でもテレビ局スタッフが、「最近はよく独り言をつぶやくようになって、『やってらんねぇよ』とか『もう死にたい』とか、酷い時は『このままだと殺される』とかって……。完全に被害妄想なんですけど。撮影現場で『誰か俺のお金取っただろ!』と大騒ぎしたこともありました」と語っています。

また、亡くなる数日前に渡辺裕之さんの姿を目撃した近隣住民は、「自宅の近くで、うつろな目で道端に座り込んでいたり、立ち止まっていたり。今まではそんな姿は見なかったので、様子がおかしいなと思ってました」と明かしています。

『週刊文春』も同様に、ある撮影現場で渡辺裕之さんが「財布からカードを盗まれた!」「カネを取られた」などと言い出したり、4月にはドラマの撮影現場で急に怒鳴ることがあったといい、周囲からはうつ病を懸念する声が上がっていたとのことです。

これらの情報はどこまで事実なのかは不明ながら、渡辺裕之さんが患っていたという「自律神経失調症」は、不安、記憶力・集中力の低下、感情の起伏が激しくなるなどの精神症状がみられます。

この病気は、人間関係や仕事のプレッシャーによるストレス、過労、不規則な生活などが原因で発症します。

渡辺裕之さんは昨年5月放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演した際に、コロナ禍で仕事が減ったことで「本当に落ち込んでいました」と明かしていました。

週刊文春によると、渡辺裕之さんは今年も複数のドラマや映画に出演していたものの、あくまでも主演の脇を固める役に起用されていたため、ドラマ1本の出演料は10万円前後だったといいます。

渡辺裕之さんは個人事務所の代表でもあり、将来に対して様々な不安を抱え、責任感も強かったとのことから自分を追い詰めてしまったのかもしれませんが、治療などによって少しずつ気持ちが前向きになっていた可能性もあっただけに、こうした最期を迎えてしまったのは残念でなりません。

そして、最愛の夫を亡くして大きなショックを受けているはずの原日出子さんは今日まで気丈に振る舞い、事務所を通じてコメントまで出しましたが、渡辺裕之さんの死を受けて自身のことを責めることなく、これから無理をせずしばらくゆっくりと休んでもらいたいです。

参照元
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2094835/
  • https://www.fnn.jp/articles/-/357572
  • https://www.jprime.jp/articles/-/23894
  • https://bunshun.jp/denshiban/articles/b3047
  • https://doctorsfile.jp/medication/127/
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc5MDE5Mzgz

    往年の二枚目俳優になにが

  2. 2
    匿名
    ID:MTAxNTk0NzEy

    結局薬でも癒せなかったかな・・・心の病気は、自分にしかわからないもんね。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!