マキタスポーツらFA宣言『オフィス北野』退社し独立・事務所移籍検討、理由は社員の減少…ビートたけしや森昌行社長に相談

マキタスポーツ

ビートたけしさん(71)の独立騒動などがあった芸能事務所『オフィス北野』に所属し、芸人・ミュージシャン、俳優と幅広いジャンルで活動しているマキタスポーツさん(本名=槙田雄司 48歳)らが、事務所からの独立もしくは移籍などを視野に入れた「FA(フリーエージェント)宣言」することを23日深夜放送のラジオ番組で発表しました。

野球など様々なスポーツで使用される「FA(フリーエージェント)宣言」というのは、他へ移籍することを目的に契約交渉の権利を行使するというもので、23日深夜放送のラジオ番組『東京ポッド許可局』(TBSラジオ 月曜24時)でパーソナリティーを務めているマキタスポーツさん、お笑いタレント・コラムニストのプチ鹿島さん(本名=鹿島智広 47歳)、お笑いコンビ『米粒写経』のツッコミ担当・サンキュータツオさん(本名=安部達雄 41歳)の3人が、FA宣言を発表しました。

<↓の画像が、『東京ポッド許可局』でFA宣言した3人の写真>
東京ポッド許可局のサンキュータツオ、マキタスポーツ、プチ鹿島
(左からサンキュータツオさん、マキタスポーツさん、プチ鹿島さん)

番組では、これまで10年以上活動を共にしている3人が「オフィス北野を退所することに決めました」と発表し、それぞれ様々な分野で活躍している3人は退所を決意した大きな理由について、ビートたけしさんの独立によって『オフィス北野』が規模縮小を図り、「マネージャーがいなくなったことで、仕事のスケジュール管理や新たなオファーへの対応に苦慮しているため」と説明しています。

『オフィス北野』は4月20日付で全従業員33人を一旦退社させ、そこから残留を希望する従業員を再雇用したのですが、残ったのは森昌行社長(65)を含めて約10人となっており、それに対してタレントや俳優の人数は80人近くもいることから、たけし軍団のガダルカナル・タカさんは「社長も入れるとマネジャーは5人。圧倒的に足りない」と語っています。

また、浅草キッド・水道橋博士は自身のツイッター上で、「【急募】水道橋博士の私的マネージャー&運転手、付き人を募集しています。芸人志望、弟子志願もOKですが、有給の就職口と考えてもらっても良いです」とツイートするなど、自ら募集をかけています。

ビートたけしさん独立による影響が所属タレントたちに及んでいる状況にあり、今後の仕事のクオリティが下がることを懸念したマキタスポーツさん、プチ鹿島さん、サンキュータツオさんはFA宣言することで他事務所との契約交渉を解禁したそうです。

プチ鹿島さんは今回のFA宣言について、「自分たちの希望で始まった訳じゃないので、色んな選択肢をさらしていくしかない。僕が考えているのはオフィス北野も含めた、僕らに興味のある事務所さんに手を挙げていただいたところも含め、もしくはお話をしていただきたい。もし、オフィス北野が一人ひとりにマネージャーを付けるということになれば、残留でもいいわけで…。3組セットで移籍、もしくは3組がバラバラでオファーが来たところに所属するのか、もしくは新しい会社を立ち上げるかも含めて考えたい」と語っています。

なお、今回のFA宣言は事前にビートたけしさんや森昌行社長には伝えており、たけしさんからは「芸人は死ぬまで芸人だからよ。オレなんかは何度も死にかけたけど…大変だろうけど、そのうち困ったことがあったら相談に来い」「こっちの態勢が整って、お前らがもしヤバいってことになったら、全然来ていいからさ」などの言葉をもらったそうです。

<↓の画像は、森昌行社長とビートたけしさんの写真>
ビートたけし&森昌行社長

ちなみに、FA宣言したマキタスポーツさんは俳優としても大活躍中で、昨年放送のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』などに出演し、プチ鹿島さんは現在、週にラジオ番組4本、テレビ番組2本、ネット番組1本、原稿は月15本持ち、『米粒写経』の2人もそれぞれCS番組のMCを務めたり、『広辞苑 第7版』に執筆に関わるなど、お笑いの仕事以外でも活躍しています。

『オフィス北野』では3月15日にタレントたちを集め説明会を行ったそうで、今後社員が減る中でタレントのマネジメントはどうなるのか森昌行社長に質問したところ、申し訳なさそうに「もちろん、自分で負担していただくことになります。移籍を考える方は、事務所がバックアップします」と話していたといい、この言葉を受けて事務所を離れることを視野に、FA宣言することを考えたそうで、「情の問題ではなくて、実際問題として、マネージャーさんがいないと今の仕事量を維持できないというところが大きかった」とプチ鹿島さんが明かしています。

また、移籍や独立などを含めたFA宣言の期間については、「オフィス北野の経理も徐々にやめていくはずなので、経理が機能しているうちっていうところで、この1~2ヶ月くらいをめどに考えています」とサンキュータツオさんは語っており、ひとまずの期限は5月末で、サンキュータツオさんの相方・居島一平さん(おりしま・いっぺい 43歳)も『オフィス北野』から退社予定としています。

このようなFA宣言に対してネット上では、

  • マキタスポーツなら独立しても十分やっていけると思う。FAって言ってる位だから独立も円満に出来そうだし。
  • マキタスポーツ=芸人☓俳優☓音楽家☓食、プチ鹿島=芸人☓時事☓プロレス☓ラップ、サンキュータツオ=芸人☓大学教授☓広辞苑執筆☓アニメ漫画。今思うとめちゃめちゃ多彩な人たちがよく番組を続けてくれたと思う。FA宣言も相当斬新だと思うけど、このご時世だから風穴をあけてくれるんじゃないかとわくわくします。がんばれ!
  • たけし軍団中心の事務所に居たら勿体ない。他の事務所も喜んで受け入れてくれると思う。頑張って欲しいな。
  • 社員が仕事をしてなかったら、少なくなっても問題はないはずだけどね。困る人がいるってことは、少なからずやってないではなかったんだな。
  • オフィス北野の中でも売れている。この三人は普通にたけし軍団より売れているから、経営に影響及ぼすと思う
  • マキタスポーツ、俳優として好き。オフィス北野は芸人を売って行くには、もう手詰まりで、未来はナイので独立してヨカッタ。もう俳優さんは、事務所移籍した方がいいでしょ。

などのコメントが寄せられています。

週刊誌『フラッシュ』が報じていた記事によれば、『オフィス北野』の中で稼ぎ頭と目されているのは俳優として活躍しているマキタスポーツさんと寺島進さんの2人でした。

寺島進さんは残留を明言しているとフリーの宮根誠司アナウンサーが『情報ライブ ミヤネ屋』で明かしており、電話で話をしたところ寺島さんは、「たけしさんが好きで事務所に入れてもらった。面談をしてくれたのは森さん。たけしさんとの関係は変わらないけど、森さんにも恩義がある。事務所に残って微力ながら、もり立てていけるよう頑張る」と語っていたとのことでした。

<↓の画像は、『オフィス北野』残留を明言していたという寺島進さんの写真>
寺島進

このようにして寺島進さんは残る一方で、もう1人の稼ぎ頭だったマキタスポーツさんが『オフィス北野』を離れることを視野にFA宣言し、事務所側にとっては相当大きなダメージだとは思うのですが、これから事務所を立て直していくという状態で、従業員も3分の1となってマネジメントにも影響が及んでいるとのことから、事務所の中で比較的多くの仕事を抱えている3人が離れるのも当然かもしれないですね。

マキタスポーツさんは特に2010年代に入って以降、数多くのドラマ・映画に出演し大活躍しているため、名のしれた芸能事務所が獲得に向けて名乗りを上げるのではないかと思いますし、プチ鹿島さんやサンキュータツオさんらもそれぞれの得意分野を生かして活躍している方なので、3人一緒の移籍になるかどうかは分かりませんが、様々な事務所から声が掛かりそうな気がします。

しかし、現時点ではまだどうなるかは分からないのですが、良い条件で移籍し、今後さらにそれぞれが活躍する姿を見せてほしいなと思いますね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について