ピエール瀧の懲役、執行猶予付きの有罪判決。ファン等に謝罪や感謝の言葉、薬物依存からの脱却を誓う

ピエール瀧

コカイン使用の罪で逮捕された電気グルーヴ・ピエール瀧被告(本名=瀧正則 52歳)の判決公判が18日に行われ、懲役1年6ヶ月・執行猶予3年(検察の求刑懲役1年6ヶ月)の有罪判決が下されました。

判決理由について裁判官は、「違法薬物に対する親和性が表れた常習的な犯行で、安易に違法薬物に頼ったとの法的非難は免れず、同情の余地はない」とし、執行猶予付きとした理由は、「主治医の指導に従って治療を受け、違法薬物を絶つと誓約している」「自業自得だが事務所を解雇され、事務所を解雇され、通常の被告にはない不利益を負うと見込まれるなどと述べていました。

また、判決内容を述べる中で裁判官は、「芸能界のことはよく分かりませんが、薬物を使用していない方が、さらにパフォーマンスが上がるということを世の中の人に見せてほしい」とも語っていました。

そして、有罪判決を受けたピエール瀧被告はコメントを発表しており、以下が全文となります。

皆様へ

今回の件では、自分を信じてくださった多くの皆様、関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。大変申し訳ございませんでした。

また、こんな自分でありながらも、励ましや応援の言薬を表明してくださった多くの皆蔡には心より感謝しております。本当にありがとうございました。

二度とこのような事を起こさないよう戒めてまいります。

令和元年6月18日

ピエール瀧

起訴状によると、ピエール瀧被告は3月12日ごろに東京都内にある自宅とは別のマンションで、若干量のコカインを吸引したとされており、5日に行われた初公判でピエール瀧被告は起訴内容を認めていました。

ピエール瀧被告は20代から大麻やコカインなどの違法薬物に手を出した理由について、「ストレス解消の手段は他にあると思うが、自分の心の甘さがあった。ストレスとは心にたまる澱(おり)のようなもの。近年は役者の仕事をするようになり、時間的、精神的に私生活を圧迫していた」などと話していました。

また、取り調べで入手ルートなどを明かした理由については、「使っている時から、違法だということは分かっていて、いつかはやめなきゃいけないと思っていた。逮捕をきっかけに、そういう世界から足を洗おう、やめようと思って、そのためには全てを正直に話すことが必須だと思った」と説明した上で、「2度と薬物に手を出さないと誓います」と薬物依存からの脱却を宣言していました。

ピエール瀧被告は今後も相方の石野卓球さんと音楽活動をしていくことに意欲を見せており、引き続き薬物依存の治療を半年ほど続け、音楽活動を再開するとみられています。

スポーツ紙の報道によると、執行猶予期間中は特に活動の制限などは設けられないものの、現実的には表立った活動は難しいとし、執行猶予が明ける3年後に向け、準備を進めながらの生活になるのではないかとのことです。

判決公判後にメディアの取材に応じた担当弁護士は今後について、薬物利用プログラムが全25回中19回残っていることを明かし、引き続き週1回のペースで通院治療を行っていくといい、芸能活動は現時点で白紙だと話していました。

なお、ピエール瀧被告にコカインを譲り渡していた20年来の友人で、通訳業の田坂真樹被告の初公判は25日に開かれます。

そして、ピエール瀧被告の有罪判決を受けてネット上では、

  • 何十年も薬物やろうが初犯は執行猶予つくシステムやめて欲しい
  • 実刑の方が本人の為だったと思います。またやらかしますよ
  • 更生して欲しいが、20年もやってりゃ無理だと思う!実刑プラス、10年程度の保護観察必要では?
  • 今後の芸能活動は厳しいと思うんやけど、必ず更正して欲しいで
  • 3年の執行猶予付きで1年6か月。神妙な印象だったし妥当かな。復帰して活動してほしい。
  • 薬物依存が再発しないことを望む。再犯率の高いときいているので、この3年間が大事だと思う。
  • 使用期間が長いから治療期間も長くかかると思います、しっかり薬を抜いて一からやり直ししてほしい
  • まぁ妥当な線だろうな。終始ベタオリしてたし。捕まるまでの活躍が派手だった分、タレント・俳優としては実質再起不能だろうなぁ。
    卓球もあんな調子だから電気としては活動可かもだけど、それでもすぐってのはムリだし。その間腐るか腐らないかがまず分岐点。

などのコメントが寄せられています。

ピエール瀧被告は20代のころから薬物を使用してきた薬物依存者ではあるのですが、初公判に情状証人として出廷した担当の精神科医は、「軽症と認識しています。精神科医師の中で用いられる米国の基準がありますが、瀧さんが該当したのは11項目中1項目でした。以前に比べて薬物の使用量が増えたという項目です」と明かし、依存度は低く薬物をやめられる可能性が高いとしていました。

警視庁発表のデータによると、薬物事件を起こした逮捕者のうち再犯者率は60%以上、年齢別で見ると40代が70%前後、50代以上で80%前後と再犯率がかなり高く、ピエール瀧被告も例外ではありません。

これから半年は引き続き病院に通い、薬物依存脱却のための治療を続けるそうですが、結局は本人の強い意志が重要となってくるので、一連の騒動で大きな迷惑をかけ、悲しませた奥さんや中学生の娘、親友の石野卓球さん、ファンや様々な仕事関係者の存在を忘れることなく、2度と違法薬物に手を出さない生活を維持しながら、今後またミュージシャン、俳優、タレントなどとして、いつかまた活躍する姿を見せてほしいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について