テレビ朝日女性社員の転落事故の真相を文春報道。報道ステーションのスタッフも参加、トラブル疑惑も事件性無しは事実か

事件・事故・トラブル 噂・疑惑
  • 1

報道ステーション

テレビ朝日スポーツ局の社員ら10名が、東京五輪・閉会式後にカラオケ店などで打ち上げを行い、参加した女性社員1名がビルから転落し大ケガを負った問題で、このトラブルの全内幕を週刊誌『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』が報じています。

テレビ朝日の発表によれば、宴会に参加していたのは東京五輪関連番組のスタッフ10名で、内訳はスポーツ局所属の社員6名、社外スタッフ4名で、東京・渋谷のカラオケ店の個室で9日未明まで宴会を行い、9日午前4時ごろに女性社員が1人で退店しようとしたところ、誤ってビルの2階から転落して左足骨折の重傷を負い、現在も入院中とされています。

『文春オンライン』によれば、この宴会には『報道ステーション』のスポーツコーナーを担当するスタッフも参加していたこと、東京五輪の閉会式がスタートしたと同時に宴会が開催され、約9時間にもわたって宴会が行われていたことが分かったとしています。

問題の宴会は、8日20時から東京・港区内にある芸能人も訪れるオシャレな鉄板焼きレストランでスタートし、そこには若手社員3名と派遣スタッフ4名の男女が集まっていたといい、この店は緊急事態宣言下にも深夜まで営業し、お酒を提供しているそうです。

転落事故を起こした若手女性社員・A子さんは21時ごろに合流したそうで、A子さんについてテレビ朝日社員は、「A子は都内有名私立大学卒業の帰国子女。中学、高校とソフトボール部で腕をならし、大学も運動部に所属していた。会にはA子と同じ大学出身の若手社員が複数いた」と明かしています。

A子さんが合流してから約2時間半後の23時30分ごろに一行は渋谷のカラオケ店へ移動し、「カラオケパセラ渋谷店」の6階の大部屋に入り、そこで社員2名が合流したとのことです。

<↓の画像は、「カラオケパセラ渋谷店」外観写真>
カラオケパセラ渋谷店の外観画像

この宴会の参加メンバーについて前出のテレビ朝日社員は、「10名中6名の社員は、いずれも入社2年~4年の若手社員で、多くが体育会系出身。参加したある男性スタッフは過去にコロナ感染者を出した多人数での『飲酒パーティ』にも参加したことがあり、濃厚接触者として、しばらくの間出社を禁止されたこともあります。この日もテキーラなどのアルコール度数の強いお酒をたくさん飲んでいたと聞いている」と明かしています。

そして、深夜3時半ごろに泥酔状態のA子さんが帰宅の意思を示し、1人で部屋を出ると、なぜかエレベーターは使わずに非常階段で1階まで下りるも、ドアにカギがかかっていたことで2階へ移動し、窓を開けて看板やパイプの出っ張りをつたって降りようとしたところ、足を滑らせて落下したそうです。

<↓の画像は、転落事故が起きた「カラオケパセラ渋谷店」の写真>
テレビ朝日社員の転落事故現場カラオケパセラ渋谷店の画像

それから1時間後に、目撃者の通報を受けて現場に駆けつけた警察官は6階の部屋へ向かい、「いなくなった女性はいないか?」と確認するも、すでに帰宅していると思っていたスタッフは「いない」と答えたものの、不審に思った1人がA子さんに電話したところ、救急隊員から転落事故を起こしていたことを聞かされ事態を把握し、全員で警視庁渋谷警察署へ行き、約3時間にわたり事情聴取を受けて「事件性は無い」と判断されたことで午前8時半に解放されたそうです。

テレビ朝日社員はその後について、「スポーツ局のトップがA子に電話をかけ、聞き取り調査が行われました。A子はスタッフらと打ち上げをしたことを認め、謝罪した。『突き落とされたり、脅されたりはしていない』『(個室の6階から)階段で降りていったが、途中で1階まで降りられないと気付き、何かをつたって降りようとした記憶がある』などと説明したそうです。A子はかかとを骨折。手術が必要な程の重傷で、全治半年とみられている」と明かしています。

20代の女性社員がビルの2階から転落したとのことや、店側の説明によれば事件が起きた日も1階から出入りが可能だったとのことから、ネット上では様々な憶測が飛び交い、この宴会では参加者の間で何かトラブルが発生していたのではとの説も浮上していました。

『東京スポーツ』(東スポ)も、女性社員が5メートルの高さから降りようとしたことを疑問視し、記事ではテレビ局関係者が真偽不明としながら、「女性局員が何らかのトラブルに遭い、急いで帰ろうとして1階に行った。でも、そのドアが閉まっていると思い込み、中2階に上がって、その踊り場から外へ飛び降りたとの情報が流れています」と語っています。

こうした報道もあって実際は事件性があるのではないか、参加者やテレビ朝日側は重大な事実を隠蔽しているのではと疑う声も少なくなかったのですが、『文春オンライン』の報道が事実ならば発表通り単なる事故となりますね。

ちなみに、転落事故を起こしたA子さんについては、プロ野球『東北楽天ゴールデンイーグルス』の“マー君”こと田中将大投手と太いパイプを持っているとの報道もあり、ニュースサイト『サイゾーウーマン』の記事ではスポーツ紙記者がA子さんについて、「同社員は、田中将大投手と、公私にわたる関係を持っていて、局内でも一目置かれる存在だったんです。ニューヨーク・ヤンキースとの契約を終え、今年8年ぶりに楽天に復帰した田中は、東京五輪で『侍ジャパン』の一員としても活躍。それだけに、一部局員たちは『万が一、この酒席に田中が参加していたら……』と、戦々恐々としていた様子でした」と語っています。

続けて、「この女性社員が田中の出演を取り付けたという今後放送予定の特別番組は、今回の件で“お蔵入り”になる公算が大きいといいます」と明かしています。

A子さんは現場でAD(アシスタント・ディレクター)などを務めていたそうですが、田中将大投手といつどのように繋がり、公私にわたる関係を持つまでになったのか気になるところですね。

このようにテレビ朝日社員の宴会、転落事故を巡っては様々な情報が飛び交っていますが、『文春オンライン』によれば参加者の中には、新型コロナウイルスの感染者を出した大人数でのパーティーに参加していた人物もいるとのことで、テレビ朝日は宴会などを禁止する社内ルールを設けて遵守を徹底していたというものの、それが全く守られていなかったことが露呈しました。

さらに、同一人物かは不明ながら『報道ステーション』を担当する社員も含まれていたそうで、同番組では昨年、富川悠太アナら複数の新型コロナ感染者を出しているほか、20人ほどのスタッフが宴会を行っていたことも明らかになっており、これはもうテレビ朝日の上層部が何らかの責任を取る必要があるのではないでしょうかね…。

参照元
  • https://bunshun.jp/articles/-/47887
  • https://www.cyzowoman.com/2021/08/post_353832_1.html
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3516424/
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    zizi
    ID:MTg2ODkxMzkx

    オリンピック開催に反対していた新聞社の子会社なので同調して放送を取りやめるかと思えば、そのような事もなく、日々放送を行い、閉会式が終わればお互いの労をねぎらうために朝まで宴会、苦労したんだから羽目を外したのはしょうがないと思ってらっしゃるようです。あまつさえ他の局でも行っていて見つかって運が良かったね思ってらしゃる?。コロナで暗い世間に明るい話題をありがとう。貴方たちこそ体を張った真のえんたーてぃめんと?です。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!