チャゲアスASKAの次に覚醒剤使用で逮捕されるのは清原和博か!?元アスリート選手を警察が内偵捜査!!中森明菜も怪しい!?

清原和博

CHAGE and ASKAのASKAさん(56)が覚醒剤所持によって逮捕されたことで、以前から薬物使用疑惑がある芸能人の内偵捜査が本格的に始動したようで、テレビ番組にも数多くの出演経験がある有名な元アスリート選手に現在白羽の矢が立っているようです。

またこの他にも、ASKAさんと関係がある有名人や関係者に関しても捜査が及んでおり、今後芋づる式に逮捕者が出るかもしれません。

【以下引用】

人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)が逮捕された覚醒剤事件に続き、当局が次なる大物ターゲットの内偵捜査を始めていることが本紙の取材でわかった。

ターゲットは元大物アスリート。ASKAと意外な接点があることも判明した。

警視庁によると、ASKAは取り調べで雑談には応じるものの、覚醒剤所持容疑は「(合法で強心剤の)アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)だと思っていた」と否認。

尿検査の陽性反応や自宅から押収された麻薬関連物など“証拠”が出揃っているにもかかわらず、かたくなさを崩さないのは、これまで“王様”としてわがまま放題やってきたからだと指摘する声もある。

ASKAの知人がため息をつく。
「2000年に行った韓国公演が失敗し、負債を抱えた前事務所は倒産しました。

そこで現事務所を設立したんですが、実はASKAが相当お金を出している。

だからスタッフが強く言えるはずがないし、Chageとも上下関係ができてしまった。これがASKA増長の最大の原因だよ」

この知人によると、CHAGE and ASKA」デビュー30周年となる2009年、スタッフが「記念なんでライブをやりましょう」と提案しても、ASKAは言うことを聞かずソロコンサートを強行した。

「そんなやつなのに、依存性のあるクスリをやめろと言って聞くと思う?」

もっとも、ASKAはすでに逮捕されており、本人がどうあがこうが、起訴され、判決の日を迎えることだろう。

それよりも、事態は意外な方向に進展しつつあることがわかった。

闇社会の関係者が声を潜めて明かす。
「警視庁の組織犯罪対策5課の関係者が元大物スポーツ選手の動向を探っています。

以前も『ASKAは絶対パクる!』と言って、その通りになったので、当局は本気で狙いを定めているんだと思う。『7月までにしょっぴく!』と言っているんですが…」

この元アスリートは誰もが知る有名人。
一流選手として活躍し、その知名度の高さは引退後も変わらず、メディアにも登場する。

一方で薬物のウワサもつきまとい、そのイメージに“影”を落としていた。

「4月末にも、この元アスリートが都内の大学病院に搬送されたのを見ました。

ストレッチャーの名札は別名でしたが、明らかに本人。症状は深刻らしく…大丈夫なんでしょうかね?」(目撃者)

「警察が元アスリートの内偵を始めた」と語る者も複数存在する。

だが、それだけではない。この人物とASKAには奇妙な接点もあった。

「ASKAの元運転手が現在、元アスリートの運転手なんです。偶然ですかね?」(事情通)

前出関係者は「ほかにも当局は有名女性歌手やレコード会社の幹部の実名を挙げていました。いずれも、かねてクスリのウワサがあった面々。

ASKAはその歌手に楽曲を提供しているぐらい親交があるしね。今回、当局は本気なので、ASKAのような大騒動は続くかもしれません」。

今、まさに“有名人のドラッグコネクション”が白日の下にさらされようとしている。

【引用元:東スポWeb

これにネットでは、

「河村隆一、清原も時間の問題。ただ、押尾事件の際の北島康介みたいに、強力なバックが付いていると、逃げ切られるだろう。」

「押尾の時もそうだったけど、美人がからむケースが多いよね。キメちゃった有名人はガクブル状態だな。」

「芸能人と言われる人達を一斉尿検査して欲しいくらい不信感。」

「今、関係者達は必死でクスリを抜いてるんでしょうね」

「清原は今からでもバーニングに移籍した方がいいんじゃない?」

などのコメントがありました。

有名なアスリート選手が都内の大学病院に搬送されたとありますが、これは先日糖尿病によって入院していたと言っていた、元プロ野球選手の清原和博さんの可能性が高そうですね。

清原さんはASKAさんと同様に、『週刊文春』によって薬物を使用していると報じられており、清原さんは1998年頃からアンフェタミン系興奮剤の「グリーニー」と呼ばれる、覚醒剤と同様の効果が得られる薬物をコーヒーと一緒に摂取していたそうです。

清原和博が覚せい剤使用疑惑を報じた文藝春秋(週刊文春)を名誉毀損で提訴!!アンフェタミン系興奮剤「グリーニー」使用の真相とは!?

またこの他にも暴力団との関係や、他の元プロ野球選手にも薬物使用疑惑があると報じており、今回のASKAさん逮捕によって警察は、清原さん本人と関係者の内偵調査を行っているものと思われます。

そして警察は現在、ASKAさんが楽曲提供をしたことがある有名女性歌手の捜査をしているとのことですが、ASKAさんがこれまでに楽曲提供をした女性歌手を調べたところ、これまでに24人の女性歌手に楽曲を提供しています。

そしてその中でも有名な方の名前を挙げていくと、南野陽子さん、荻野目洋子さん、長山洋子さん、中山美穂さん、テレサ・テンさん、工藤静香さん、酒井法子さん、ジュディ・オングさん、高橋真梨子さん、ちあきなおみさん、中森明菜さん、薬師丸ひろ子さんの12名になります。

この中で怪しいと思われる人物は、過去に近藤真彦さんに一方的にフラれ自殺未遂を行い、アルコール依存症となった中森明菜さんで、中森さんは2010年10月から体調不良を理由に歌手活動を休止しており、何度も復帰の噂が出るも一向に表舞台出てこないので、怪しい気がしますね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    まあ
    ID:MjA3MDczNjg3

    バッグがBだから日本の県警は骨抜きで全然駄目~! 河村って有名になる前からaべっくすのM浦社長と親しかったし、M社長とエグのHロは親友&悪友の旧知の仲だしさ。 N山Y子は有名じゃなかった? (海外に移住とか外人と結ばれる女性芸能人って…)Aユとか既婚中にスペイン人とのEリカ様とか怪しい気がする。 要するに、『aべっくす&桃太郎のN口や怪しい集まりの政界業界大企業やベンチャー企業やクリエーターらが夜な夜な酒池肉林を繰り広げていれば何かあると思うのは一般人の常識的』と思って欲しいものです。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について