おぎやはぎ小木博明が腎細胞ガンで入院・手術へ。病気公表、現在の状態や今後の予定を語る。

おぎやはぎ

お笑いコンビ『おぎやはぎ』の小木博明さん(おぎ・ひろあき 48歳)が、「腎臓細胞ガン」を患っていることが明らかになりました。

先週まで3週連続で持病の偏頭痛治療で入院していた小木博明さんは、13日深夜放送のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)のエンディングで、入院中に念の為にエコーの検査を受けたところ精密検査を受けることになり、その検査で初期の「腎細胞ガン」だと告げられたと明かしました。

現在の状態については、「5センチ以上あるのかな。ステージ1なんだよ。でも、ビックリしちゃってさ」「とりあえず、みなさん、検査は行った方がいいね。来週も再来週も休みますよ。さようなら」と語っていました。

<↓の画像が、おぎやはぎ・小木博明さんの写真>
おぎやはぎ小木博明

番組終了後には所属事務所『プロダクション人力舎』の公式サイトが更新され、「先日、頭痛の治療で入院した際に検査を受けたところ、初期の腎細胞ガン(ステージ1)が見つかりました。8月17日から入院し、治療に専念致します。」と発表しました。

また、小木博明さんもコメントを発表し、「まったくの私事でございますが、とてもびっくりしたことがありましたので発表させていただきます。なんと私小木博明、腎細胞ガンが見つかり、手術のためしばらくお休みをいただきます。幸い取り除けばよいという所謂ステージ1であるのですが、“まさか自分が”という有名な言葉を皆さまにお送りしたいと思います。」と、手術を受けるために入院することを報告しています。

続けて、「元来自分は病院好きで、さまざまな検査をしていましたが、今回ゆっくり身体を診ていただいたおかげで見つけることができました。“まさか自分が”となる前に、皆さまもゆっくり時間を取って検査をされることを強くお勧めします。」と呼び掛けています。

13日深夜放送『メガネびいき』の音声動画

小木博明さんはラジオ終了後に配信されたラジオクラウド『アフタートーク』で、腎細胞ガンが見つかった経緯を明かしており、偏頭痛の治療が上手くいき退院まで時間を持て余していたことや、昨年も人間ドックを受けていなかったため、念の為に検査を受けさせてほしいと医師に頼みこんで調べた結果、まずはシコリが見つかり再検査となり、初期の腎細胞ガンを患っていることが判明したとしています。

医師からは今年もし検査を受けずに1年放置していたら、死んでいたかもしれないとも言われたといい、ガンの発症には驚いたものの、偏頭痛がきっかけで見つかったのはラッキーだったと語っています。

腎細胞ガンの摘出手術は、「ダ・ヴィンチ」という最新のロボットを使用して行われる予定といい、「いい先生がやってくれるってことで。手術は怖いけど、今の医療を信じて、おれは全身麻酔で寝てるだけだから。後は医者が頑張ってくれればいいわけだから」と報告していました。

そして、小木博明さんの腎細胞ガン発覚に対してネット上では、

  • まじかー 同い年くらいだからワイも気をつけんと すげー怠い日あるし
  • いつもの感じで明るく、軽い雰囲気でガン告知を受けた話をしてたから、最初は何を言ったのかわからないくらいだった。
    頭痛治療で休みを取って検査を受けられた事は却ってラッキーなんだと思う。元気になって帰ってきてほしい
  • 若いのに、心配ですね。先日はワッキーも同じように治療してましたよね。治療はじっくりマイペースで専念して、元気になって戻ってきて!
  • 人生の折り返し地点を過ぎると、予期せぬことっていろいろ出てくるんだね……。明日は我が身だ。とにかくしっかり治療に専念して快癒をお祈りいたします。
  • 偏頭痛をコロナ禍の夏休みを利用して、徹底的に治療するってことだったので、復帰のラジオを楽しみにしてました。
    こんな状況で旅行とかにも行けないから頭痛の治療に専念できて、初期でガンを発見出来たと思えば小木さんは運がいいのかも。
    全快してからラジオで病院のお話聞けるのを楽しみに待ってます。
  • なんか見つかると嫌だから検査とか人間ドック行かないって人いるけど、具合悪くなってから見つかる方が絶対しんどい。
    別の検査のついでに見つかるなんて幸運もあるからたまには見てもらった方がいい
  • 自分は5年前にも全く同じ癌で3.5㎝あり右腎臓を切除しました。今は精神的に辛いでしょうが手術に向けて体調管理を万全して早く元気になってください。
    私は今は普通の生活してます。癌を経験して二つ目の命をもらった気持ちで、今も元気で暮らしてます。

などの声が上がっています。

6月には、小木博明さんより1歳年下のペナルティ・ワッキーさんが、「初期の中咽頭ガン(ステージ1)」と診断されたことを公表し、放射線化学療法で治療して5日に無事退院しました。

雨上がり決死隊・宮迫博之さんも40代前半の時にスキルス胃ガンが発覚し、摘出手術を受けるなど、40代になって大きな病気を経験している方は多いですね。

小木博明さんが患っている「腎細胞ガン」についてですが、腎臓で尿を作る腎実質の尿細管細胞がガン化している状態で、腎臓ガンの約9割を占めているものといいます。

多くの場合、初期状態では特に症状は見られず早期発見が難しいガンの1つで、症状としては発熱、倦怠感、貧血、高血圧、体重減少、血尿、腹部の痛みやシコリなどがあります。

国内の患者数は年々増加傾向にあり、1年間の発症数は人口10万人あたり男性が約8人、女性が約4人で、発症年齢は70代前半がピークとなっており、発症原因としては喫煙や肥満などが挙げられています。

小木博明さんの腎細胞ガンの大きさは5センチ以上あるとのことで、ギリギリステージ1に分類されているとみられ、直径7センチ以上だとステージ2となります。

腎細胞ガンの5年生存率は、他臓器に転移していなければ70~90%、細胞が小さければ90%以上が治癒するとされる一方、5センチ以上の腫瘍がある場合は20~30%、7センチ以上だと30~40%で再発する可能性があるとされています。

小木博明さんはラジオで明るくガンを公表していたものの、摘出手術を受けるとのことで不安だと思いますし、今後どうなるかはまだ分からないので色々と心配ではありますが、少しでも早く病気を克服し、また元気な姿を見せてほしいですね。

参照元
  • https://www.daily.co.jp/gossip/2020/08/14/0013602115.shtml
  • https://www.tbsradio.jp/509529
  • https://www.immunooncology.jp/patient/rcc/ch01.html
  • https://ganjoho.jp/public/cancer/renal_cell/treatment.html
  • http://www.ise.jrc.or.jp/cancer/ca06-02.html
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について