『100日後に死ぬワニ』電通案件疑惑で炎上。作者きくちゆうき&いきものがかり水野良樹が完全否定も批判続く

4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』

20日に最終回を迎えた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』(作者・きくちゆうきさん)が、書籍化されるだけでなくアニメ映画化されることや、3人組ユニット『いきものがかり』とのコラボムービー公開、雑貨チェーン『Loft』のポップアップストアで数十種類のグッズ販売、『楽天コレクション』でオンラインくじがスタートするなど、様々なメディアミックスが発表され話題になっています。

これに対して喜びの声が上がっている一方で、最終話の「100日目」が公開されてから間もなく様々な展開が発表されたため、急に商売っ気を出してきたとして批判の声も多く上がるなど物議を醸しており、広告代理店業界最大手の『電通(でんつう)』がこの作品のPR、企画などに関与しているとの疑惑も浮上し炎上状態になっています。

<↓の画像は、20日に一斉発表されたメディアミックス展開ツイート写真>
100日後に死ぬワニのメディアミックス展開

そうした中で、コラボムービーの楽曲『生きる。』を書き下ろした『いきものがかり』の水野良樹さん、作者のきくちゆうきさんが21日にツイッター上でライブ配信を行い、このプロジェクトに電通は関与していないと疑惑を完全否定しました。

いきものがかり・水野良樹さんはライブ配信で、「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない。プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何ヶ月も前から巨大組織や色んな人が集まって…、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。だから電通さんは入ってないです」と、電通の関与を完全否定しています。

<↓の画像は、いきものがかり・水野良樹さん(左)、作者・きくちゆうきさん(右)の写真>
いきものがかり水野良樹&きくちゆうき(100日後に死ぬワニの作者)

また、きくちゆうきさんも電通の関与疑惑が浮上し炎上している件について、「本当に僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて、仲間もできて、盛り上げてくれて。僕は感謝しか無いですし。それだけに悲しい」などと心境を語っています。

このように2人は電通の関与を完全否定していたのですが、ネット上では、

  • うわさ否定も電通の指示なんだろ
  • 嘘つけ企画案件じゃないのにテレビで特集組まれるかよ。バカでかい広告宣伝費掛けてんだろが
  • つーか電通だから何なの?実際に楽しんでたなら電通とか関係ないよね?
  • もはや電通かどうかはどうでもいいんだよね。個人の力だけじゃないことは明白だし、マーケティングが下手すぎた、それだけ
  • 問題は発表のタイミング 全部最悪な間違えかたしてる
  • ツイッターのおかげで人工的にブーム作れること確定したな
  • 大して面白くもないのに異常に話題になったら電通を疑えですわ
  • タイミングを揃えて宣伝とかしてた有名人も共犯者の確率高い
  • 鬼滅のステマもひどかったな
  • ワニと鬼滅は、こんなにヘタクソな絵でも電通などのステマ工作の広告代理店パワーでどれだけ売れるようになるかの実験台みたいなものなんだろうな
  • 最初から決まってなきゃあり得ない商品展開の迅速さ。素直に認めればいいのに否定するから余計に叩かれるんだよなぁ
  • 初めから仕込むなんてリスキーなことはしてないと思う。わりと早い段階で人気出てたからそこに電通があと乗りで来たと考えたほうが自然
  • もしグッズが中国製なら去年くらいから作ってたと思うな~。いま雑誌の付録が中止になってるくらいだし
  • ロフトとか多種多様なあれだけのグッズをコロナの状況で間に合わせるとか、企画ありきで去年から動いてないと無理
  • グッズの数半端なさすぎて引くわあ 100日以内ですごいね
  • 作者の口から電通関わってると言ったら、グッズに掛かった費用+違約金とか請求されて、社会的に2度とイラストレーターとか出来なくなるんだろうな
  • 普通にずっと前から企画してました、で良かったのに。企画自体が悪いことじゃなくて、企画じゃない感じでやってたのが問題なわけで

などのコメントが寄せられています。

『100日後に死ぬワニ』の最終話・100日目は、20日19時過ぎにきくちゆうきさんのツイッターやインスタグラム上で公開され、それから1時間足らずでいきものがかりとのコラボムービーがYouTubeで公開されたほか、映画化やグッズ販売、イベント開催などが発表されました。

こうしたメディアミックス展開が発表されると、ツイッターのトレンドには「電通案件」「電通」などのワードが上位にランクインしていました。

『5ちゃんねる』などのネット掲示板には、電通がこのプロジェクトに関与しているとの指摘が上がっており、その根拠としてコラボムービー『生きる。』にはムービースタッフの欄に、電通のCMプランナー・大石タケシさんがCD・企画、電通グループのPR会社『電通パブリックリレーションズ』の根本陽平さんがPRプランナーとして名を連ねています。

いきものがかり&100日後に死ぬワニのコラボムービー

また、昨年ステマ騒動が起きた『アナと雪の女王2』のPRには、電通が関与していたことが判明しているのですが、ツイッター上でPR漫画を投稿した漫画家の一部が所属するマーティング施策のキャスティング業者『wwwaap(ワープ)』が昨年開催したパーティーに、きくちゆうきさんも参加していたことが明らかになっています。

<↓の画像は、きくちゆうきさんのツイート写真>
きくちゆうきがワープ(wwwaap)パーティー参加

クラウドソーシングサービス『ランサーズ』では、「『100日後に死ぬワニ』の作者・きくちゆうきさんの経歴と過去作品の記事作成」をするユーザーを募っていたことも判明しており、作品を盛り上げるために様々な計画を裏で行っていたと指摘されています。

他にも、『100日後に死ぬワニ』の公式ツイッターアカウントを運営している『株式会社ベイシカ』は、取引先企業の中に電通が含まれており、同社は1月16日時点で『100日後に死ぬワニ』の商標出願もしていました。

これらの事実から、『100日後に死ぬワニ』の人気は電通によって作られたものだったのではないかと疑いの目を向けられており、今回2人がライブ配信で疑惑を完全否定したものの、現在もネット上では電通案件だったとして多くの批判が寄せられており、炎上状態が続いています。

『100日後に死ぬワニ』は、電通によるステマによって作られたブームだったのか、ブームになっていたことを受けて電通が途中から参加し様々な展開を企画したのか、それとも本当に電通は企画に一切関与していないのか真相は不明ですが、“電通案件”疑惑が浮上してしまったことによって、作品のイメージは悪化しているのは間違いありません。

これから書籍化やアニメ映画化されるわけですが、電通案件として炎上騒動に発展しながらも、どれほどの売り上げを記録するのか、ブームは今後も続くのかどうかに注目ですね。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/21/kiji/20200321s00041000246000c.html
  • https://news.yahoo.co.jp/byline/fujitatakanori/20200321-00168901
  • https://toyokeizai.net/articles/-/320158?page=3
  • https://blogos.com/article/423379/
  • https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1912/05/news147.html
5件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTg3Nzk3NDcy

    ここ数日でわーっと盛り上がった感じ。
    電通が入ってたって聞いたら、いろいろ腑に落ちる。

  2. 2
    匿名
    ID:MjU4MTMwMTEw

    作品が良いと思ってみんな見てたくせに、商売っ気がでると批判するのは日本人の文化程度の低さの現れだと思う。
    無償でアートはできないし、良いと思ったのなら応援するべき。

  3. 3
    匿名
    ID:MTg1NDI0MDY5

    >>2
    金儲けなんて100も承知だよ。
    ただ感動の最終回から安来早でPVやら映画化やら書籍化やら多数の「追悼グッツ」の押し売りと出してきて「こんなに用意周到なのはステマなんじゃね?」って疑惑の目が広がったとこに「電通が~」って話がでたんじゃん。
    しかも作者自身が嬉々として「追悼グッツ」リツイートしてんだぜ。
    さらには作者はアナ雪2のステマで有名になったWWWAAPと繋がりがあったり随分前から商標登録されてた事やプロフィールを外部にライティング依頼してた事も発覚してもうボロボロだ
    どう考えてもドン引きするだろ普通。

  4. 4
    匿名
    ID:MjUyMDkzMDYw

    上田慎一郎が絶賛コメントしてたから電通案件なのは最初からわかってはいたが、電通案件であること自体は別に悪いことではないと思うよ。

  5. 5
    匿名
    ID:MjExNDcwNjk5

    最終話200万ふぁぼもあるのに電通案件云々が単なるアンチの戯言・こじつけならここまで炎上しないでしょ
    みんな作品を大して良いと思ってなかったのに妙に流行ってたから、怒涛のメディア展開・商品展開で「あぁやっぱり」ってなっただけじゃないの?
    まぁ本当に面白いと思ってたファンにしてみても、作者が「死について考える作品」とか言っておきながら余韻に浸るまもなくあんなに商魂たくましさ見せつけられたら冷めるでしょwww
    死んだ友達をモチーフにしたワニが死んだ1時間後に「追悼POPUPSHOP開催!!」ってなんだよwww

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について