LiSAの夫・鈴木達央が年内活動休止か。不倫問題で女性声優の共演NG続出? 作品降板やアニプレックス出禁説も…

LiSAの旦那・鈴木達央

歌手・LiSAさん(本名=織部里沙 37歳)の夫で、声優・ミュージシャンの鈴木達央さん(すずき・たつひさ 37歳)が、12月18日に開催予定のイベント『TVアニメ『東京リベンジャーズ』須辺謝留威弁斗~東京卍會立川通凛愚~』の出演を見合わせ、年内休養説が浮上しているほか、不倫スキャンダルが原因で女性声優から相次いで“共演NG”とされる可能性が高まるなど、危機的な状況にあると『東京スポーツ』(東スポ)が伝えています。

鈴木達央さんは7月末に週刊誌『週刊文春』のWeb版『文春オンライン』によって、自身のファンでスタジオ勤務の20代女性との不倫スキャンダルをスクープされ、その後体調不良を理由に活動を休止しましたが、8月末に騒動を謝罪すると共に、活動を再開させていく予定であることを発表しました。

<↓の画像は、鈴木達央さんと妻・LiSAさんの写真>
LiSAと鈴木達央が結婚前の2ショット写真

しかし、22日に人気アニメ『東京リベンジャーズ』の公式サイトが更新され、“ドラケン”こと龍宮寺堅(りゅうぐうじ・けん)の声を担当している鈴木達央さんが、12月18日に東京・立川の立川ステージガーデンで開催予定のイベント出演を見合わせることが発表されました。

<↓の画像は、今年4月に『東京リベンジャーズ』のイベント出演時の鈴木達央さんの写真>
鈴木達央が東京リベンジャーズイベント出演時の写真

出演見合わせの理由は明らかにされておらず、この発表に対してファン等からは「年内復帰も難しいのか…」などの声が上がっているのですが、東スポによると、鈴木達央さんを取り巻く環境は厳しい状況にあるといい、「すでに多くの女性声優がツイッターのフォローを“削除”。鈴木とあらぬ噂を立てられることを危惧したからで、今後“共演NG”を出す事務所も増えそうだ。」としています。

また、鈴木達央さんは『OLDCODEX(オルドコデックス)』というバンドでボーカルを努めているのですが、9月15日に発売予定だった新曲『Heading to Over -Version:Free-』は、鈴木さんの不倫スキャンダルがスクープされた後に発売中止が決定し、活動再開のメドは立っていません。

これについてアニメ業界関係者は、「『OLDCODEX』の新曲が映画の主題歌を起用されるはずだったが、お蔵入りに。ファンからは『さみしい』との声が噴出している。しかし、鈴木は公開前に音源を不倫相手の女性ファンに聴かせていたことも明らかになっている。不倫はあくまで夫婦間の問題だが、“情報漏洩”を問題視されている」と語り、声優業だけでなく音楽活動に関しても非常に厳しい状況にあるとのことです。

これらの報道を受けてネット上では、

  • 音源流出の方が声優やる上でまずいと思う。信用問題に関わってくる。本人が雲隠れしてるのもよくない。
  • 不倫はダメだけど、情報漏洩の方がもっと問題。自己顕示欲の為に、踏み外してはいけないところまでやってしまったから、違約金とかえらい事になりそう
  • 社会人としては失格で信用も完全に失ったはず。使う側も危なくて使えないって、こんな人は。
  • ファンにとっては唯一無二の声かも知れないけど、そうではない人にとっては代わりなんかいくらでもいる。
    途中で声が変わろうが違和感なんて最初だけで、いなくなろうが半年も経てば思い出しもしないよ。
  • 多目的トイレのひとみたいに、旦那は仕事を干されて奥さんは離婚せずに頑張るの構図になるんだろうか
    どちらも奥さんには非がないだけに不本意だよな。まだ子供はいないだけマシかな
  • たっつんて独身時代から女遊びしてるの結構有名だし、結婚してからもするだろうなぁと思ってた。
    まぁ不倫の事は夫婦間の問題だしそこはどうでも良いんだけど、公開されてない曲を不倫相手に聞かせるってプロとして最低。
    あと不倫してヘラるなら二度と不倫すんな。仕事に穴あけるな。自分がやったことの責任くらいきちんと持て。

などの声が上がっています。

鈴木達央さんはLiSAさんとの結婚からわずか1年半で、20代女性との不倫スキャンダル、自宅での密会現場もキャッチされただけでなく、主題歌も担当していた人気アニメ『Free!』の未発表音源を不倫相手に聴かせていたことも発覚し、この行為も大きな問題として猛バッシングを浴びています。

ただ、『Free!』の制作サイドは引き続き、同作のメインキャラクター・橘真琴役に鈴木達央さんを起用することを発表しており、不倫スキャンダルによって全ての仕事を失ったわけではないのですが、ニュースサイト『サイゾーウーマン』によれば、大手アニメ制作会社『ANIPLEX(アニプレックス)』が関わる作品への“出禁説”も浮上していて、以前のように活動するのは難しいとみられているようです。

記事によると、鈴木達央さんの不倫スキャンダルにLiSAさんサイドがブチギレ激怒しているといい、「彼女が所属するソニーミュージックも、鈴木に対して“制裁措置”を取ったと囁かれているほど」と、声優業界関係者が証言しています。

業界関係者の間では、ソニー傘下の『アニプレックス』への出禁説が囁かれているとし、「同社はアニメを中心とした映像や音楽作品の企画制作と販売、映画の配給、ソーシャルゲームの企画制作など、様々な事業を展開。LiSAが主題歌を担当した人気アニメ『鬼滅の刃』や、鈴木の代表作のひとつでもある『七つの大罪』シリーズも、TBS時代はアニプレックスが制作に携わっています。他にも多くの作品を手掛けているだけに、今後、鈴木が復帰したとしても、活躍の場は世間が想像する以上に狭まったといえる」と制作会社スタッフが語っています。

実際のところ今後どうなるかはまだ分かりませんが、鈴木達央さんの不倫スキャンダルが複数の作品に多大な悪影響を及ぼしているのは事実で、『週刊女性』の報道によれば、仕事現場での評判は良かったというものの不倫によってイメージが著しく悪化し、アニメファンからは「不倫がチラついて、内容に集中できない」「“中の人”が不倫するから、キャラにまで悪影響が出る」といった声も上がっています。

こうした状況にあるため、現時点で起用継続が発表されている『Free!』以外の作品に関しては、降板となる可能性は決してゼロではないとみられているようですが、果たして今後どうなるでしょうかね…。

参照元
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3663802/
  • https://tokyo-revengers-anime.com/news/archives/1121
  • https://www.cyzowoman.com/2021/09/post_357756_1.html
  • https://www.cyzowoman.com/2021/09/post_356667_1.html
  • https://www.jprime.jp/articles/-/21781
コメントを残す