Aimerが今年の紅白初出場決定か。鬼滅の刃 遊郭編の主題歌・残響散歌が記録的大ヒットで出演報道

テレビ番組・映画 音楽
  • 4

Aimer(エメ)

今年は3年ぶりにNHKホールで開催される『第73回NHK紅白歌合戦』の出場歌手に関する報道が相次ぐ中で、昨年デビュー10周年を迎えた人気シンガーソングライター・Aimerさん(エメ 本名・年齢非公開)の紅白初出場決定が報じられ、ネット上で反響を呼んでいます。

Aimerさんの紅白初出場決定は『スポーツニッポン』(スポニチ)が報じたもので、NHKの紅白チームは早々にAimerさんを出場候補歌手にリストアップし、選考基準の1つである「今年の活躍」を評価してオファーしたといいます。

スポニチの取材にNHK関係者は、「実力派として局内でも知られた存在だったが、鬼滅のタイアップ(主題歌起用)で知名度も全国区になった」と語っています。

Aimerさんは音楽好きの父親の影響で小学生のころからピアノを習い、中学生の時にギターも始め、15歳ごろに声帯を痛め、発声ができない状態がしばらく続きましたが、それでも歌手になるという夢を諦めず、2011年にメジャーデビューを果たし、Aimerさんの歌声は『サザンオールスターズ』の桑田佳祐さん、『T.M.Revolution』の西川貴教さん、ソロ歌手・LiSAさんなど、数々の有名アーティストからも高い評価を受けています。

そして、昨年12月から今年2月にかけて放送のアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』のオープニング・エンディング曲として、『残響散歌』と『朝が来る』が起用され、昨年12月から配信が開始した『残響散歌』は、サブスクでの総再生回数が7月に2億回を突破し、初登場から31週目での2億回突破は歴代7位(オリコン調べ)、女性ソロ歌手としては歴代2位のスピードでした。

その後も再生回数を伸ばして3億回に迫っており、CDの売り上げも12万枚を超えています。

Aimerさんの『残響散歌』歌唱動画

こうしたヒットを受けて紅白初出場が決定したそうで、この報道を受けてネット上では、

  • アイマールやるじゃん
  • えめたそは文句のつけようがない
  • 妥当な人選だな
  • 楽しみ!!残響散歌好きだなー
  • 残響散歌と朝が来る 短くでも両方歌ってくれると嬉しい
  • エメ…キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!LiSAと一緒に鬼滅の刃メドレーやれよ
  • 今更Aimer氏の起用はむしろ遅いでしょ!とNHK側、運営に言いたいぐらい。
    この方は他のアーティストにはない独創的な歌唱力、感情力をはじめあのずば抜けた歌声は心に深々と突き刺さるものである。
  • Aimerって前は顔出さなかったのに、今年ぐらいから急激にだしまくるようになったな。そして紅白とか極端すぎるわ
  • TVやMVだと、無表情で暗い感じで歌っているように見えるんだけど、本当は明るい人。ライブでは別人のよう。紅白ではそっちの姿を見せてほしい
  • 紅白で歌うのはアップテンポな「残響散歌」でしょうが、他にも沢山良い曲があるので多くの人に聞いて貰いたいなぁ

などの声が上がっています。

Aimerさんは2011年に歌手デビューして以降、ドラマ・映画、アニメ・ゲーム、CMなどに楽曲が起用されており、最近では『鬼滅の刃 遊郭編』や『チェンソーマン』、映画化もされたドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の主題歌等も反響を呼びましたが、これまでメディア露出が極めて少なく、本名や年齢などを非公開としていて謎多き歌手と言われています。

ちなみに、Aimerさんは詳しいプロフィールを公表していないものの、2010年に『ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)』と『レコチョク』が開催した新人アーティスト発掘オーディションで、ファイナリストまで残った慶應大学商学部出身の藤本恵実さん(ふじもと・えみ 当時21歳)という方が、Aimerさんと同一人物なのではないかと言われています。

<↓の画像が、レコチョクオーディションのファイナリスト・藤本恵実さんの写真>
Aimer(レコチョクオーディション・ファイナリスト藤本恵実)の顔画像

藤本恵実さんとAimerさんは顔の特徴が似ていることに加えて、このオーディションのプロデュースを務めていた音楽プロデューサー・玉井健二さん(51)は、Aimerさんがデビューする前から現在までAimerさんの楽曲をプロデュースしており、2人が出会ったタイミング等も含めて、藤本さんがAimerさんの可能性が高いとみられています。

<↓の画像は、Aimerさんと藤本恵実さんの顔比較写真>
Aimerと藤本恵実の顔比較画像(本名か)

そんなAimerさんの紅白初出場決定報道にファン等は歓喜し、納得の人選との声が多く上がっていて、かねてから実力が評価されていただけに否定的な声は比較的少ない印象です。

まだ正式発表されていませんが、今年の紅白はAimerさんの他に、男性ソロシンガー・Vaundyさん(バウンディ 22歳)、昨年デビューの7人組ボーイズグループ『BE:FIRST(ビーファースト)』、11人組グループ『JO1(ジェイオーワン)』、人気バンドの『緑黄色社会』、『マカロニえんぴつ』、『Saucy Dog(サウシードッグ)』、K-POPグループ『IVE(アイヴ)』等も初出場とスポーツ紙に報じられており、若者たちの間でも注目を集めています。

紅白の出場歌手は例年11月中旬頃の発表で、歌唱曲も含めて今後の正式発表に注目したいですね。

参照元
  • https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/11/14/kiji/20221114s00041000043000c.html
  • https://www.cinra.net/article/interview-201705-aimer
  • https://www.barks.jp/news/?id=1000063602
  • https://recochoku.jp/corporate/wp-content/uploads/p_20100901.pdf
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:NjgzNTY0ZT

    年齢も本名も秘密だろうと、Aimerの方が“藤本恵実”より若く見える。

  2. 2
    匿名
    ID:MzdlZTM1Y2

    整形しないのかな

  3. 3
    匿名
    ID:YjVjNDFiM2

    いや、がっつり二重に整形してますよ

  4. 4
    匿名
    ID:MGJkNzc1Zj

    声が出なくなっても歌手としてやっていくって相当な苦労人ですね。
    独特の世界観画一気に鬼滅とマッチしましたね。紅白出られるのならほんとにたのしみです。

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!