間宮祥太朗が始球式で芸能人史上最速スピード記録。樽美酒研二の球速超え、フォームも綺麗と絶賛の声。画像あり

間宮祥太朗

27日スタートの実写ドラマ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系 土曜23時15分)で主演の俳優・間宮祥太朗さん(まみや・しょうたろう 旧芸名=日置祥太朗 26歳)が23日、阪神甲子園球場で行われた『阪神タイガース×横浜DeNAベイスターズ』で始球式を務め、芸能人最速となる球速「139km」を記録したことで反響を呼んでいます。

小学校1年生から中学3年生までの9年間、ピッチャーを務めていたという元野球少年の間宮祥太朗さんは今年6月11日、26歳の誕生日に、阪神タイガース夏の風物詩「ウル虎の夏2019」初日の始球式を務めることが、『べしゃり暮らし』のプロデューサーから告げられたといい、「ドラマの仕事が決まるよりうれしいです!」と喜び、目標は「125キロを出したい!」と意気込んでいました。

<↓の画像は、27日スタートの実写ドラマ『べしゃり暮らし』の写真>
ドラマ『べしゃり暮らし』

そして、昔から大ファンという阪神のユニフォーム姿で夢の甲子園のマウンドに上がり、豪快なフォームから投じた球の速度は139kmをマークしており、これはこれまでの芸能人最速で、同じく野球経験者のゴールデンボンバーのドラム・樽美酒研二さんが昨年6月に記録した「135km」を4kmも上回るスピードです。

<↓の画像が、始球式で芸能人最速の139kmをマークした間宮祥太朗さんの写真>
間宮祥太朗の始球式・投球フォーム・芸能人史上最速の球速画像

始球式を終えた間宮祥太朗さんは、「夢のようですね。自分本来の仕事とは別の喜びで。始球式を甲子園で出来るとは思っていなかった。最高の気分ですね」と喜びながら、「久しぶりにマウンドに立ったのでちょっと力んだかな」と語っていました。

ゴールデンボンバー樽美酒研二さんの始球式映像

ちなみに、著名人による始球式のスピードランキング3位は、『EXILE』と『GENERATIONS』のメンバー・関口メンディーさんで「133km」、他に野球以外のスポーツ選手では元砲丸投げ選手の室伏広治さんが「131km」、やり投げ選手の村上幸史選手は2015年5月の始球式で「144km」をマークしており、ブルペンで行った投球練習では「147km」を記録していました。

村上幸史選手の始球式映像

このようにスポーツ選手の中には140km以上をマークしている方はいるのですが、中学で野球から離れながら、始球式で139kmをマークした間宮祥太朗さんには野球ファンからも驚きの声が上がっており、ネット上の反応を見てみると、

  • 中3までしか野球をやってなくて139は凄いわ。しかもフォームも綺麗だし!
  • すごいな。写真でしか見てないけど、腕のしなりがタダモノじゃない。
  • 高校野球の元エースならまだしも中3で野球をやめたのに139キロ?もし、この人が続けていたら・・・と想像してしまう。
  • その辺のプロよりも肘の使い方が上手いのだが、、、
  • 凄いな!本格的な練習したら…力みなければ150キロ可能かも
  • もし本気でプロ野球を目指していたらどうなってたんだろう
  • 小1から中3まで野球経験があっても139キロって中々出せないぞ。
    俳優さんだけに、体型維持する為にも日頃ボディを鍛えたり、ボディをケアしたりしてんだろうな。
  • 最近甲子園予選で、全国の高校生投手の投げてる写真見るけど、間宮の写真は彼らよりフォームがよい。肘の使い方がよい。天性だな。
  • この球速は凄すぎるだろ…地元の高校野球でも140キロ投げる人多くはないのに、中3までの経験で間が空いてこの球速。
    高校までガッツリ練習してたらと思うと野球ファンからしたらなんか惜しい気がする笑笑

などと、球速だけでなく綺麗なフォームを絶賛する声も上がっています。

間宮祥太朗さんは中学生時代から雑誌『Hana-*chu→』の読者モデルとして活動し、2008年(当時15歳)にドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生』で俳優デビューを果たしているのですが、もし芸能界入りせずに高校でも野球を続けていたら、プロ入りしていた可能性もあったのかもしれませんね。

そんな間宮祥太朗さんは2014年に、嵐・二宮和也さん主演ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)に出演し、Hey! Say! JUMP・中島裕翔さん、福士蒼汰さん、山崎賢人さん、本郷奏多さん等と共に野球部員の役を演じており、出演者の中では一番野球が上手かったと共演した桜田通さんが明かしています。

2年前に受けたインタビューでは、何か夢中になったことはあるかという質問に対しては「野球」だと答え、中学時代に所属していた野球部は、同学年の部員は自分ひとりで他は後輩という状態になり、「先輩がひとりの部活なんて入りたくない」と思われないため、「間宮先輩がいるなら入ってみようかな」と思ってもらえるように部活を頑張っていたと振り返っています。

そうした過去の経験が今回の始球式に見事に活かされ、芸能人最速の「139km」をマークし絶賛の声が上がっており、この勢いで27日から『べしゃり暮らし』がスタートし、こちらも高い数字をマークできるのかどうか注目したいですね。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExMDc4MDk5

    なんでもできるんですね☆

  2. 2
    匿名
    ID:MTAzMTYxNDMz

    ブランク10年もあって139kmだせるってヤバッ
    これで甲子園のエースでもなってたら凄かったかもね
    ニーチェ先生の演技好きだったわ

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について