藤原紀香が人気女優達と共演NG? サザエさん巡り天海祐希をライバル視、複数の大物女優の名前浮上にネットでは厳しい声

藤原紀香

国民的アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)が10月に放送開始50周年を迎え、10年後を描いた舞台が藤原紀香さん(ふじわら・のりか 48歳)主演で3日から開幕し、17日に東京公演が終わり28日から福岡公演が始まります。

また、11月24日には20年後を舞台としたドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』が、天海祐希さん(あまみ・ゆうき 本名=中野祐里 52歳)主演で放送されることが発表されており、年明けには第2弾の放送が決定しているという噂もあるのですが、負けず嫌いの藤原紀香さんが同世代の天海さんをライバル視し、周囲の気遣いによって今後2人が「共演NG」になるのではないかとも囁かれていると週刊誌『女性セブン』は報じています。

<↓の画像が、天海祐希さんの写真>
天海祐希

ニュースサイト『日刊サイゾー』によれば、藤原紀香さんは女優としてこれといった代表作が無いものの、自身のことを“大女優”だと思い込み、宝塚歌劇団出身の天海祐希さんのことを格下と見ているフシがあるといい、あるメディアが天海さんとの対談を企画したところ、藤原さんの方が断ったという話もあると伝えています。

藤原紀香さん主演『舞台 サザエさん』の映像

そんな藤原紀香さんには他にも、共演NGに指定している女優が複数いるという噂があり、ニュースサイト『日刊大衆』や夕刊紙『日刊ゲンダイ』は、第一線で活躍している人気女優たちの名前を挙げています。

共演NGと噂の女優1人目は、俳優・反町隆史さん(本名=野口隆史 45歳)の妻としても知られる女優・松嶋菜々子さん(本名=野口奈奈子 45歳)です。

<↓の画像は、松嶋菜々子さんの写真>
松嶋菜々子

松嶋菜々子さんは1991年に 『旭化成』の水着マスコットガールに選ばれ、1992年にファッション誌『ViVi』の専属モデルになったほか、「第17代・旭化成せんいキャンペーンモデル」に選ばれ、同4月期放送の加山雄三さん主演ドラマ『社長になった若大将』(TBS)で女優デビューを果たしました。

その後、1996年にNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『ひまわり』でヒロインを演じ、1997年には『パナソニック』のCMイメージキャラクター「2代目・きれいなおねえさん」に抜擢され、1998年には『リング』で映画初主演、『Sweet Season』(TBS)でドラマ初主演、実写ドラマ『GTO』(フジテレビ系)でヒロインを演じるなどし、一躍人気女優となりました。

一方の藤原紀香さんは、神戸親和女子大学に在学中の1991年にミス日本グランプリコンテストでグランプリを受賞、1993年には「東レキャンペーンガール」、島田紳助さん司会の関西ローカル番組『クイズ!紳助くん』の初代アシスタントに抜擢され、1994年には「アサヒビールイメージガール」として活躍しました。

その後、阪神淡路大震災を経て上京、ファッション誌『JJ』や『CanCam』の専属モデルとしての活動したほか、様々なドラマや映画などに出演し、1998年に携帯電話ブランド『J-PHONE』(現・ソフトバンク)のイメージキャラクターに抜擢され、これがきっかけで大ブレークを果たし、1990年代後半から2000年代にかけては複数のCMに出演し、CM女王と呼ばれていました。

藤原紀香さん出演『J-PHONE』CM映像

同年代にトップクラスの人気を得ていた松嶋菜々子さんとはライバル関係にあったとされ、当時は「共演絶対NG」だったことで有名だったといい、最近になって松嶋さん側が藤原さんを共演NGにしたという噂もあるそうです。

続いて共演NGと噂の女優2人目は、俳優・松山ケンイチさん(本名=松山研一 34歳)の妻で女優・モデルの小雪さん(42)です。

<↓の画像が、小雪さんの写真>
小雪

小雪さんは、2003年公開のトム・クルーズさん主演映画『ラストサムライ』に出演し大きな注目を集めましたが、藤原紀香さんも映画のオーディションを受けたものの、製作側は最終的に藤原さんではなく小雪さんをキャスティングしたため、藤原さんは小雪さんを共演NGにしたと言われているそうです。

共演NGと噂の女優3人目は、俳優・堺雅人さん(45)の妻としても知られる女優・菅野美穂さん(42)です。

<↓の画像は、菅野美穂さんの写真>
菅野美穂

藤原紀香さんは、2002年公開の北野武監督映画『Dolls』の主演にほぼ決まりかけていたそうなのですが、北野監督からなかなかOKが出ず、そうしているうちに菅野美穂さんに主演が決まってしまい、悔しい思いをしたことで藤原さんが菅野さんを共演NGにしているという噂があるとのことです。

そして、藤原紀香さんの共演NGをめぐる噂に対してネット上では、

  • 藤原が単純に演技が下手だから、役を取れなかっただけでしょ。天野祐希と菅野美穂のほうが演技は上手いと思う。
  • ただのタレントなんだよね…大物女優扱いしてるのマスコミだけ
  • グラドルであり女優はないでしょ
  • Dollsは見ました。確かにあの繊細で儚げな役は、藤原紀香のイメージにはあわない。無理でしょうね。
  • 勝手にライバル心を抱いているだけで、相手の方はむしろ眼中にも入ってないでしょう。
    ラスト・サムライは小雪で、dollsは菅野美穂で正解だったと思いますよ。
  • 事実なら勘違い甚だしい。。演技が下手過ぎる藤原紀香は女優では無い。。
    今回名前が挙がった誰とも比較にならない。
  • 残念ながら藤原紀香は記事に名が挙がった女優達より断然格下。
    小雪にすらかなわない。代表作も無ければ演技力も無い。
  • 藤原って演技力から見て女優かな?ライバル意識というよりは、コンプレックスでは?
    技量のない人ほど、プライドだけは高いのは、結構どの分野でも共通する事。
    小雪や菅野美穂とは比較にならないのに客観的に見てると哀れ!
    この記事が事実だとすれば、20年前の過去のことまで根に持ってる性格も怖い!
  • この記者からしたら、米倉涼子ともキャラ被りで共演NGになるだろうし、前田愛や三田寛子とも梨園の妻として比べられるから共演NGなんじゃないの?
    藤原紀香と天海祐希や菅野美穂なんて、共演そもそもしないと思うけど。

などのコメントが寄せられています。

コメントにもありますが、藤原紀香さんは同じくキャンギャル出身で、ファッション誌『CanCam』でモデルを務めていたという共通点もある米倉涼子さん(44)をライバル視していたという噂もあります。

藤原紀香さんは自身と同じような活動をしてきた女優や、狙っていた仕事を奪った女優たちのことを一方的にライバル、敵対視し、次々に共演NGにしているという噂ですが、残念ながら世間はどの女優と比較しても藤原さんの方が格下だと見ている様子です。

藤原紀香さんがこれまでに主演を務めた作品は、ドラマ『ナオミ』『昔の男』『スタアの恋』『愛と青春の宝塚』『ひみつな奥さん』、ミュージカル『キャバレー』『マルグリット』など多数あるのですが、残念ながら代表作と呼べるような作品がこれといってありません。

そのため、藤原紀香さんが大物女優たちを共演NGにしているという噂は失笑を買い、さらにイメージダウンしてしまっている様子ですが、『舞台 サザエさん』の評判はまずまずのようで、これから女優としての活躍ぶりを見せてほしいですね。

参照元
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/262122
  • https://www.news-postseven.com/archives/20190911_1450434.html
  • https://taishu.jp/articles/-/60516
  • https://www.cyzo.com/2019/09/post_216431_entry.html
  • https://www.cyzo.com/2019/09/post_216504_entry.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4NTI1NzA5

    女優はもとより、芸能界を辞めなかった理由さえ見当たらない。

  2. 2
    匿名
    ID:MTkyMjgzODA3

    誰も相手にしてないでしょ?
    友近にしか見えなくなってきた。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4MzE3MDQ2

    紀香さんそんなに悪い人に見えない
    自分の美しか興味なさそう
    ライバル意識とか意外となさそう 

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について