織田裕二&中井美穂アナが世界陸上メインキャスター降板。今年が最後と発表、番組出演継続を望む声が殺到

スポーツ テレビ番組・映画

世界陸上の織田裕二と中井美穂キャスター

7月16~25日(日本時間)にアメリカ・オレゴン州ユージーンで開催の『世界陸上2022』をTBSが生中継し、13大会連続でメインキャスターを俳優・織田裕二さん、元フジテレビでフリーの中井美穂アナウンサーが務めることが正式発表されました。

また、今大会をもって2人がメインキャスターを卒業することも明らかにしました。

世界陸上は1983年に第1回大会が開催され、1991年以降は2年に1度の頻度で開催されており、テレビ中継は1983年がテレビ朝日、1987~1995年は日本テレビ、1997年からTBSが放映権を取得し中継しており、番組のメインキャスターは織田裕二さんと中井美穂アナが務めてきました。

東京五輪の延期により、2019年以来3年ぶりの開催となる今年の世界陸上もTBS系で独占生中継し、地上波放送では早朝から昼の時間帯を中心に開催の決勝種目を中継するほか、1時間のハイライト番組を23時台に連日放送し、大会最終日の25日はゴールデン帯に総集編を放送予定で、10日間で番組の総放送時間は約70時間になるとのことです。

この他に、YouTubeや公式ホームページで大会のライブ配信やハイライト・クリップ動画などを配信、また過去の大会でのスーパースターたちのパフォーマンス、織田裕二さんと中井美穂アナの名シーンなども配信するとしています。

<↓の画像は、今大会でメインキャスター降板の織田裕二さん、中井美穂アナの写真>
織田裕二&中井美穂アナ

今大会で番組のメインキャスターを卒業する織田裕二さんは、「『世界陸上』のメインキャスターとして長い間、アスリートたちの人間ドラマを見続け、伝えてきました。参加するすべてのアスリートや彼らを支える関係者のみなさま、番組を楽しみにしている視聴者のみなさまへ向けて、25年の集大成として、感謝と思いを込めて、熱く伝えていきたいと思います。今回の世界陸上はアメリカ初開催ということで間違いなく盛り上がることでしょう。今からワクワクしています。とにかく地元アメリカが圧倒する大会になるのでは?と思います。今回は陸上王国アメリカがどれだけぶっちぎるのか楽しみです。そして、その牙城を誰が崩すのか?そこに喜びとか悲しみとか驚きとか、かけがえのないドラマに期待しています。」などとコメントしています。

中井美穂アナは、「『世界陸上』のメインキャスターを務めて以来、シンプルで奥の深い陸上競技に魅了され続けてきました。アスリートには多様なバックボーンがあり、多くの人の支えがあり、ドラマがありました。陸上王国アメリカで初めての開催となる『世界陸上オレゴン』いよいよ開幕します。メインキャスターとして最後の放送になりますが、陸上への愛を込めて選手たちが限界に挑む姿を余すところなくお届けします。ご期待ください!」と呼びかけています。

そして、織田裕二さんと中井美穂アナの世界陸上メインキャスター卒業発表などを受けてネット上では、

  • 織田さんラストランなのか…
  • ラストなのか…あの熱い感じが深夜にピッタリだったのに
  • 世界陸上といえば織田さんってイメージなのにな
  • 世界陸上は織田裕二を楽しむ番組
  • 織田裕二のいない世界陸上なんてつまらんよ
  • 織田さんは降ろさなくていいよ この人以上に陸上に熱い人なんているのか
  • アリソン・フェリックスの引退とともに身を引くとは
  • 次は誰がやるんだろう
  • 武井壮が来そうだな
  • 次のキャスターは照英が良いな
  • ジャニとか吉本芸人のMCだけは勘弁 陸上競技にも興味が無くなる
  • 2人ともメインは退いて、リポーターみたいなので続投でいい気がするな
  • 正直、この二人じゃ無くなったらもう観ないわ オールマイトレジャーを聞くのが良いのよ
  • 下手すりゃ今回が終わったら、TBSがスポンサーしない可能性すらあるな

などの声が上がっています。

世界陸上での織田裕二さんは非常にテンションが高く、連日大会の模様を熱く伝える姿からファンも多く、中には陸上競技にはそれほど興味は無いものの、織田さん目当てで世界陸上を観ているという視聴者もおり、今大会をもってメインキャスターを降板してしまうのは寂しい、残念といった反応が多く見受けられます。

織田裕二さんは世界陸上の中継で多くの名言(迷言)を残しており、「地球に生まれてよかったー!」「なにやってんだよ、タメ~」「も~~ぉ、今日見なかったらアホ!言い過ぎた!」「8位の走りとは思えなかったですね。5位、6位の走り」「ベルリンでは早くも記録の壁が崩壊しました」「僕はゲイですよ!絶対ゲイです」などの発言が注目を集め、これらの発言はモノマネタレント・山本高広さん等にモノマネされています。

山本高広さんのモノマネ動画

織田裕二さんは世界陸上で俳優業では見せない一面を披露し、独特な言葉のチョイスが話題となる裏では、『日本陸上競技連盟(JAAF)』から「大会を茶化してほしくない」といったクレームが入り、2013年以降は織田さんの実況が大人しくなったとされていますが、世界陸上の中継には欠かせない存在となっています。

そのため、メインキャスターを卒業後も番組出演は継続して欲しい、織田裕二さんが歌うテーマ曲『All my treasures』も変えないでとの声も上がっています。

今後どういった形になるのかはまだ分かりませんが、とりあえずメインキャスターとしては最後となる今大会も熱く、大会の模様を伝えてもらいたいですし、最後にどのような名言が飛び出すのかも楽しみですね。

参照元
  • https://www.oricon.co.jp/news/2238786/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1614038/
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1778728/
  • https://www.cyzo.com/2013/05/post_13444_entry.html
  • https://toyokeizai.net/articles/-/306623
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:MjA1NTIzNzcx

    お二方とも長きにわたって、世界陸上のメインキャスターを務めきったならご立派。

  2. 2
    匿名
    ID:MjQwYjoxMz

    織田裕二のあのセリフがあったから世界陸上に興味を持った人が増えたのに協会は何を天狗になっているのやら。馬鹿じゃないの

  3. 3
    匿名
    ID:MTkyMzI0NTk2

    JAAFではなくものまねされたり視聴者から茶化されたりクレームがきたからから大人しくなったんだと思ってた
    ちょうどそのころ織田裕二批判あったよね・・・
    こんなに選手への愛が感じられる解説をしてくれるキャスターいないのにね

コメントを残す

前の記事次の記事
芸トピの最新ニュースをお届け!