石原さとみの新型コロナ陽性隠しに綾野剛が怒り? 4月放送ドラマで共演、裏側でトラブル勃発か…ネットでも批判噴出

石原さとみと綾野剛

芸能事務所『ホリプロ』が4日、女優・石原さとみさん(本名=石神国子 34歳)が1月中旬に新型コロナウイルスへの感染が判明していたことを公表しましたが、この発表がネット上で物議を醸しているほか、ドラマ共演が報じられている俳優・綾野剛さん(あやの・ごう 39歳)サイドが腹を立てていると夕刊紙『日刊ゲンダイ』が報じています。

ホリプロの発表によれば、石原さとみさんは1月中旬に仕事の関係でPCR検査を受けた結果、新型コロナウイルスの陽性が判明したといい、その後は2週間にわたって自宅療養していたそうです。

幸い、石原さとみさんは4日時点では無症状で、体調に問題は無いことからドラマの撮影で週末から仕事復帰予定とのことでした。

『スポーツニッポン』(スポニチ)が関係者に取材したところ、現時点では未発表の連ドラへの出演を予定し、石原さとみさんは新型コロナウイルスの感染が判明したことにより、出演シーンが撮影延期になっていたと明かしたと伝えています。

これらの情報は3日に週刊誌『女性セブン』が報じており、ドラマ撮影初日に行われたPCR検査で石原さとみさんの陽性が判明したものの、濃厚接触者に該当する共演者はいなかったため、他のシーンから撮影を始めることになったとのことでした。

また、石原さとみさんの感染が公表されなかった理由については、「すでに公になっている出演番組を欠席したり、上演中の舞台を降板した場合などは、その理由を説明する必要が出てきます。そのために公表という形をとる。石原さんは、撮影が始まったドラマがまだ正式発表されておらず、撮影の欠席を関係者以外に説明する必要はありません。公になっている仕事を欠席することもなかったので、公表を控えたとみられています」としていました。

『女性セブン』の記事では、石原さとみさんが出演の新ドラマに関する情報は伝えていませんが、『東京スポーツ』(東スポ)は1月時点で、石原さとみさんが4月14日スタートの春ドラマ『恋はDeepに!(仮タイトル)』(日本テレビ系 水曜22時)に出演し、綾野剛さんとW主演すると報じていました。

その後『フライデー』もこのドラマについて報じており、PCR検査で陽性が判明する前に、川沿いでドラマの撮影を行っていたことを写真付きで伝え、そのドラマの内容については、「石原と綾野剛演じる御曹司が恋に落ちるラブコメディで、4月から日本テレビの水曜22時枠で放送される予定です。ストーリーは完全オリジナル。『おっさんずラブ』を手掛けた徳尾浩司氏が脚本を担当しています」と、日本テレビ関係者が明かしていました。

そして、『日刊ゲンダイ』は石原さとみさんが感染を即座に公表しなかったことが問題視されていることを伝えており、記事では芸能プロダクション関係者が、「先月15日ごろの検査で判明したそうです。しかし、『女性セブン』が報じるまで所属のホリプロ側はダンマリを続けていたわけです。メディアの問い合わせに対し『むやみにヒロインが感染したことを公表することで世間に余計な不安を煽ってしまう配慮からだった』と苦しい言い訳をしています」と語っています。

石原さとみさん側が感染を隠していた理由については、「久々の連ドラ主演作で、絶対にコケるわけにはいかない。ましては結婚で一部のファンが離れてしまった。さらにコロナ感染が報じられればイメージダウンは必至です。石原サイドはなんとしてもこの負の悪循環を避けたかったようです」としています。

『日刊ゲンダイ』は、「石原サイドと日テレが、石原のコロナ感染を隠そうとした証拠がドラマの情報解禁日だ。『女性セブン』のWEBサイトに記事がアップされる前にその日時を変更した」とし、その裏事情をスポーツ紙デスクが説明しています。

石原さとみさんと綾野剛さんがW主演の『恋はDeepに!』は当初、2月3日に2つのスポーツ紙で情報解禁する予定だったそうですが、石原さんの感染が判明したことを受けて、発表日を1週間ズラして10日に変更したといいます。

これについてスポーツ紙デスクは、「もし事前にメディアに漏れても『ドラマ情報解禁前だったからコロナ感染を発表しなかった』と言い訳が出来る。しかも、10日なら石原のコロナ感染発覚から2週間以上が経過しているわけです。ダメージはないと考えたんですよ。」と解説しています。

しかし、ドラマ情報解禁前に石原さとみさんの感染が『女性セブン』に報じられ、これを受けて『ホリプロ』は公表に踏み切ったのですが、「綾野サイドは口にこそ出さないがプリプリですね。『女性セブン』が報じなかったら何も知らされない可能性もあったわけです。下手したら自分も感染してしまうわけですから」と同デスクが語っています。

この報道を受けてネット上では、

  • 自分達が気をつけても、隠くされて後から言われてもね。濃厚接触だし。やっぱり石原さとみさんに問題あるのでは?
  • イメージ守りたいから、隠し通したかったのかな。それとも学会の指示だったのか。広告塔でもあるし。
  • 共演者やスタッフも知らされていたならいいけど、ドラマはロケもあるし、たくさんの人が関わるから感染が心配です。
    自分のブランドイメージだけでなく、周囲への気遣いを優先して欲しかったですね。正直に感染を公表した方が誠実だったと思います。
  • 事務所が隠したとしても本人が言わないと周りに迷惑がかかる。スケジュールをずらしたりした事も当事者なら認識していたはず。
    そこまでしても結局隠し通せなかったのだから、最初から感染を公表しておけば良かったのに。
    感染した事自体は今や誰でも同様のリスクが有るのだから責められないが、事実の隠蔽となると話は別。他人に暴露される程後味の悪いものは無い。
  • 去年の夏頃、石原さとみが田中圭を一喝したという記事がありましたね。
    田中圭が、コロナでみんなが注意しているなか飲み歩きをして、パンパンの顔で撮影にくる姿が無責任で許せないという内容の記事。
    コロナ感染して隠してた人に、田中圭を一喝する権利ないですね。
  • メディアに公表してないだけで、関係者には伝えてあったと言う認識だったんだけど、、ドラマ関係者にも隠してたのだとしたら、問題だよね…
    ただ、記事のコロナ感染でイメージダウンする、みたいな文には同意しかねる

などの声が上がっています。

『女性セブン』やスポニチの記事では、石原さとみさんの感染が判明したことを受けて、他のシーンの撮影から始めたとしており、当然ドラマの出演者やスタッフ等にはPCR検査で陽性が判明した事実を伝え、隔離生活を送っているものだと思っていたのですが、『日刊ゲンダイ』の報道が事実とすれば、一部の関係者にしか情報共有していなかったということですね。

もし、新型コロナウイルスの陽性をひた隠し、別の理由をつけて収録を欠席していたのだとすれば、綾野剛さん等が怒りをあらわにするのは当然ですし、事務所サイドに強く抗議したとしてもおかしくない話です。

今回の件では、『女性セブン』の報道を受けてホリプロが感染を公表したことで、石原さとみさんのイメージにも悪影響が及び、ネット上では多くの批判の声が上がっています。

綾野剛さんとの共演ドラマ『恋はDeepに!』の視聴率にも影響が出る可能性がありますが、結婚後初の連ドラ主演で好視聴率を獲得できるでしょうかね。

参照元
  • https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/284950
  • https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2674980/
  • https://www.cyzo.com/2021/02/post_267319_entry.html
4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTk1MTU5NDQz

    コロナ隠しはまずい。映画 樹海村のほうがいい

  2. 2
    匿名
    ID:NDYwNDcyODE5

    世間からも、隠してた人って思われちゃうからなぁ。公表して皆さんも気をつけましょうぐらい言っておけばまだ少しはましだったかも。

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4Njg5NDE1

    これはまずいよね
    周りの人に迷惑かける
    バレなきゃいいっておもってたのか?

  4. 4
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjAx

    そーゆー事で簡単に
    人気なくなるって分からないのかな?

コメントを残す