新垣結衣が夏ドラマ『親バカ青春白書』出演へ。ムロツヨシと夫婦、永野芽郁と親子役に。福田雄一作品に初出演で注目集まる

新垣結衣

女優の“ガッキー”こと新垣結衣さん(あらがき・ゆい 32歳)が、8月スタート予定のドラマ『親バカ青春白書』(日本テレビ系 日曜22時30分)に出演し、主演するムロツヨシさん(44)の夫、永野芽郁さん(20)の母親役を演じることが明らかになりました。

新垣結衣さんがドラマに出演するのは、2018年10月期放送の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で松田龍平さんとW主演して以来、約2年ぶりとなります。

『親バカ青春白書』は、同枠で放送された『今日から俺は!!』の制作チームが手掛けるオリジナルドラマで、脚本統括・演出は福田雄一さんが担当し、大学の同級生となった父親と娘がキャンパスライフを通じて、親子の絆を深めていく青春ホームコメディとなっています。

ムロツヨシさん演じる主人公の小説家・小比賀太郎(おびか・たろう 通称:ガタロー)は、妻を病気で亡くしてシングルファーザーとなり、永野芽郁さん演じる箱入り一人娘・さくらと仲良く生活していた中で、女子校育ちのさくらが共学の大学に通うことを心配し、同じ大学、学部に入学してクラスメイトになります。

<↓の画像が、『親バカ青春白書』で親子役を演じる永野芽郁さん、ムロツヨシさんの写真>
永野芽郁&ムロツヨシ 日本テレビの新ドラマ『親バカ青春白書』共演

同級生になったガタローはさくらを心配するあまり、サークル、飲み会、合コン、文化祭、ミスコン、バイト、就活など様々な事柄に首を突っ込み、娘や同級生たちよりも大学生活を満喫し…というストーリーで、さくらの恋人候補・畠山雅治役には中川大志さんが起用されており、親子との三角関係も見どころとなっています。

ドラマ『親バカ青春白書』PR動画

新垣結衣さんが演じるガタローの最愛の妻・幸子は、病気によってすでに亡くなっているという設定で、どのような形でストーリーに絡んでくるのか詳細はまだ明らかにはされていません。

『親バカ青春白書』の撮影は6月上旬からスタートし、新垣結衣さんはこれからクランクインするそうで、2年ぶりのドラマで母親役を演じる新垣さんは、こんな時だからこそ、このようなワクワクする作品に参加できることをより一層うれしく思います。福田組、ムロ座長のもと、皆様に笑顔をお届けできるよう、私も微力ながら精いっぱい頑張ります。ムロさんの奥さんであり、芽郁ちゃんのお母さんになれるなんてとても楽しみです!とのコメントを寄せています。

また、日本テレビの高明希プロデューサーは、「私のプロデューサーデビュー作、スペシャルドラマ「らんま1/2」が、新垣結衣さんとの初めてのお仕事で、また必ずご一緒したいとラブコールを送り続けていました。まさか、それがムロさんの奥さん役で実現するとは……!なんで受けてくれたんだろ(笑い)?主人公・ガタローと娘・さくらの間には、いつも亡き母・幸子の存在があります。大学を舞台にした青春コメディーでありながら、この家族の思いにほっこりするホームドラマでもあるので、こんな世の中だからこそ、ぜひ家族そろって見てほしいです。」と呼び掛けています。

そして、新垣結衣さんが『親バカ青春白書』に出演し、ムロツヨシさんと夫婦役、永野芽郁さんと親子役を演じることに対してネット上では、

  • ガッキーが芽郁ちゃんのお母さん役ってどんだけー!って思ったらそういうことね。
    脇役ガッキーかぁ、いい味出してくれるといいな。
  • ガッキーの主演級じゃない贅沢起用に、ムロツヨシの演技力。高視聴率期待大。楽しい作品を期待します。
  • ガッキーが3番手の助演するなんていつ以来なんだろう?それでも出演するほど、福田組ってのは魅力的なのかも。
    新しいガッキーの発見になるのを期待してます
  • ガッキーが主演じゃない!ガッキーが母親役!って驚きましたが、久々の登場で楽しみです。
    でももう亡くなっているお母さんの役だから出番が少ないのかなぁ。だとしたら残念。
  • 主演でも副主演でもないのか。贅沢な起用だ。ただガッキー好きには、出番が少ないと思われるから消化不良
  • ムロツヨシの快進撃が止まらんね、ガッキーとは空飛ぶ〜以来かな?戸田恵梨香と『大恋愛』の後は、CMで石田ゆりこと夫婦。
    今度はガッキーが亡くなった奥さん、そんで定期的に深夜で福田組。凄いねー。とにかく楽しみです。
  • あのガッキーが、主演でもヒロインでもなく、脇役。これはびっくりだわ。しかも既に亡くなってる奥さん役。出番はどれくらいあるんだろう。
    勇者ヨシヒコに出てた神(佐藤二朗)程度の出演率はあってほしいな。
  • 「何で受けてくれたんだろう?」、それに尽きる!ムロさん、三国一の幸せ者!!
    主役じゃない、母親役、いろいろビックリすることだらけだけれど、新しいガッキーを観るのは楽しみ。
    福田組とのマッチングも気になる。絶対リアタイします!

などの声が上がっています。

新垣結衣さんが連ドラに出演するのは約2年ぶりですが、主演もしくは2番手以外で起用されるのは2014年3月期放送の『S -最後の警官-』(TBS系)以来となります。

また、福田雄一さんの作品に出演するのは今回が初で、それもムロツヨシさんと夫婦、永野芽郁さんと親子役を演じるとのことから、どのような演技を見せてくれるのか楽しみなどと期待の声が多く上がっています。

23日発売の週刊誌『女性自身』によれば、新垣結衣さんが『親バカ青春白書』の出演オファーを受けた理由は、2011年に主演した実写ドラマ『らんま1/2』を手掛けた高明希プロデューサーによる作品であることや、新垣さんはムロツヨシさん主催の『ムロ会』でも交流があり、ムロさんが福田雄一さんに「彼女に妻役をやってほしい!」と懇願し、出演が決まったそうです。

新垣結衣さんは回想シーンなどに登場予定といい、この作品はあくまでもムロツヨシさんと永野芽郁さんがメインなので、新垣さんの登場シーンは多くなさそうですが、久しぶりのドラマ出演で是非とも振り切った演技を見せて欲しいですね。

参照元
  • https://mdpr.jp/news/detail/2114467
  • https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1870393/
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTc2

    義母娘の二番煎じ感否めない

コメントを残す