成宮寛貴の薬物使用疑惑告発の友人A氏が『とくダネ!』出演で話題! 暴露の理由や真相激白! 金目的やコカイン購入否定も…画像あり

成宮寛貴

元俳優・成宮寛貴さん(34)の薬物使用疑惑を告発した友人・A氏を名乗る人物が21日、『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に出演し、告発に至った理由を語りました。

番組では単独インタビューの模様が放送され、A氏を名乗る人物は成宮さんとの関係について「4年前くらいにクラブのVIPルームで知り合った。よく遊ぶようになったのは今年の9月か10月ごろ」と語り、A氏は『フライデー』に掲載されたコカイン吸引疑惑現場の写真と同じものを持参し、これは成宮さんの自宅のリビングで撮影されたもので、「動画」をキャプチャーしたものだと説明。

<↓の画像は、A氏が『フライデー』に提供した写真>
フライデーに掲載されたA氏提供の写真

成宮さんの薬物使用疑惑を告発した理由については、「ワナをかけるつもりはなかったんです。彼にそういうの(薬)やめてほしい。彼は悪いことしているわけじゃないですか。」といい、インタビューを受けた理由については「彼は今、逮捕されてもいないし、自分はいろんな人から叩かれて勘違いされているので、それを変えたいんです」と語っていました。

<↓の画像が、『とくダネ!』の取材に応じたA氏の写真>
とくダネ!に出演したA氏

また、お金目当てなのではないか、週刊誌に情報提供料として100万円を要求したのではないかという話について問われると、「全然ないですね。嘘ですね」と否定。

さらに、「成宮氏の依頼でコカインを買いにいったのではなく、コカインを買う人への仲介をしただけ」と説明し、自身はコカインに触れていないと強調していました。

<↓の画像は、A氏の証言を基にした図解>
とくダネ!出演のA氏による説明の図解

薬物検査については「検査をやるならやってもいいですよ。彼(成宮氏)も一緒に病院に行って、2人で受けるなら構わないです」といい、警察への情報提供についても「彼がこっちに来て僕と一緒に行くのであれば、僕は全然かまわないです。」と語っていたのですが、これに対してネット上では、

  • 辞めてほしいなら警察に言えばよかったのでは?結局追いつめて芸能界から追放させたのは友人と名乗る人物のせいであろう。本当に友人なのか?
  • 自分だけ名前も顔も隠して安全なところから成宮くんを蹴落としているのがどうかと思う。もう一般人なんだから、あとは警察に任せたら?
  • とくダネ観てたけど…意味がわからなかった。警察に言っていれば話はわかるけど。無償で写真提供したの?違うよね。ブログ開設するとかもう一儲けしようとしてる以外に何か意図ある?そして服装からも、誠意ある印象は受けなかった。表に出れば出るほど信用できないよ。
  • なんか矛盾してるなぁ。本当に友達で、友達を思う気持ちからの行動なら週刊誌には売らない。
  • 何がしたいのかよくわからないわ。

などのコメントが寄せられています。

A氏本人である証拠を出しているものの、現時点ではまだ『フライデー』に情報提供したA氏本人なのかどうかは不明ではあるものの、夕刊紙『夕刊フジ』が報じている記事では関係者が「情報提供者本人」だと語っています。

今回番組に登場したA氏は、14日にツイッターアカウントを開設し、毎日のようにツイートをしており、20日20時にはブログも完成することを報告していました。

しかし、20日20時前に「ただ今、最終調整をしております。予定としていた時間午後8時までに公開するのが困難だと判断し、ブログの公開時間を遅らさせていただきます。」「予定としましては12月21日午前12時から午前2時頃にブログの公開ができると思います。」と、ブログの開設が遅れることを報告。

さらにその数時間後に「Blog何度も遅くなりましたが、明日の夕方確実に解説いたします。」と、さらに開設が遅れるとしており、果たしてこの人物が本当にA氏なのかどうかはまだ不明な状態にあるのですが、19日付の『スポーツニッポン』はこの人物の他にも「友人を名乗る人物は4人以上存在」するといい、各週刊誌に情報が持ち込まれているといいます。

警察ではなく、なぜ週刊誌に情報提供をするのか、これは明らかに金目的だろうという声が多く上がっているのですが、『週刊文春』が報じていた記事では、A氏が『フライデー』に証拠として出した音声データに成宮さんとの共犯関係を示す内容が残っていたため、警察や厚生労働省麻薬取締部(通称:マトリ)に情報提供することを断念したと関係者が語っています。

A氏によれば、番組では語っていない情報はまだまだあるとのことから、これからどのような話や証拠写真などが飛び出してくるのか注目したいところですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について