実写ドラマ『恋はつづくよどこまでも』香里奈出演で物議も…上白石萌音&佐藤健共演の2020年冬ドラマ追加キャスト発表

上白石萌音&佐藤健

ラブコメディ漫画『恋はつづくよどこまでも』(略称:恋つづ)がTBSで実写ドラマ化(来年1月期・火曜22時放送)され、上白石萌音さん(21)が主演、佐藤健さん(30)が相手役を演じ、他に香里奈さん(35)、山本耕史さん(43)、毎熊克哉さん(32)、渡邊圭祐さん(26)も出演することが分かりました。

『恋はつづくよどこまでも』は、女性向け漫画雑誌『プチコミック』で2016年3月~今年1月まで連載の円城寺マキさんによる同名漫画が原作で、容姿端麗で頭脳明晰だが超ドSな性格の男性医師と女性看護師の恋を描いた作品となっています。

<↓の画像は、原作漫画『恋はつづくよどこまでも』の写真>
円城寺マキの漫画『恋はつづくよどこまでも』

主演の上白石萌音さんが演じる主人公・佐倉七瀬(さくら・ななせ)は、5年前に出会った循環器内科医の天堂浬(てんどう・かいり)に一目惚れし、これがきっかけで看護師になることを決め、猛勉強の末にナースとなって天堂と再会を果たすのですが、七瀬が思い描いていたイメージとは全くの別人で、容姿端麗で医師としての腕はピカイチなエリート医師の一方、性格は超ドSで周囲からは“魔王”と恐れられている完璧主義の人物でした。

しかし、七瀬は一目惚れした天堂に純粋に素直に思いを伝え続け、その姿が病院内でも話題となり、魔王にくじけることなく立ち向かう姿が“勇者”のようだとして、先輩たちからは「勇者ちゃん」と呼ばれるようになります。

<↓の画像が、主演の上白石萌音さん、相手役の佐藤健さんのヴィジュアル写真>
TBSドラマ『恋はつづくよどこまでも』出演の上白石萌音&佐藤健

七瀬の行動は誰の目から見ても無謀なものの、素直に思いを伝え続け、仕事も恋も常にまっすぐな七瀬の姿に、天童の鉄の心が徐々に溶かされ…というストーリーになっており、実写ドラマはTBS系で来年1月期に火曜22時枠で放送されます。

そして、新たに発表された追加キャストの香里奈さんは、天堂とただならぬ縁を持つ謎の美女・流子(原作では天堂の姉)を演じ、ノリは少々古いが見た目は派手なイイ女、性格は天真爛漫、大の酒好きという設定で、七瀬と天堂の恋に大きく関わる重要な役どころになっています。

山本耕史さんが演じるのは、天堂が勤務する日浦総合病院の副院長で、循環器内科の医師部長・小石川六郎役を演じ、小石川は天堂に「医師の“い・ろ・は”」を教えた先輩医師で、陽気な性格で後輩の面倒見も良く、病院内の人間関係もよく把握している上司であり、天堂の“悲しい過去”にも関わっている重要人物です。

毎熊克哉さんは天堂の同期で、同じ循環器内科の医師・来生晃一役を演じ、天堂とは正反対の優男で、天堂とは強い信頼関係で結ばれていて、天堂をイジれる貴重な存在でもあります。

渡邊圭祐さんは、七瀬の同期で新人看護師の仁志琉星役を演じ、仁志は患者たちから高い人気を得ている一方、看護しながら血が苦手というヘタレキャラで、ひょんなことから流子と出会い、恋に落ちるという役柄です。

<↓の画像が、追加キャスト4人の写真>
実写ドラマ『恋はつづくよどこまでも』出演の香里奈・毎熊克哉・渡邊圭祐・山本耕史
(左上から時計回りに、香里奈さん、毎熊克哉さん、山本耕史さん、渡邊圭祐さん)

脚本は、ドラマ『中学聖日記』『FINAL CUT』『Stand Up!!』『ナースのお仕事3・4』『ブラザーズ』、映画『羊と鋼の森』『となりの怪物くん』『高台家の人々』『陰日向に咲く』『電車男』などを手掛けた脚本家・小説家の金子ありささんが担当します。

演出は、ドラマ『半沢直樹』『ルーズヴェルト・ゲーム』『下町ロケット』『流星ワゴン』『陸王』『ブラックペアン』『ノーサイド・ゲーム』『集団左遷を』など、数多くのヒット作を手掛けているTBSのディレクター・演出家の田中健太さんが起用されています。

上白石萌音さんと佐藤健さんのスペシャルインタビュー映像

現時点で発表されている実写ドラマ『恋はつづくよどこまでも』のキャストなどはこのようになっており、ネット上の反応を見てみると、

  • 仮面ライダー出演俳優が3人!
  • 上白石萌音の妹・上白石萌歌は佐藤健と『義母と娘のブルース』で共演してるし、佐藤健との絡みの多い姉妹だね。期待してます
  • 22時台のドラマにしてはちょっと?のキャスティング
  • 香里奈か。俳優陣はウォズや毎熊さんもいて良いんだけど。
  • なぜ香里奈
  • 佐藤健のドS役ははまりそうで期待大。香里奈以下四名は…
  • 香里奈かよ、他にもっと良い人いるだろ!邪のイメージ付いた人は起用しないでいただきたい。
  • 香里奈、、、あの写真のイメージしかない。その後何事もなかったかのようにドラマ主演を事務所の力でやってたが視聴率低すぎたよね
  • 香里奈もベッドでの写真が流出してからダメになったし、出たドラマも低調だからTBSも冒険に出たな…。
    昔はメチャクチャ可愛かったのに今は凄いオバさんになったし、可愛い頃を知ってるだけ劣化した時間の流れを感じてしまう…。

などのコメントが寄せられており、特に香里奈さんの出演発表に対して反応している方が多い様子です。

香里奈さんは2014年に週刊誌『フライデー』によって、大股開きして下着モロ出し状態で熟睡している写真を公開され、プライベートでの奔放ぶりも明らかにされたことでイメージダウン、これによってCMなど多くの仕事を失い、一時表舞台から姿を消しました。

それから1年半が経過した2015年10月期にドラマ『結婚式の前日に』(TBS系 火曜22時)で主演しましたが、全話の期間平均視聴率は5.6%と大コケ、続いて2017年1月期放送の『嫌われる勇気』(フジテレビ系 木曜22時)で主演し、こちらも全話の期間平均視聴率が6.5%とコケています。

こうして主演級女優の座から陥落した香里奈さんは、昨年7月期放送の石原さとみさん主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)、今年1月放送のディーンフジオカさん&井浦新さんW主演スペシャルドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』(フジテレビ系)で脇役を演じていました。

現在も5年前のスキャンダルで否定的な声も上がっていますが、徐々に批判も減ってきているように感じられるので、『恋はつづくよどこまでも』では良い演技を見せてさらに評価を回復してもらいたいですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について