今年のガキ使は『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』。ラグビー日本代表選手ら過去最多の刺客が登場。

ガキの使い・笑ってはいけない

毎年恒例の年越し番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』(日本テレビ系 12月31日18時30分)の詳細がついに発表され、今年の番組タイトルは『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』とし、レギュラーメンバーが新入生に扮して様々な試練に挑むことが明らかになりました。

『笑ってはいけないシリーズ』が年越し番組となってから今年で14回目となり、今年は「青春ハイスクール」をテーマに新入生に扮したダウンタウン、ココリコ、月亭方正さんの5人が、様々な授業やイベントを体験するそうです。

今年は過去最多となる74人の刺客が登場し、基本ルールの「どんな事が起こっても絶対に笑ってはいけない」に加えて、多種多様なブロックを設けてバラエティ豊かなラインナップになっているといいます。

撮影は11月上旬に茨城県内にある廃校になった学校2校で行われ、レギュラーメンバー5人を除く出演者は74人、エキストラを含めた総スタッフは約500人、カメラ総台数は210台と例年と同じく大掛かりなロケとなっていたとのことです。

現時点で出演者の名前は公表されていませんが、ラグビー日本代表の堀江翔太選手、“笑わない男”こと稲垣啓太選手、田中史朗選手らが登場している様子です。

<↓の画像が、『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』の先行公開写真>
『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』

他にも超大物タレントが名物キャラクターに扮して登場するほか、若手俳優がネタを披露したり、有名女優がコラボネタに挑戦し、理事長役には超大物、学園ドラマの名俳優、「不倫コンビ」などお馴染みのゲストなど豪華ゲストが多数出演するとしています。

そして、この発表を受けてネット上では、

  • 浜ちゃんがセーラー服じゃない…
  • 紅白見るより面白いわ。問題はゲスト、意外な人を期待します。
  • 最近は”笑ってはいけない”部分が減りすぎて面白く無いんだよなぁ
  • 毎年楽しみにしているけど、鬼ごっこと終盤藤原が捕まって助けに行くやつはいらん、面白くない。
  • 鬼ごっこと後半のグダグダ感が年々ひどくなっていってるので、何とかして欲しいが、果たして今年は…。
    蝶野ビンタがどのタイミングで出てくるかは楽しみ。あと、くっきーをラスボス的な扱いをするのはもう止めて欲しい。マンネリすぎ。くっきーは、刺客の一人でいい。
  • 事務所の忖度で「出してあげてる感」が視聴者に伝わるキャスティングはもうやめてほしい。
    あと、数年連続で視聴率が低い企画はやめたらいいのに。個人的には芸人バトルのところが退屈で、もう何年も見てないです。
  • 佐野史郎のことも今年はあったし、なんとか頑張ってほしい。
  • 佐野さんいなかったことにされるのかな

などのコメントが寄せられています。

年越し番組になる直前の罰ゲーム企画では、『松本・山崎・ココリコ罰ゲーム 絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)』と題して、ダウンタウン・浜田雅功さん以外の4人が学ランを着用し、絶対に笑ってはいけない試練に挑戦しており、高校が舞台でメンバーが学生に扮するのは今回で2度目となります。

年越し特番としては今年で14回目となるだけに、ネタの枯渇やマンネリ化なども見受けられますが、何だかんだ言ってつい見てしまう魅力があり、毎年様々な豪華ゲストが登場するので、そうした部分も大きな見どころとなっていますね。

今年はロケ中に俳優・佐野史郎さんが腰を骨折するアクシデントが発生し、番組に携わる放送作家・高須光聖さんがラジオで余計な発言をしたことで炎上騒動に発展しましたが、高須さんがその後キッチリと謝罪したことで和解しています。

佐野史郎さんは当初から番組放送を望んでいましたが、問題のシーンがカットされるのか、それとも断りを入れてオンエアとなるのかどうかも今年の大きな見どころです。

また、今回発表された出演メンバー5人のコメントでは、浜田雅功さんが「田中に対しては色々ありました」と意味深なコメントを寄せており、松本人志さんも「浜田さんと同様で田中の件は、年をまたいで考えないとあかん案件かな…」とし、ココリコ・田中直樹さんが一体何をするのかにも注目ですね。

参照元
  • https://mdpr.jp/news/detail/1897718
2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MTc4NzExMjg0

    長すぎる

  2. 2
    匿名
    ID:MjM1NTYxNjY0

    もう芸人同士のバトルは必要ない
    面白くもなんともないので、そろそろ辞めていただきたい

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について