リコカツ降板の佐野史郎の深刻な病状…腎臓機能障害で死の危険か。病気発覚から入院の裏側を女性セブン報道

佐野史郎

個性派俳優・佐野史郎さん(66)が体調不良を理由に、現在放送中の北川景子さん主演ドラマ『リコカツ』(TBS系 金曜22時)を途中降板することが先日発表されましたが、死に至る可能性もあるほど“超深刻症状”だと7日発売の週刊誌『女性セブン』が報じています。

佐野史郎さんは4月からスタートした『リコカツ』で、北川景子さん演じる主人公の父親役を演じていましたが、4日にTBSがドラマの公式サイト上で佐野さんの緊急降板を発表すると共に、7日放送の第4話から佐野さんの代役を平田満さん(67)が務めることを明らかにしました。

<↓の画像が、佐野史郎さんの代役を務める平田満さんと共演者の写真>
佐野史郎の代役・平田満『リコカツ』共演者の画像

また、佐野史郎さんもコメントを発表し、このたび、思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急遽、入院せざるをえない状況となり、水口武史役を続投することができなくなってしまいました。プロの俳優として恥ずかしい限りです。と、「腎臓機能障害」によって入院していることを明かし、謝罪の言葉などを綴っていました。

<↓の画像が、佐野史郎さんのコメント全文の写真>
佐野史郎がリコカツ途中降板コメント画像

『女性セブン』によると、佐野史郎さんが体調の異変を感じたのは4月上旬のことだったそうで、病気発覚から入院の経緯についてドラマ関係者は、「4月中旬、39℃の発熱があったため、新型コロナの可能性もあるということですぐに病院を受診。PCR検査を行ったところ陰性だったが、その後に受診したクリニックの医師に『放っておくと死に値するほど、腎臓の数値が悪い』と言われ、すぐに入院することになりました」と説明しています。

腎臓機能障害によって、今後少なくとも1ヶ月は仕事が出来ない状態だったため、すぐにドラマスタッフは代役探しを行い、佐野史郎さんの入院が判明してから1週間後には、平田さんの撮影スケジュールが組まれたといいます。

腎臓機能が低下した場合、体内の老廃物を正常に排泄できず、腎臓機能が正常時の30%以下になった場合には「腎不全」と診断され、腎不全を発症した場合には、吐き気や食欲不振などの症状がみられます。

自覚症状があった時点で、すでに病状がかなり進行しているケースが多く、急性腎不全の場合は治療によって改善する可能性がある一方、慢性腎不全の場合は治療により低下した腎機能を維持できる可能性はあるものの、症状を改善させることは難しいとされています。

前出のドラマ関係者は佐野史郎さんの病状について、「佐野さんの事務所からは具体的な症状は発表されていませんが、責任感の強い彼が降板するほどですから、医師が言ったとされる『死に値する』というのは大げさではなく、相当、深刻な症状だった可能性があります。3話目の撮影時、佐野さんはいつも通り演技されていましたし、傍目には元気そうに見えました。いま思えば、周囲に心配をかけまいと必死に平静を装っていたのかもしれません。ものすごいプロ意識だと思います」と語っています。

佐野史郎さんは今期『リコカツ』だけでなく、V6・井ノ原快彦さん主演『特捜9 season4』(テレビ朝日系 水曜21時)にも出演しており、テレビ局関係者は、「『リコカツ』と『特捜9』は同じ頃にクランクインし、佐野さんは掛け持ちで撮影をこなしていました。コロナで舞台の仕事が激減する中、ドラマの出演が決まって喜んでいたそうです。4月末までは健康面の不安などまったく感じさせなかっただけに、周囲も本当に驚いています」と明かしています。

また、ドラマ関係者は、「もう30年近く、佐野さんはドラマに出ずっぱりで、その間に映画の撮影や舞台、音楽活動など多忙極まりない日々を過ごしてきました。長い間の疲労の蓄積が、今回の入院につながったのかもしれません」と語っています。

別のドラマ関係者は、「佐野さんは今回の入院後、『プロの俳優として恥ずかしい限りです』と、病気になったことを詫びています。でも実際は、謝る必要なんてないほど真面目な生活を送っていたんです。実は、2019年のケガをきっかけに、“役者は体が資本”だと考え、タバコもお酒も控え、以前に比べて食事など健康面にも気を配るようになっていたんです。それなのに……」と、健康維持に努めていたと明かしています。

しかしながら、腎臓機能障害が発覚したことにより、『リコカツ』を降板することになってしまったのですが、『女性セブン』の報道を受けてネット上では、

  • 一日も早く復帰ではなく、ゆっくり時間かけて治療に専念してもらいたい
  • 代わりのいないタイプの役者さんだからね。治療に専念してほしいな
  • 冬彦さんの怪奇な演技が好きでした。腎臓は厄介。今はしっかり治して欲しい。
  • 今シーズン1番楽しみにしているドラマはリコカツだから、佐野史郎さんの降板には、正直ショックだった。
    くれぐれもお大事になさって、1日も早い回復と復帰をお待ちしております。
  • 腰の骨折。腎臓も腰あたりだよな。影響あったんじゃ。
  • 手術が成功して、ゆっくり養生し、また、素晴らしい演技とサブカルチャーを熱く語る姿が見られるようにファンとして祈念しています!
  • 残念だけど、身体が1番だから、しっかり休養して下さい。代役平田満さんなら違和感なさそう。年齢も同世代なんですね。良い代役見つかって良かった。
  • 心配です。バラエティ番組で大怪我した時も、唯一無二の俳優さんになんて危険な事させるの?と驚いた
    ゆっくり静養されて、またお元気になったら良いお芝居で魅せて頂きたい

などの声が上がっています。

佐野史郎さんは1年半前の2019年11月に、年末特番『絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!』(日本テレビ系)の収録に参加した際、トラブルによって「第三腰椎骨折で全治2ヶ月」の大ケガを負いました。

この時も心配の声が相次ぎましたが、事故発生から2ヶ月後にスタートした向井理さん主演の連ドラ『10の秘密』(TBS系)で仕事復帰し、昨年はこの他にも、『特捜9 season3』、『ハラスメントゲーム 秋津VSカトクの女』(テレビ東京系)、『ディア・ペイシェント〜絆のカルテ〜』(NHK)、『私たちはどうかしている』(日本テレビ系)、『24 JAPAN』(テレビ朝日系)、映画『Fukushima 50』、『おかあさんの被爆ピアノ』、『日本独立』などに出演。

さらに、今年に入ってからも『リコカツ』『特捜9』のほか、『トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち』(WOWOW)、『やっぱりおしい刑事』(NHK BSプレミアム)、映画『ネズラ1964』、『騙し絵の牙』などに出演しており、コロナ禍もこれまでと変わらず活躍を続けていました。

佐野史郎さんはこれまで毎年複数のドラマや映画などに出演し、多忙を極めていたことと、腎臓の病気は関係しているのか否かは分かりませんが、死に至る可能性もあるほど腎臓の数値が悪いというのは非常に心配です。

佐野史郎さんはかなり真面目な性格をしているそうなので、今後の仕事への影響を最小限に抑えるために、腎臓機能障害が改善したらすぐにでも復帰したいと考えているかもしれませんが、決して無理はせずにしばらくゆっくりと休んでもらいたいですね。

参照元
  • https://www.news-postseven.com/archives/20210507_1657244.html
  • https://www.tbs.co.jp/rikokatsu_tbs/news/info.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA2OTk1MTkz

    たまにドラマ同じ時期に違う局で掛け持ちしてる俳優さんいるけど、心配になる。
    こう言うご時世だし、片方で1人でもコロナ出たら片方に迷惑かける人がいっぱいいるから止めてあげてほしい。

  2. 2
    匿名
    ID:NDYwNDcyODE5

    役者さんだから、せったくのオファーがあったものを途中で降板するのはすごく悔しいと思うけど、どうか今はゆっくり休んでまた元気な佐野さんにお会いできるのを待っています。

  3. 3
    匿名
    ID:MjU3OTAwODc4

    実際、あの骨折が関係してるんじゃないかと思う……。

コメントを残す