ピエール瀧出演映画『麻雀放浪記2020』公開へ。お蔵入りや出演シーンカットしなかった理由…ネットでは賛否両論

ピエール瀧

『電気グルーヴ』のメンバー・ピエール瀧容疑者(本名=瀧正則 たき・まさのり 51歳)が麻薬「コカイン」の使用容疑で逮捕され、関係各所は現在対応に追われていますが、4月5日公開予定の斎藤工さん主演映画『麻雀放浪記2020』(白石和彌監督)は、撮り直しや出演シーンのカットなどを行わずに、予定通り公開することを20日に正式発表しました。

<↓の画像は、4月5日公開の斎藤工さん主演映画『麻雀放浪記2020』の写真>
麻雀放浪記2020

20日に行われた会見には、白石和彌監督と配給元『東映』の多田憲之社長が出席し、多田社長は『麻雀放浪記2020』の公開について、「ピエール瀧容疑者が逮捕されたことに関して、事実であれば許されることではない。多くの時間を割き、協議してまいりました。中止、延期、編集した上での公開、ノーカットでの公開。いろいろな選択肢がある中で、弊社の判断で、4月5日にノーカットで予定通り公開することにいたしました。劇場での公開に関しては、各所にご理解いただけましたが、現在も議論が続いています」と報告しました。

<↓の画像は、会見に出席した東映・多田憲之社長(左)、白石和彌監督(右)の写真>
麻雀放浪記の監督と東映の多田社長

ノーカットで公開することを決めた理由については、「あってはならない罪を犯した1人の出演者のために、待ちわびているお客様のために公開しない選択肢を取らないという結論に至った。ほとんどの映画は劇場公開からスタートします。劇場での上映は有料で、鑑賞の意志を持った人が来るクローズドなものであるため、テレビドラマやCMなどとは性質が違う。賛否両論あると思いますがノーカット公開します。劇場公開時にはポスターおよび上映前にテロップで、ピエール容疑者が出演していることを明示します」と説明しています。

<↓の画像は、映画『麻雀放浪記2020』ピエール瀧容疑者の出演シーン>
ピエール瀧とベッキー
(右はベッキーさん)

一方の白石和彌監督は、「編集するとか再撮影する覚悟はしておりました。禁止薬物には当然反対で、絶対に犯してはいけない犯罪ですが、個人が犯した罪と作品そのものには罪がないんじゃないか。プロデューサーの苦労も聞いていますが、こういう形で公開できたことをうれしく思っているとは言いづらいんですけど、ホッとしているというか、それが今の気持ちです」と心境を吐露しています。

白石和彌監督はこれまでに、『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』など5作品でピエール瀧容疑者を起用しており、「逮捕の一報を聞いて、何度も一緒に映画を作ってきた仲間がこういう罪を犯してしまったということに僕自身大変驚きましたし、本作がこの先どうなってしまうのかということや、瀧容疑者に対して抑えがたい憤りも感じました」とも語っています。

こうして『麻雀放浪記2020』は予定通り4月5日に公開となりますが、他にピエール瀧容疑者が出演のドラマや映画、バラエティ番組などは降板や放送中止、撮り直しなどの対応を取っており、NHK大河ドラマ『いだてん』は再放送を含めて出演シーンを全カットし、代役として俳優・三宅弘城さんを立てて撮り直すことが決定しています。

また、5月公開予定の松坂桃李さん主演映画『居眠り磐音(いわね)』は、ピエール瀧容疑者の出演シーンを撮り直し、予定通り公開するなどの対応が取られています。

このように大きな波紋を拡げていることについて東映の多田憲之社長は、「いろんな事件があって、かなり公開が中止、延期、編集し直す状態がある中で、東映として、個人としてちょっと行き過ぎだなと思っています。みんなでスタッフが総力を挙げて作ったものをボツにしていいのか、甚(はなは)だ疑問を持っていた。当事者になった時に、かなり私も悩みました。株式会社ということもあり、コンプライアンスという問題もあります。それでも、映画会社の責任として公開したいなと感じました」と持論を述べています。

白石和彌監督も同じく、「一様に社会の流れで決まっているかのようにフタをしてしまうのは良くないのではないかと。上映できないというのがあくまで特例であってほしい」と語っています。

なお、東映はピエール瀧容疑者に損害賠償を請求することを検討し、すでに一部で始めていることを明かしており、損害賠償を請求する理由は、「製作委員会の中で話し合いはまだ続いており、離脱する社も出てくる可能性がある。またそれにより、エンドロールを作り直す必要が出てくるので、そういうことでの損害賠償になると思う」と説明しています。

『麻雀放浪記2020』予告映像

そして、ノーカットで予定通り『麻雀放浪記2020』が公開されることに対してネット上では、

  • 東映すげえwwwクソ映画だろうが見に行ってやるわ
  • 見たい奴は金払って見るなら別にええやろ 嫌な奴はわざわざ見にいかん
  • そらそうだろ 金も出さない奴らの言うこと聞く必要ない
  • 一切メディアで放送しなければ問題ないよね 無料で見たくもないのに見せられる環境化での放送だけ気をつければいいだけのこと
  • これは全面的に正しい 共演者やスタッフに罪は無い 自粛とか撮り直しとか言うバカは、それで生じる費用全額負担してから言え
  • 自粛しろとか言ってる奴らって『芸能界、芸能人、成功者の足を引っ張りたい』という心理が見え透いてるんだよな。後付けで『反社会勢力の資金源がー』とか言ってるのが痛々しいわ
  • 金勿体無いからだろ?
  • 撮り直す予算が無いってのが本音だろうけど
  • なにこの炎上商法 監督もラッキーとか思ってんじゃね
  • 犯罪者と反社会的勢力を応援する映画か
  • 嘘つき腹黒ベッキーも出てる映画 元々大コケ確定だったがコカインでいい宣伝になった
  • 逆にいい宣伝になっただろ。こんな映画知らなかったやつがほとんど。東映は近年ほとんどヒットが無くて東宝に水をあけられてたけど、翔んで埼玉といい最近の東映はツイてるし追い風が来てる

などのコメントが寄せられています。

ピエール瀧容疑者が関わった作品の放映、販売などに対して、現時点では自粛の姿勢を見せているところがほとんどで、これに対して世間からは作品には罪が無い、映画やドラマの共演者たちが可哀想だという声が多く上がっています。

その一方で、犯罪者が出演している作品は問題があるとして、作品の公開中止などは妥当という声もあり、賛否両論となってはいるのですが、東映の多田憲之社長が言うように、映画は誰でも無料で視聴可能なドラマやCMなどとは違い、自らお金を払って鑑賞するコンテンツということから、様々な批判を覚悟で公開するのであれば別に問題はありませんね。

公開1ヶ月を切った中で重要な役を演じていたピエール瀧容疑者が逮捕され、出演シーンのカットはストーリー上困難で、これから撮り直すにしてもかなりの費用や時間がかかりますし、お蔵入りとするのは非常にもったいないことから、こうした判断をするのもありだと思います。

こうして公開が決定した『麻雀放浪記2020』は、公開前に国会議員を対象に試写会を行なったところ、2020年の東京五輪が中止になるという設定に議員からクレームが入ったという話題作りをしたり、昨年12月には中国・マカオで開催の映画祭に出品予定だったものの、過激シーンが多いことで出品を断られたなどと説明していたのですが、それから約10日後に、「宣伝目的で過剰に演出された表現や、思い込みと確認不足による誤りが多々ありました」「軽率で行き過ぎた行為であったと深く猛省しております」と謝罪コメントを発表しています。

このように様々な手を使って話題作りをしていた作品だけに、ピエール瀧容疑者の逮捕も良い宣伝になったと考えているのではとも思いますが、果たして興行成績はどうなるか、公開後にどのような声が上がるのか注目したいですね。

参照元
  • https://music.oricon.co.jp/php/news/NewsInfo.php?news=2131895
  • http://fp.mainichi.jp/news.html?c=mai&id=20190215k0000m040139000c
  • https://www.j-cast.com/2018/12/19346473.html
3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MjExMjgyNTQ=

    今後は撮影前に薬物検査しましょう

  2. 2
    匿名
    ID:MzA2OTk1OTY5

    共演者の方には責任は無いと言うお話ですがチームワークなので連帯責任は在ると思います(何故気が付かれなかったのか)誰が一番の被害者かと問われますと成長過程の子供達への社会的、精神的影響つまり「薬中毒の患者である役者さんは赦されて映画公開される」と甘く観てしまう印象を持たれてしまう怖さは否めません。個人の主観的感想です。

  3. 3
    ピーエル瀧
    ID:MTk5ODIwODAz

    音楽に罪はないとか映画に罪はないとか言うけど、本人が大事にしていないものを、他人が大事にするって笑える。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について