オリラジの不仲説・解散危機説の真相…中田敦彦と藤森慎吾の関係にヒビ? ビビット&ヒルナンデス降板で仕事干され疑惑も…

オリラジの中田敦彦(なかたあつひこ)と藤森慎吾(ふじもりしんご)

2年前に発表の楽曲『PERFECT HUMAN』で再び脚光を浴び、再ブレークしたお笑いコンビ『オリエンラルラジオ』(略称:オリラジ)の仕事が再び減少し、コンビの不仲説や解散危機説、さらに“あっちゃん”こと中田敦彦さん(なかた・あつひこ 36歳)には仕事を干された説なども浮上しています。

それらの真相を確かめるために、週刊誌『週刊女性』の取材班はオリラジ中田敦彦さんに直撃取材を敢行し、本人から真相を聞き出しています。

慶應義塾大学経済学部出身で、インテリ芸人として知られるオリラジ中田敦彦さんは、TOKIO・国分太一さんと女優・真矢ミキさん司会の情報・ワイドショー番組『ビビット』(TBS系 月~金曜午前8時)の放送開始当初から、水曜日のレギュラーコメンテーターを務めていました。

オリラジ中田敦彦さんは番組で、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫スキャンダルをスクープされたベッキーさんを批判したり、吉本興業の先輩である雨上がり決死隊・宮迫博之さんが2人の女性と不倫関係にあると報じられた際にも、かなり責めた持論を展開したことで大きな反響を呼び、『ビビット』内では「不倫評論家」とも呼ばれていました。

そんなオリラジ中田敦彦さんが今年3月末をもって突然番組を降板し、これに続いて2012年から6年にわたりコンビで出演していた情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系 月~金曜午前11時55分)も9月で降板となり、中田さんは今年に入ってからレギュラー番組を2本失っています。

3年以上出演した番組を相次いで降板しており、『週刊女性』によれば「あの事件で干されたんじゃないかという噂で持ちきり」になっているといいます。

また、オリラジ中田敦彦さんと相方・藤森慎吾さん(ふじもり・しんご 35歳)との間に最近すきま風が吹いているという話も伝えています。

オリラジ中田敦彦さんは宮迫博之さんだけでなく、ダウンタウン・松本人志さんにも噛み付いて大きな話題になっており、脳科学者の茂木健一郎さんが自身のツイッター上で、「日本のテレビがオワコン」、日本の有名お笑い芸人たちは世界水準とはかけ離れ、「終わっている」などと痛烈批判した後に、松本さんが『ワイドナショー』に茂木さんを呼んで責め立てる場面があり、オリラジ中田さんはそれを見て「公開処刑」だったとブログに綴りました。

その後、オリラジ中田敦彦さんはラジオ番組で「暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ、吉本が全社をあげて大騒ぎし、幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と明かした上で、「ただ、僕の意思としては『謝らない』という。「『人志松本に謝らない話』ということで、『謝らんなぁ~』と今言ってると思うんですけど、僕も覚悟を持ってやってますんで」と、徹底的に争っていく姿勢を見せていました。

一方の松本人志さんはこの件については特に言及していないため、単に吉本興業の幹部たちが騒いでいるだけの可能性があるのですが、オリラジ中田敦彦さんは謝れと言われてもそれを拒否し続け、そのとばっちりを受けることになった相方・藤森慎吾さんは、何をやってくれているんだということで、すぐに松本人志さんのところへ行って謝罪したそうだと構成作家が語っています。

<↓の画像は、オリラジの中田敦彦さん(左)と藤森慎吾さん(右)の写真>
オリエンタルラジオのあっちゃん&藤森慎吾

こうしたトラブルがあり、それから1年後には『ビビット』を降板、それに続いて『ヒルナンデス!』からも降板したため、松本人志さんに楯突いたことが原因で、仕事を干されたのではないかと噂されているといいます。

芸能リポーターはその件について、「松本さんが直接言うことはないでしょうが、周りのスタッフなどが忖度(そんたく)する可能性は十分あるでしょう。中田さんはお笑い芸人としてだけでなく、音楽やファッションのプロデュース業にも力を入れていることをブログやラジオで明かしています。となれば、芸人として活躍したい藤森さんとは方向性の違いが決定的で、コンビ解散もあるかも」と憶測しています。

このような噂も出ており、『週刊女性』は真相を確かめるために中田敦彦さんに直撃取材を敢行し、オリラジ解散の噂について聞くと「全然、全然」とキッパリと否定し、今後はお笑いではなくプロデュース業に専念?と聞くと「専念ではなく、両方しますよ」と否定しています。

『ビビット』と『ヒルナンデス!』の卒業は、松本人志さんを批判した事で干されたのではないかという説については、「干されたってことじゃない。仕事を整理したんです」と答え、あくまでも自身で仕事を減らしたかのような口ぶりで番組降板の経緯を明かしています。

最後に、藤森慎吾さんがダンス&ボーカルユニット『RADIO FISH』の活動を負担に感じていることを明らかにしたことについて、これはコンビ不仲が原因なのではないかと聞いたところ、笑顔を見せながら「また取材をしに来てください」と語っていたとしています。

<↓の画像は、『RADIO FISH』メンバー写真>
RADIO FISHメンバー画像

ちなみに、中田敦彦さんは9月26日に更新したブログで、『ヒルナンデス!』を無事に卒業することが出来たと報告した上で、「慎吾とゆっくり話した。現状のRADIOFISHの活動の負担は大きいとのこと。」「慎吾を休ませる措置も必要だと感じた。」「過負荷だった慎吾へ配慮する活動方針を視野に入れることにした。」などと綴っており、中田さんはお笑い以外の活動にもかなり力を入れているのですが、藤森慎吾さんにはかなり負担になっているそうで、こうした部分から2人の間には温度差が生まれ始めているのかなとは感じます。

しかし、藤森慎吾さんのチャラ男キャラを確立させたのは中田敦彦さんのアドバイスだったと言われ、藤森さんはオリラジのブレーンである中田さんのことをかなり信頼している様子です。

藤森慎吾さんは9月末放送の『白黒アンジャッシュ』にゲスト出演した際に、様々な言動で誤解を生みやすい中田敦彦さんについてトークする中で、「隣に居たら夢が見られそうだからいる」と語っていた場面があり、今後もこうした思いが無くならなければコンビとしての活動は続くとみられますが、ここ最近の中田さんは芸人以外の活動に力を入れ過ぎており、おかしな方向へ行っている気がするので、それがさらにエスカレートすると2人の関係に変化が生まれるかもしれないですね。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について