イモトアヤコがブログで現在の心境と、エベレスト企画の今後についてを綴る 18日の『世界の果てまでイッテQ!』の視聴率は20.6%

イモトアヤコ イッテQ エベレスト

昨日18日に放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)にて、お笑いタレントのイモトアヤコさん(28)がエベレスト登頂を目指すも、4月18日に起きた雪崩事故の影響により断念するまでの過程や、現地でプロジェクト中止が伝えられ、「悔しいですね」「今年行きたかったんですけど…」と悔し泣きするイモトさんの様子が放送され、この視聴率が20.6%だったことが分かりました。

そして番組放送終了後の18日、イモトさんは自身のブログに現在の心境、そして今後どうするかについてを綴っています。

「今年のイッテQ登山部エベレストチャレンジはここで終わりです」とディレクターの石崎氏から告げられた時、「一体この人はまじめな顔をして何を言っているんだろうと理解出来なかったのを覚えています」と振り返った。

イモトさんが今から5年前にアフリカ最高峰キリマンジャロを制覇したとき「いつかはエベレスト」と冗談で口にしたことが、次第に夢に変わり、色々なトレーニングや調整を行い、今年には「私はエベレストの頂上に立つんだ」という覚悟ができていたという。

だからこそ、今回の中止には「信じられないくらい悔しくて涙が止まりませんでした」と心境を語りました。

しかし、今回の雪崩事故で多くのシェルパが命を落としたという情報が入って来た時、初めてイモトさんは山の怖さを実感したようで、「淡々と受け止めることは無理でした。怖かったです」と正直な思いを打ち明け、そのさなかの中止決定だったため、心のどこかでホッとする自分もいたことを明かしました。

そして、「来年またエベレストチャレンジしたいと思います! と言葉では簡単に言えるかもしれないけど、正直まだ分かりません。

けど、このままで終われない性格なのは自分が1番分かっていて、心のどこかではそれはもう決まっていて、けどまだ踏ん切りつかなくて言葉には出来なくてウジウジしてます」と、複雑な心境をうかがわせている。

これにネットでは、

  • またいつかチャレンジできる時が来たら、チャレンジしてください
  • 時には、あきらめる勇気も必要です。今回の判断は、懸命だたと思います。
  • 本気で登りたいんだというのが伝わってきました
  • 次頑張ってください、期待してます
  • この子は、きっとまたチャレンジしそうな気がする。良い悪いでなく、もう山女なんだと思う。たぶん、山の魅力を知ってしまったんだね。チャレンジしても、安全第一!

などのコメントがありました。

イモトさんはこれまでエベレスト登頂に向けてトレーニングを重ね、登山に向けての覚悟が出来たと言っていますが、雪崩事故が起きたことによって恐怖を感じ、そして企画の中止が決定したことにホッとした、また「私は正直山や登山自体にそこまで取り憑かれているわけではありません。」とも綴っています。

登頂を断念したとニュースを聞いた時、また来年挑戦すれば良いじゃないかと思っていましたが、ブログ読んでイモトさんの心境を知ると、この企画を終わらせてしまっても良いのではないかとも思うようになりましたね。

これからイモトさんと番組側が協議を重ねて、企画の続行をするかどうか決めるのだと思いますが、出来る限りイモトさんの意見を尊重をしてもらいたいと思います。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について