いきものがかり活動再開、紅白でステージ復帰? 出場内定報道に批判、選考基準は…NHKとの関係優先で決定?

いきものがかり

今年で平成最後の『第69回 NHK紅白歌合戦』の司会者が先日ついに発表され、白組が嵐・櫻井翔さん、紅組は広瀬すずさん、総合司会はウッチャンナンチャン・内村光良さん、桑子真帆アナウンサーのコンビが昨年に引き続き務めることが明らかになりました。

続いて気になるのは今年の紅白の出場者で、各スポーツ紙や週刊誌が報じている記事によれば、『エレファントカシマシ』のボーカル・宮本浩次さんはソロ初出場が確実になったと『日刊スポーツ』は伝えています。

また、人気シンガーソングライターの米津玄師さん、今年再ブレークした『DA PUMP』、人気6人組ロックバンド『Suchmos(サチモス)』、5人組の男女混合バンド『Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)』、10代に人気の女性シンガー・あいみょんさん、NHKの番組にも出演中の3人組ロックバンド『ヤバイTシャツ屋さん』、NHK連続テレビ小説『まんぷく』の主題歌を担当している『DREAMS COME TRUE』の出場が有力視されています。

他にも、今年デビュー20周年のaikoさん、今年初のドームツアーを開催した7人組グループ『GENERATIONS from EXILE TRIBE』、人気アニメソング歌手のLiSAさんらの名前も候補として挙げられていて、今年春に急死した西城秀樹さんの追悼として、新御三家の郷ひろみさん、野口五郎さんの2人が西城さんの楽曲を歌うというプランもあるそうです。

『サンケイスポーツ』によれば、1990年にデビューを果たした人気スカバンド『東京スカパラダイスオーケストラ』が企画枠で紅白初出演が内定しているといいます。

スカパラは来年デビュー30年目の節目を迎え、今年は平成最後の紅白ということもあり、時代を振り返っていく要素が強いそうで、スカパラは平成2年のデビューで平成と共に歩んできたグループということもあって企画枠での出演が内定したようです。

エレカシ・宮本浩次さんとスカパラコラボの新曲『明日以外すべて燃やせ』

また、11月3日から約2年ぶりに活動再開をさせたばかりの3人組グループ『いきものがかり』の出場も内定しているといい、紅白で2年ぶりのステージ復帰を果たすといいます。

『いきものがかり』は2012年にNHKのロンドン五輪テーマソング『風が吹いている』を手掛け、この年には初めて紅組のトリを務めていました。

紅白には2008年に初出場してから2016年まで9年連続出場し、昨年1月に活動休止をしていなければ、連続記録はその後も続いていた可能性が高かったのですが、今年で10回目となる紅白出場を達成し、ステージ復帰を果たすといった形になるようです。

NHKのロンドン五輪テーマソング『風が吹いている』

復帰のタイミングからして、紅白出場を視野に入れているのではといった声が上がっていたのですが、サンスポの『いきものがかり』紅白出場内定報道に対してネット上では、

  • いきものがかりそう来ると思ってたよw
  • 復帰商法
  • なんでほぼ10月いっぱいまで活動休止してた奴らが出れるんだよ おかしいだろ
  • グループが休止後再開すると必ず、それぞれソロ活動でパワーアップ!的な美談仕立てにするよな
  • 出る歌手いないから適当な人出しておこうって感じか
  • この前あさイチのゲストで出てたから確定やろね
  • いきものがかりとNHKの癒着ぶりは異様だから、こうなるのはわかってたけど、露骨すぎてひくわ。
    今年何の活動もしてなかったグループが、今年の総決算的番組が仕事始め()
  • 司会が事務所ゴリ圧しで、あの嫌われ者コンビだから誰が出場でもびっくりしないわw
  • 選考基準おかし過ぎんだろ。これは和田アキ子が激怒しそうだな。それにしてもいきものがかりって9回も出る程売れてた?2曲しか知らんぞ
  • 2年も活動してなくて なんの話題もなくてなんの活躍もしてないのに紅白出場 改めていい加減な基準だな そりゃどんどん見なくなるわけだわ

などのコメントが寄せられており、これには納得がいかないといった方が多い様子です。

まず例年の紅白の出場歌手選考基準についてですが、『今年の活躍』『世論の支持』『番組の企画・演出』の3つを基準としているとNHK側は毎年説明しているのですが、これはかなり曖昧な部分があり、そこまで曲がヒットしていなくてもNHKへの貢献度が高く、事務所がNHKと密接な関係にあると出場可能となる可能性が高くなり、ジャニーズグループはここ数年5組前後が出場しています。

『いきものがかり』の場合は復帰後に新曲のリリース、コンサートも行っていない状況にありますが、2008年から9年連続出場しているだけにNHKとは非常に密接な関係にあり、2009年には『YELL』が『NHK全国学校音楽コンクール中学生』の課題曲に使用され、2010年には『ありがとう』が朝ドラ『ゲゲゲの女房』の主題歌となりました。

他にも、『スタジオパークからこんにちは』や『みんなのうた』、数本のドラマ主題歌にも楽曲が使用されており、NHKから非常に高い評価を受けているようですし、今年は平成最後の紅白でもあるので、批判も覚悟で紅白を復帰の舞台にさせるというプランは、かなり高い確率でありそうな気がしますね。

他に、『いきものがかり』の他にも複数のアーティストたちの名前が内定者として挙がっているのですが、すでに最終調整段階に入っていて、今週中にも出場者が正式発表されるという情報が出ているので、事前の報道がどこまで当たるのかに注目したいところです。

参照元
  • https://www.sanspo.com/geino/news/20181112/geo18111205050004-n1.html
  • https://www.news-postseven.com/archives/20181109_798379.html
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811090000885.html
  • https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50463
  • https://www.oricon.co.jp/news/2046998/full/
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について