清原和博がタトゥー除去施術開始で彫師に報告。刺青消す理由と今後…薬物事件から5年で決意に応援の声。画像あり

清原和博

元プロ野球選手の“番長”こと清原和博さん(きよはら・かずひろ 53歳)が、2年前に心不全で亡くなった母・弘子さん(享年78)の命日から、現役引退後に彫ったというタトゥー(刺青)の除去施術をスタートさせ、11日には彫師に連絡を入れたことをツイッター上で報告しています。

清原和博さんは7日に自身のツイッター上で、3月5日、母の命日に親友佐々木との約束もあり、湘南美容クリニックにてタトゥーを消し始めました!ドクター!スタッフの皆様も本当に良くして頂きました!全く痛みを感じない、寝てる間に終わる施術を提案して頂きましたが、痛みを感じる方を選びました…一歩踏み出せた気がします。と綴り、施術後の写真を公開しました。

<↓の画像は、タトゥーの除去を開始した清原和博さんの写真>
清原和博が刺青除去施術開始報告

母親の形見である指輪をネックレスにつけて施術を受けた清原和博さんは、今後も『湘南美容クリニック 新宿本院』に何度か通院し、皮膚へのダメージを抑えられる最新の治療「ピコレーザー刺青除去」によって、タトゥーを消していくとしています。

「ピコレーザー刺青除去」は、青や緑などのインクに有効とされる施術方法で、特定の色に反応して皮膚がほとんどヤケドすることなく除去が可能とされ、従来の施術よりも回数も減らせるといいます。

清原和博さんが足や胸に龍のタトゥーを入れたのは、現役引退後の2008年以降とみられており、まずは右足のタトゥーを消し、続いて左胸のタトゥーを消していくようですが、全て消すまでには2~3年ほどかかる見込みとされています。

<↓の画像が、清原和博さんの足や胸に入っているタトゥーの写真>
清原和博の足・胸タトゥー(刺青)

清原和博さんは、今このタイミングでタトゥーを消そうと思った理由について、自分なりの思い、親友佐々木との約束もあり覚悟して母の命日に消すことを決めましたとコメントしています。

そもそもタトゥーを入れた理由については、色々な思いと覚悟があり、その思いは人に言うつもりは今でもないです。としています。

『スポーツニッポン』の取材に対して清原和博さんの知人は、右足のタトゥーから消し始めた理由について、「半ズボンのラフな格好で、子供たちに野球を教えたいという思いがあるようです」と語ったそうです。

親友の“大魔神”こと佐々木主浩さんが以前から、更生の第1歩として「タトゥーを消すべき」と助言していたものの、清原和博さんは薬物事件後もタトゥーを消すことなく表舞台に復帰したのですが、指導者になりたいという思いが強く、ようやくタトゥーを消せそうと決意したようです。

<↓の画像は、清原和博さんと親友・佐々木主浩さんの写真>
清原和博と佐々木主浩

そして、清原和博さんは11日にツイッターを更新し、このタトゥーを入れた彫師に連絡を入れたことを明かしており、タトゥーの彫り師の方に連絡した!色々と話しを聞いてくださり感謝しかない。本当に有難い言葉をくださった!人として尊敬します!その方とお話しができて心がスッキリし、練習頑張れた!負けへんで!!と綴り、彫師とのLINEトークの写真を公開しています。

<↓の画像は、清原和博さんのツイート写真>
清原和博とタトゥー彫師のやり取り

このように、高校野球の指導者になるという目標に向かって、一歩一歩前に進んでいる清原和博さんに対してネット上では、

  • その今の気持ちを忘れずに
  • 信用を得るのも自分次第。頑張ってほしい。
  • 今のところ順調にきてますね。タトゥーを消すっていうのは相当の覚悟が必要だと思われる。頑張って欲しい。
  • 入れた面積も多いし大変な治療になると思うけど、まっとうな人生を送るには必要。期待している人は多いし頑張って欲しい
  • 覚醒剤も強制的に打たれて中毒者になったわけではなく、自らの快楽のために打ち続けていたもの
    入れ墨も自らすすんで入れておいて、あたかも自分が被害者のように負けへんでというのは全く理解できない。
  • 新しい自分とは過去、悪しき過去との訣別から始まる。生まれ変わりたいなら野球界以外の人とは別れなさい、悪しき過去と訣別して野球に専念して欲しい。
  • きっと彫った時はいずれ消すなんて考えていなかっただろうし拘って時間をかけて彫ってもらったのでしょうね
    彫り師さんに申し訳ないという気持ちがあることや、きちんとその気持ちを伝えられたこと良かったと思います
  • 日本では、はみ出し者がやるのが刺青やタトゥー!それが日本の文化です!ファッションではないのです!
    家族で温泉にもプールにも入れない!色々と制約されるのが刺青やタトゥーです。
    影響力のある清原さんが消す事で若い人達が思い直す材料になればいいけどなぁ!
  • 今後も、モンモン入れない方が体の為、人生を不意にする等の啓発活動にも頑張ってもらいたい
    こんなもの入れても現状の日本ではまともな人は相手してくれないし、友人関係も壊れるし、家族関係が壊れる事も十分にあるなどを力説して欲しい。

などの声が上がっています。

清原和博さんは覚醒剤事件で逮捕される半年前の2015年8月、バラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した際に、身体にタトゥーは入ってると直球質問されると、「ありますよ」と即答した上で、シャツをめくってダウンタウンの2人や坂上忍さんに彫り物を堂々と披露していました。

また、タトゥーを入れた理由は「小さいころからの憧れだった」「野球で燃え尽きて」と説明していました。

さらに、現在も球界に戻りたい、コーチでも何でもやりたいとの思いを明かしつつ、もしタトゥーが原因で指導者になれないというのであれば仕方がないとして、この時点ではタトゥーを消そうという考えは一切無い様子でした。

清原和博さん出演『ダウンタウンなう』の動画

その後、違法薬物事件で逮捕された清原和博さんは、2016年5月末に懲役2年6ヶ月・執行猶予4年の有罪判決を受け、昨年6月に執行猶予が満了となり、昨年から今年にかけて学生野球資格回復制度の研修を受講、2月に学生野球資格を回復しました。

この資格を持つことによって、高校生・大学生への指導が可能となったのですが、『日本学生野球協会』が定めるガイドラインでは、執行猶予満了から5年が経過していない者は、適任者に該当しないと定められているため、実際に指導が可能になるのは2025年6月以降とされています。

そのため、清原和博さんは指導者になることはできないのですが、薬物事件前までは消すことを拒否していたタトゥーの除去を開始するなど、指導者になるための準備を進めており、今後も道を逸れることなく、目標に向かって前進を続けていってほしいですね。

参照元
  • https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103060000801.html
  • https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/03/07/kiji/20210306s00001000632000c.html
  • https://twitter.com/kiyohara3_5_114/status/1368391163888029696
1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzA4MTg2ODk4

    正直変わり果てている時はダメだこりゃと思ったけどお母さん、息子さん達、親友を二度と裏切らないで頑張ってほしい

コメントを残す