本田圭佑がカンボジア代表監督(GM)就任。指導者ライセンス無しの現役選手を異例起用の理由は…

サッカー元日本代表の本田圭佑選手

先週、オーストラリアのクラブチーム『メルボルン・ビクトリーFC』への加入を発表したサッカー元日本代表・本田圭佑選手(ほんだ・けいすけ 32歳)が12日、現在滞在しているカンボジアの首都・プノンペンで会見を行い、カンボジア代表の実質的な監督に就任(契約期間は2年)することを発表しました。

本田圭佑選手は指導者ライセンスを所持していないことに加えて、現役選手ということからカンボジア代表のゼネラルマネージャー(GM)「Head of delegationに就任という形なのですが、チーム構成や指揮など全権を任される予定となっており、実質的なカンボジア代表監督に就任することが明らかにされています。

なお、登録上の監督には、本田選手のパーソナルアシスタントを務めている元サッカー選手で、アルゼンチン人のフェリックス・アウグスティン・ゴンザレス・ダルマスさん(30)が就任し、ゴンザレスさんはアルゼンチンで最高位の指導者ライセンスを取得しています。

12日に行われた会見に出席した本田圭佑選手は、カンボジアサッカー連盟側に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問したところ、「本気で言っているならオファーをする」という回答があり、アジアサッカー連盟の統括を担っている関係各所からもルール上は問題無いと判断されたため、カンボジア代表の実質的な監督に就任することが決定したといいます。

<↓の画像は、12日にカンボジア・プノンペンでの会見に出席した本田圭佑選手らの写真>
本田圭佑選手がカンボジア代表監督就任会見に出席時の写真

今後については「全ての試合に関われない可能性がありますが、可能な限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。」と語り、『メルボルン・ビクトリーFC』でトレーニングを行っていきながら、カンボジア代表スタッフとテレビ会議の場を設け、情報交換を行っていくといい、9月10日に開催予定のマレーシア代表との対戦が、監督就任後初の試合になる予定となっています。

また、カンボジア代表監督としての“ミッション”を2つ挙げており、「1つは、カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。」「2つ目は、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしてくつもりでいます。」と説明し、サッカーを通じてカンボジアの魅力も世界にアピールしていきたいとしています。

ちなみに、本田圭佑選手が実質的な監督を務めるカンボジア代表は最新の『FIFAランキング』で166位、日本は61位となっており、ロシアワールドカップ予選の2次予選は8戦全敗で最下位、日本代表との直近2試合も3-0、2-0で負けています。

そんなカンボジア代表の実質的な監督に、本田圭佑選手が就任するというサプライズ発表に対してネット上では、

  • 本田△…
  • 最高だわ、おもしろすぎる。他人の人生なのにわくわくするわ
  • やっぱこの人普通じゃない(笑)でも応援します。
  • 代表監督の最年少記録では??てか、えっと、、、、理解が追いつかない。。身体いくつあるねん!!
  • そんなに色々やって能力的な問題以前に物理的にキツくないのか
  • 現役選手が他国の代表監督って前代未聞だな
  • 色々ビジネスもやってるから、もはや二足のわらじどころではない
  • 現場にほとんど顔を出さない代表監督って、何か違うと思うけど。
  • いろいろと中途半端だなぁ。生き急ぎ過ぎ
  • すげえなぁ もう狂人レベルやわ
  • 全て中途半端で終わりそう
  • 色々な方面で色んな事をやり過ぎて不気味だ。何が最終的な目的なの
  • 東京五輪はコーチ兼選手で参加するんだろな。そしてゆくゆくは日本代表の監督になると
  • 監督として経験を積みたい成功したいって感じじゃないよな。肩書欲しさというか手持ちのカードを増やしてる感じ

などのコメントが寄せられており、意表を突く異例の発表に驚きの声が多く上がっており、サッカーファンらの間では賛否両論となっています。

本田圭佑選手は今年ロシアで開催されたサッカーワールドカップ終了後、A代表(フル代表)からの引退を発表した一方で、2020年東京五輪に出場するU-23日本代表のオーバーエイジ枠に入ることを目指すとし、オーストラリアの『メルボルン・ビクトリーFC』へ加入したのですが、五輪代表入りするためにはここで結果を残すことが最重要課題となっています。

そうした中で、カンボジア代表の実質的な監督に就任し、これから選手兼監督という二足のわらじを履いて活動していくわけですが、本田圭佑選手はこの他にも投資活動等も積極的に行っています。

本田圭佑選手は自身の個人事務所『HONDA ESTILO 株式会社』で2015年に、ヨーロッパ・オーストリアのクラブチーム『SVホルン』、2016年12月にカンボジアの『アンコールFC』、昨年9月にアフリカ・ウガンダの『ブライトスターズFC』のオーナーとなりました。

2016年には個人ファンド『KSK Angel Fund』、今年7月に、人気ハリウッド俳優のウィル・スミスさん等と共同でベンチャーファンド『ドリーマーズ・ファンド(Dreamers Fund)』を設立しており、実業家としても世界的に活躍することを目指しているとも言われています。

しかし、ここ数年の間に様々なことに手を出していることから、どれも中途半端になるのではないかと懸念する声も多く、カンボジア代表監督就任についても、現役生活を終えてからでも遅くはないのではないかといった声が多いですね。

本田圭佑選手は自身について、「自分が弱い人間だということを知っているから、僕は逃げ道を遮断しようとした」「追い込まれるほど力を発揮する。だから“本田圭佑”なんです」などと語っていたことがあります。

本田圭佑選手は自身を極限まで追い込んでいきながら、果敢に大きな目標に挑戦していくことに対して喜びを感じる方のようなので、カンボジア代表監督への就任についても大きなプレッシャーを感じている反面、これまで誰もやったことのないことに挑戦することに対してワクワクしながら、中途半端な結果とならないように最善の努力を尽くしていくのだろうと思います。

ですが、勝負の世界は結果が全てとなるため、いくら努力しようが結果を残せなければ猛バッシングを浴びることが予想されますが、これからカンボジア代表の実質的な監督としてどこまでチームを強くしていけるのか、新天地『メルボルン・ビクトリーFC』ではどれほどの結果を残せるのか注目していきたいですね。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    ツッコミクイーン
    ID:ODI4OTAwNjEy

    まったく破天荒。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について