体操選手の白井健三が現役引退、理由と今後の活動語る。東京五輪出場逃し競技人生終了も…未練なしと断言

白井健三

2016年のリオデジャネイロ五輪の団体で金メダルを獲得した体操男子の白井健三選手(しらい・けんぞう 24歳)が16日、現役引退を発表しました。

白井健三選手は16日に、今年春から助教授を務めている日本体育大学で会見を開き、「私、白井健三は、先日の全日本種目別選手権をもって、現役を引退させていただきましたことをここに発表させていただきます」と現役引退を報告しています。

現在の心境については、「本当にすっきりした状態で現役生活を終えることができた。今はもう自分のやりたいことに向かって歩み始めている。選手としての未練は1つもない状態で迎えられた」と明かしています。

<↓の画像は、会見で現役引退を発表した白井健三さんの写真>
白井健三の現役引退表明会見画像

今後の活動については、「今は大学で助教をやらせてもらっている。そういった面で大学に貢献したいし、後輩に自分がしてきたことを伝えていくこと。これをすぐにでもやっていきたい気持ちです」と語り、引き続き指導者として体操に携わっていくとしています。

現役引退を決断した時期については、「おおよその引退のタイミング決めたのはすごく早くて、リオ五輪の時には東京五輪までかなと思っていた。(コロナによる)自粛が明けて、東京五輪のシーズンをやり抜いた形で引退しようと決めました。地元のオリンピックという1つの節目を区切りにしたいと思っていた。自分の体操を東京の年までやりたいなと。最終選考会まで、自分のゆかの演技ができたので」と明かしています。

引退を決意したきっかけは、「大学卒業後も拠点変えずに練習してきた中で、自分に向けてのエネルギーより教える喜び、学生に向けるエネルギーが強くなった。エネルギーをむける方向が学生に向いていた。選手としての去り時は今だなと思った」と明かし、現役引退にあたっての葛藤は全く無かったといいます。

そのため、「本当に体操辞めたという実感はないが、まだやりたい、もっとやりきりかったという気持ちはない」と語っています。

現役引退は、4月時点で内村航平選手には伝えていたといい、「『最後は健三らしい体操が見てぇわ』は、と言ってもらった。(種目別でも)最後、同じ色(銀)のメダルとって終われた。すごく繋がっているなと思いました」と語っていました。

そして、白井健三選手の現役引退発表を受けてネット上では、

  • スパッと引退し次に進む姿に好感を持ちます!お疲れ様でした。今後も頑張ってください!
  • 素晴らしい演技と愛嬌のある人柄で印象に残っている。今後も豊かな人生であるよう祈ります。
  • 「ひねり王子」を初めて見た時に内村選手の後継として日本体操界を牽引していくのだろうと思うほどの鮮烈な印象を受けました。何よりも回転の速さと美しさに圧倒された印象を今でも忘れません。
    今後は第2、第3の白井健三を育ててください。これからも応援しています。
  • 引退かぁ、なんか同世代だけにめちゃくちゃ応援してたから残念だけど、難易度の高い新技など楽しませてくれてありがとうって気持ちです。お疲れさまでした。
  • 体操は選手生命が短いから仕方ないか。でも、これだけ技に自分の名前を持ってる方は、素直に凄い人と思います。白井2世を育てて欲しいです、
  • 残念で、残念で仕方ない。もっと彼を見ていたかった。もっと応援したかった。彼がスパッと決めたことだから、よっぽど考えてのことなのだろうが残念。
    でも今後の活動を応援します。感動をありがとう!かっこよかったです!
  • 1度ケガをすると歯車が狂い出しちゃうのよね…トップ選手ならわずかなズレでも大変なことだったんでしょう。
    お疲れ様でした、まずはゆっくり休んでその後に後進の育成をよろしくお願いします

などの声が上がっています。

白井健三選手は、日体大出身で体操競技の指導者である両親の間に生まれ、2人の兄に続いて3歳から体操を始め、中学3年時に全日本選手権の床運動で2位に入り、高校1年時にアジア選手権の日本代表に選ばれ、床運動で優勝を果たしました。

翌年に出場した全日本選手権の床運動でも優勝したほか、世界選手権でも日本最年少となる17歳1ヶ月で同競技で優勝を果たしました。

この世界選手権の予選では、床運動の新技「後方伸身宙返り4回ひねり」(F難度)と「前方伸身宙返り3回ひねり」(同)、跳馬の新技「伸身ユルチェンコ3回ひねり」を成功させ、これらの技は『国際体操連盟』によって「シライ」「シライ2」「シライ/キムヒフン」と命名されました。

2013年『世界選手権』の床運動の映像

2014年には、体操男子史上最年少での世界選手権優勝と、床運動で初めて「後方伸身宙返り4回ひねり」を成功させたことで、ギネス世界記録に認定されました。

2015年に日体大へ進学後も好成績を残し、1年時に出場した世界選手権では37年ぶりの団体優勝に貢献、個人では床運動で優勝しました。

同年末には「後方伸身2回宙返り3回ひねり」(最高のH難度)を成功させ、2016年にこの新技が「シライ3」と命名されました。

そして、2016年に出場したリオデジャネイロ五輪では、団体総合で優勝したほか、個人では床運動で銅メダルを獲得し、同競技で日本人選手がメダルを獲得するのは32年ぶりの快挙で、紫綬褒章を受章しました。

リオデジャネイロ五輪後は、2017年の世界選手権で床運動と跳馬で優勝、個人総合で銅メダルを獲得しました。

しかし、その後はケガに苦しめられ、それによって調子が上がらずに成績が低迷を続け、東京五輪の代表選考会でも良い結果を残すことができず、4月の全日本選手権の個人総合では30人中28位、6月の種目別では床運動で2位となっており、選考基準をクリア出来なかったことで東京五輪出場を逃しました。

近年はケガの影響や、国際連盟が以前より採点基準を厳しくしたこともあり、白井健三選手は苦戦を強いられていたのですが、白井選手はこれまでに6個の新技を生み出し、容易には真似できない回転によって“ひねり王子”の異名を持ち、まだ24歳ということもあり、現役引退は早すぎる、残念といった声も多く上がっています。

ただ、個人差はありますが体操選手がピークを迎えるのは20代半ばで、白井健三選手はケガ等もあって今後も競技を続けたとしても、次の五輪に出場することや、これ以上モチベーションを維持するのは難しいと思ったのかもしれません。

ちなみに、白井健三選手の長兄である白井勝太郎さん(30)は昨年末、所属していた『コナミスポーツ体操競技部』を辞めて現役を引退しました。

次兄の白井晃二郎さん(28)は2017年に現役を引退し、両親が横浜で運営する体操クラブ『鶴見ジュニア体操クラブ』で指導を行っているほか、国際審判の資格も取得して体操に携わった活動をしています。

そして、末っ子の白井健三選手も25歳の誕生日を迎える前に現役を引退し、今後は日体大で後進の育成に励むそうですが、最後に東京五輪出場が叶わずに引退は非常に残念ではあるものの、これからは指導者として、自身を超えるような選手を生み出してほしいです。

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名
    ID:MzAyMTQ1MTk1

    すーーーーっごく調子に乗ってたよね
    口開けば俺がすべての歴史を塗り替える、俺は特別、神様の申し子みたいな発言ばっかでスポーツニュースでこやつの発言聞くたびにおえぇぇ~ってなってたわ
    天狗からの凋落、でも今度は負け惜しみが凄い・・・
    なーにがエネルギーが学生に向いただよ
    ただ点数だせなくなっただけでしょ。大人になりなさいよ
    プライドが無駄に高い指導者なんて下をつぶすよ
    俺の方が凄かった、俺の全盛期のひねりはお前とくらべものにならないって言ってる姿が目にうかぶわ
    あ、俺は天才、お前は凡人だったな、ごめんごめんとか言いそう

  2. 2
    匿名
    ID:MjAwMzM3MTg3

    内村航平選手も四度目の今回がラスト
    お疲れ様でした

  3. 3
    匿名
    ID:MTc4ODUxMjI2

    こんな調子に乗ってた人間から指導されたくわないわな

コメントを残す