香取慎吾&稲垣吾郎がドラマ『誰かが、見ている』で共演。ファン歓喜も地上波テレビ出演望む声。退所3年も厳しい状況か

稲垣吾郎と香取慎吾

9月18日から配信がスタートするオリジナルドラマ『誰かが、見ている』(Amazonプライム・ビデオ)に、稲垣吾郎さんが人気演歌歌手役で登場し、主演の香取慎吾さんと7年ぶりにドラマ共演を果たすことが明らかになりました。

『誰かが、見ている』は、三谷幸喜さんが脚本・演出を手掛ける作品で、予想もしない失敗を繰り返す主人公・舎人真一(とねり・しんいち)と、書斎の壁に偶然発見した穴から舎人の生活を覗き見し、それを密かな楽しみとしている隣人・粕谷次郎(佐藤二朗さん)を中心に巻き起こるドタバタ劇を描いたシチュエーション・コメディとなっています。

<↓の画像は、主演の香取慎吾さんと脚本・演出の三谷幸喜さんの写真>
香取慎吾&三谷幸喜

このドラマへの出演が発表された稲垣吾郎さんは、日本を代表する演歌歌手・レッツ大納言役を演じ、大納言は日本だけでなく海外にもファンがいる大スターという設定です。

そんなレッツ大納言が偶然にも舎人真一の大ファンとなり、本人に会いたい一心で真一の元を訪ね、そこでドタバタ劇が巻き起こるという展開のようです。

<↓の画像が、『誰かが、見ている』で共演の稲垣吾郎さん、香取慎吾さんの写真>
『誰かが、見ている』出演の稲垣吾郎&香取慎吾

香取慎吾さんと稲垣吾郎さんがドラマで共演するのは、2013年9月末に放送されたバラエティ番組『SMAP GO!GO!』(フジテレビ系)での生ドラマ『古畑任三郎 vs SMAP その後…』以来7年ぶりで、香取さんは稲垣さんとのドラマ共演について、「吾郎ちゃんとお芝居というのはほとんどない感じですごく楽しみにしていました。(中略)吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でした」とコメントしています。

一方の稲垣吾郎さんは、「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしているときの彼とは違うので、面白かったし、うれしかったです」と喜びを明かしています。

そんな2人の共演を見た佐藤二朗さんは、「恐らく外からでは想像もつかないような強い絆や、ご両人だけの長い歴史があると思います。『ああ、2人の掛け合いがこんな近くで見られるなんてラッキーだな』と感じていました」とのコメントを寄せています。

『誰かが、見ている』にはこの3人の他にも、山本千尋さん、長野里美さん、宮澤エマさんの出演が発表されています。

<↓の画像は、『誰かが、見ている』出演者の写真>
『誰かが、見ている』出演の佐藤二朗・山本千尋・宮澤エマ・長野里美
左上から時計回りに佐藤二朗さん、山本千尋さん、宮澤エマさん、長野里美さん

この作品は、ドラマでも舞台でもない、全く新しい形のライブ感溢れる新感覚エンターテインメントとされており、ワンシチュエーションでほとんど撮影を止めずに、その場の空気感やノリを重視した内容になっているとのことです。

『誰かが、見ている』予告動画

そして、香取慎吾さんと稲垣吾郎さんの久しぶりのドラマ共演に対してネット上では、

  • 楽しいドラマになりそう!
  • とても楽しみ!今のテレビでは何故か見れない3人の活躍が見れるのは嬉しい!三谷さんありがとう
  • 演歌歌手…レッツ大納言(笑)、それを吾郎さんが演じるなんて!それだけで面白そうです。楽しみです!
  • 楽しみでしかない。シットコムは今日本でやってないもんなあ。慎吾ちゃんは芸達者だし華があるしゴロさんと共演かあ。観ます。もちろん。
  • たしか、7年前の「SMAP VS古畑」では、慎吾君と吾郎さんが直接セリフを掛け合うシーンはあまりなかったように記憶しているので、2人が芝居でがっつり絡むのはかなりレアだし、どんな化学反応が起きるのか、とてもワクワクします。
  • なんで地上波でできないんだよ。異常だわ。
  • 地上波でやれば視聴率も取れるのに。ペアなら
  • 地上波での活躍は、まだ難しい。。ジャニーズの力が凄い事が分かる
  • これは楽しみですね!是非とも地上波で放送してほしかった…
    テレビ局はいつまでも忖度ばかりせず、本当に実力がある人たちを起用してもらいたいです。

などの声が上がっており、ネットだけでなくテレビドラマで共演する姿も見たいとの声も多く見受けられます。

2017年9月にジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人は、2018年4月から『7.2 新しい別の』(略称:ななにー ABEMA 毎月第1日曜15時)にレギュラー出演し、少しずつテレビ番組に出演する機会も増えてきています。

ただ、テレビドラマへの出演は現時点でほとんど無く、草彅剛さんは来年スタートのNHK大河ドラマ『青天を衝け』への出演が決まっていますが、稲垣吾郎さんと香取慎吾さんはネットドラマや映画、舞台での活動となっています。

その原因としては、ジャニーズ事務所の圧力説などがありますが、実際のところはテレビ局側がジャニーズ事務所に忖度しているためと推測されています。

テレビ局とジャニーズ事務所は密接な関係にあり、ジャンルを問わず様々な番組に起用し恩恵を受けていることから、NHKを除く民放各局は3人の起用には消極的とみられており、退所から3年が経った現在もドラマには一度も起用されていません。

そうした状況を3人も残念がっている様子で、8月2日放送の『7.2 新しい別の窓』では、タレント・中山秀征さんとのホンネトークの中で、ジャニーズ事務所を退所して良かったこと、そうでないところを聞かれた際に香取慎吾さんは、「良くなかったことというか…3年くらい経つんですけど、本当にこんなにテレビに出れないか、と。ステイホームで家で色々見るじゃないですか。改めて『あれ、本当にテレビに出れないんだな』って、ちょっと最近感じている」と告白しました。

続けて、「呼んでいただけるなら行きたいですし、もう一度本当に頑張ろうと思えていて、でも3年経ったんだけど、こんな出れないんだと。この3ヶ月くらい感じていました」と語り、これに草彅剛さんも「テレビに出たいですよね」と同調し、『青天を衝け』への出演が決まった際には、大喜びしたことを明かしていました。

民放局のドラマ出演は今後もハードルが高い状態は続きそうな気がしますが、9月18日から配信される『誰かが、見ている』などネットドラマの反響や、『青天を衝け』での草彅剛さんの演技が大きな話題になれば、少しずつ状況は変わってくるのではないかとも思うので、今後に期待したいですね。

参照元
  • https://contents.atarashiichizu.com/?p=12755
  • https://www.cinra.net/news/20200612-darekagamiteiru
コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について